こころ沈む

b0344816_17422417.jpeg


ここ2〜3日の間に急に庭の欅の葉がハラハラと散り始めた。
季節が一歩前に進んだようだ。
朝晩ぐっと冷え込む冬がやって来るのももうすぐだろう。
あれほど暑つさが尋常ではない、耐え難いなどと言っていたのに、
季節は人の気持ち(感情)などなど全く関心もなく無視して移り変わっていく。

毎朝日課のように家の前の道路に舞い散った落ち葉を掃くことにしている。
しかし庭に散った落ち葉はしばらくは楽しみたいと、そのままにしていることが多い。
落ち葉を見たり、その上を歩いたりするのが小さい頃からなぜか好きなのだ。
そして落ち葉が舞い散ったこの小さな庭を2階の窓から眺めるのもこの時期の好きなことのひとつである。
自然と心が弾み、道を掃くのも楽しくなる。
しかし、今年はいつもの年と違い、心が沈んでいることが多い。
この夏以来ずーっと心の隅に引っかかっていることがある。。

今 道を隔てて前の家に一人で住んでられた92歳のOさんが今はもうここには住んでいない。
顔を合わすとニッコリと微笑み、穏やかに交わしていた挨拶もなくなってしまった。
夏のはじめに自分の家の門の階段でつまづいて転び、足の付け根のところの骨を折り、
骨がひっつくまでと近くの病院に入院された。3ヶ月後骨折は完治したのだが、これからは今の家での一人暮らしはもう無理だと息子たちが判断し、介護付き施設に入ってしまった。
退院後一度も自分の家に戻らず、病院から直接の入所だった。
ひょっとしたらもう一度自分の家に戻ってこられるかもしれないと淡い期待を抱いていたが,
それもかなわなかった。
息子さんの話では、
最近ではあれほど好きであった水彩画を描くこともなくなり、絵の道具を見ても手に取ろうとはされないらしい。
骨折も完治しているのにリハビリをせず、車椅子生活を続けられているらしい。

私たちがここに引っ越してきた22年前には70歳で、まだまだ若くお元気で矍鑠としておられた。
ゴルフが好きで友人も多く一人暮らしであったが、いつも明るく生き生きと生活され、
毎年開催されるかつて勤めていた会社の絵画展にもその年の作品を出展していた。
絵を描くのが何よりも楽しいということを言ってられた。
そしてまた私の家の3人の子供たちをとても気に入ってくださり、いつも気にかけてくれていた。
時には厳しい目をされるが、心は優しい人で、不幸にも50代はじめに突然奥様を亡くされ、それ以降まだ大学生と高校生だった息子二人を育てながら一部上場の日本でも名のある会社で誰もが羨ましく思うような地位にまで上り詰め、一生懸命働いてきた人である。

引っ越してきたばかりのある時、
「お宅の家をうちの門の方からスケッチしました」と言って、一枚のハガキ絵をいただき、子供の頃母親が襖絵を描くのを見て育ち、見よう見まねで絵を描き始めたと言ってられた。
その時以来、何かにつけて最近の僕の絵を見ませんかと、何度かOさんの水彩画を見せてもらったことがある。
いつか私もこのような水彩画が描けたらなぁと私にに思わせてくれた人だった。
それまで植物を育てるのは好きであったが絵を描くことには全く関心がなかった私が、真剣に絵を習いたいと思ったのもOさんとの出会いがきっかけだった。

そんなOさんの姿をこの夏以来見ることができなくなってしまった。
入院された時に一度お見舞いにゆきしばらくの間話をして以来、顔を合わせることもなく声を聞くこともない。
時々家の様子を見に来られる長男さんにOさんの今の様子を聞くだけしかできない。
時々訪ねてゆきたいなぁ、会って絵の話でもしたいなぁとは思うが、
訪ねてゆき難い雰囲気が息子さんの言葉から感じられ口にすることもできない。
施設で手厚い介護を受けられているだろうとは思うが、
長い間一生懸命働き、社会的地位も得た人の、おそらく人生の最後の状態を見聞きする時、
これから20年先の私達世代の終末はいったいどのようなものになるのだろうか。
夫とふたりつい考え込む。
結局は、子供たちとの連絡、付き合いもできるだけ密にして、お互い健康に気をつけて元気に暮らすしかない。

