心のこもった音

b0344816_00095512.jpeg



ここ2〜3年、音楽好きな夫に誘われて、よくコンサートに出かけている。
主にクラシック音楽だが、
何度も通ううちに、コンサートホールで音楽を聴くことがだんだんと好きになっていく自分に気づきはじめた。
好きな音楽をCDで聞きながら、ひとりで絵を描いている時間もまた好きな時間である。
幸せだなぁと思う瞬間(とき)かもしれない。

昨年の大晦日の夜、BSでピアニスト辻井伸行さんの番組を見ていた。
テレビの画面から流れるその心のこもった美しいピアノの音を聞いているうちに、
去年の夏の終わりに見た雑誌の特集記事を思い出していた。
家庭画報・9月号・2018 ・「音楽」を愛す ・
美容院で見て、その後購入した雑誌だ。

再び本棚から取り出した。
ー 人生に「音楽」を ー
このテーマで指揮者 佐渡裕さん とピアニスト 辻井伸行氏さんの対談が掲載されている。
雑誌の説明文によると、
二人は日本が誇る音楽家であり、音楽に満ちあふれた人生を歩んでいる。
その二人が共演したオーストリアで語り合った。

二人の初めての共演は辻井さんが13歳に時で、
その時以来彼は佐渡さんからいろいろなアドヴァイスをもらっているという。
時には厳しいアドヴァイスもあるというが、辻さんの言葉によると、その厳しいアドヴァイスが
彼の糧となっている。
佐渡さんは言う。
「僕はNOBUくんを音楽家として、一人の人間として尊敬しています」

佐渡さんも辻井さんもリハーサルから本番まで作品と真摯に向き合い、一つの音もないがしろにせず、
作曲家の意図するところに肉薄し、完璧なる美を探求して聴き手の心に届く演奏を心がけ、
一日中音楽のことを考え、音楽に奉仕し、音楽を極めていくという。

佐渡さんは言う。
「僕のモットーは『心のこもった音を出すこと』。
演奏家が音楽に誠心誠意心をこめないかぎり、聴き手を感動に導くことはできないという
バーンスタインの教えです。
僕は今でもその教えを胸に、自分ができる最高のことをして素晴らしい音楽を生み出そうと考えています。
そこから聴いてくださるかたたちが音楽の喜びを得て、人生を豊かなものにしてほしいと
願っているからなのです」

辻井さんは言う。
「自分が納得のいく演奏ができなかったら、聴いてくださるかたたちに感動してもらえるわけがありません。
一度でも演奏をしたら、そういう自分が許せません。僕はピアノで語り、うたい、心を吐露しています。
それを受け取ってほしのです。僕は大好きな音楽をみなさんと分かち合いたい。
幸せの瞬間を思う存分味わってほしいのです」

『最高の音楽は、才能だけでは奏でられない』
赤字の小見出しが心に残った。

今年初めてのコンサートは1月9日に予定している。
今から楽しみだ。





トラックバックURL : https://lmhar.exblog.jp/tb/29099110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by o-hikidashi at 2019-01-06 09:53
うんと遅ればせながらの、「本年もどうかよろしくお願いいたします」

聴きながら手を動かす・・・というか動かしてると耳に入らなくなるのでCDを聴きながらというのはこれまでありませんでした。
タッセルの先生がいつもラジカセを持参してシャンソンを流されるのに、なかなかいいなあと。
こちらのブログで音楽の記事を拝見しながら、ネットで聞いてみたりCDを買ってみたり。
絵画も音楽も、今年もまだまだゆっくりと学びたい。
いつだったか・・・こちらの記事を拝見し検索しているうちに辻井伸行氏のCDを購入。
最近聴いてないので本日のBGMに~。今年も単純・・・
娘に誘われる、コンサートホールに今年は出かけてみますー♪
Commented by Deko at 2019-01-06 12:12 x
本年もよろしくお願いいたします。好きな音楽を聴いたり好きな画が描けるそんな素敵な時間を過ごせる事は何よりですね。ご家族とお正月を過ごされたのですね。お嫁さんもお節も素晴らしい年齢は?ですが娘を思うと恥ずかしいです。あっという間に七草本当にぼっとしているうちにどんどん過ぎて行きそうです。
一日一日大事にと思う心境です。
Commented by PochiPochi-2-s at 2019-01-07 08:49
☆ o-hikidashiさん

おはようございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。

ふふふ。
CDを聴きながら絵は描けるのですが、運転はできないのです。
特にラジオは絶対ダメです。ついラジオの方に気を取られ
聞いてしまうので。怖いです。で、わたしには運転中はすごい静かですよ。
絵を描いているときは、多分かけているだけで聴いてはいないと思います。

辻井さんのピアノ、凄いです!
しかもその努力がまた凄い。
一度コンサートホールで聴きたいのですが、なにしろチケット代が(私には)高すぎる。
まあ、チケットが手に入らないほどの人気ですから、
今のところCDで聞くのが一番かなと。






Commented by PochiPochi-2-s at 2019-01-07 09:26
☆ Dekoさん

おはようございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。

そうですね。
やっとそのような時間を持てるようになったのは嬉しいです。

彼女はお料理が好きですね。
呼ばれるといつも目新しい美味しいお料理がテーブルの上に並んでいます。
娘と同じ歳でS52生まれです。
娘の方は今はまだ子供が小さいということもありますが、うちにきても何もしませんよ。

そう一日一日を大事に過ごしたいですね。
今年もお互いに健康に過ごせますように。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2019-01-05 23:09 | 思い | Trackback | Comments(4)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s