はらはらと散る欅の落ち葉を見るたびに、今年の秋はこころが沈むのである。





Commented by jarippe at 2018-11-14 19:08
ご無沙汰しました  知らない間に幾日も過ぎてしまいました
今日は私も家の外側の落ち葉をかき集めました
柿の葉が全部落ちたので でもまだ栗の葉これからです
年の瀬まで道路や庭の落ち葉掃きは続きます なにしろ家の周り木だらけですので
Oさんの事気がかりですね 気になても介入できない事でしょうし
高齢の方が転んで以来・・・・・ってよく聞きますねー
その度に明日は我が身気を付けなくちゃって思います
本当にそうですね 子供とコミニュケーションを多くしていく事が大切ですね
Commented by hanamomo60 at 2018-11-14 22:01
こんばんは。交流があったご近所の方が見えないと寂しいですね。
私の家のまわりも少しずつ見えないな~と思うと亡くなっていたり、施設に入ってしまわれたりです。
はす向かいのご主人が学校の先生だった方で、我が家の子ども達を渓流釣りに連れて行ってくれたり、川にいったり楽しい遊びをいろいろ教えてくれました。
80歳を越え、昨年はがんを患いましたが今はお元気になりました。
だからOさんの姿がダブりました。
今母の事を一生懸命やっていますが、落ち着いたら今度は自分たちのことですね。
でもどうなるかは誰にもわからない。
なるようにしかならないと思っています。
今曾野綾子さんの『老いの才覚』という本を読んでいて、そんな風に思うようになりました。
Commented by pallet-sorairo at 2018-11-14 22:07
今晩は
私も今年は長く入院していた次姉を亡くし
長姉がグループホームに入所しと言ったことが重なりました。
そろそろ一人暮らしもタイムリミットかと思う義母を巡っても
いろいろと来し方行く末を考えさせられることばかりです。
まっ、自分の命の時間もわからないのだから
さしあたり、日々健康で楽しく前向きに生きて行こうと思っていますが(^^ゞ
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-11-15 07:08
☆ jarippeさん

おはようございます。
美しい晩秋の紅葉に温泉、そのうえ新鮮な大量に魚を手に入れ、サイコーの休暇でしたね!
jarippe さんの落ち葉掃きは私なんかよりもっと大変だなぁといつも思っています。
でも、落ち葉、綺麗でしょうね。
毎朝言葉を交わしていたので寂しいです。
もっと他に方法があるだろうにと思うと… 。 介護に対する知識も必要かなと思いました。
何よりも絵を描く気力も無くなっているということが残念です。

元気でいられるように気をつけなくてはと思いました。
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-11-15 09:32
☆ hanamomoさん

momoさんのところもよく似た状況ですか。
momoさんもいいご近所さんがいらしたのですね。
そして再びお元気になられた。嬉しいです。
Oさんとは毎朝顔を合わしては挨拶していたのです。
ご自身で描かれた絵もたくさん見せてもらいました。
できればもう一度自分の家で住みたいという希望を持てるような工夫を
2人の息子家族がなされればリハビリもされたのだろうにと思いますが、
他所の家のことですので………。骨折は完治しているとのことです。
せめてもう一度絵筆をとってくれたらなぁとは思いますが。

「なるようにしかならない」
私もそう思っていますが、お母様を一生懸命お世話しているmomoさんの姿を
お子さん達がみていますから、絶対大丈夫ですよ。
どんな状態になっても明るく希望を持って生きていきたいですね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-11-15 09:38
☆ pallet-sorairoさん

おはようございます。
今年はpallet 家もこころ沈むようなことがいろいろありましたね。

まあ、いろいろ考えてもしかたがない。
私もそう思います。
↑のmomoさんも言ってられるように、”なるようにしかならない“のでしょう。

〉日々健康で楽しく前向きにいきていこう
同じ思いです。
楽しくいきましょう!
今後ともよろしくね。
Commented by Deko at 2018-11-15 19:25 x
こんばんわ
近隣に住む親しい方がいなくなるという事は本当に寂しいOさんはその年までそこで生き生き生活されていたのですね。骨折されて今おかれた現状が一番ベストだったのですね。Oさんの気持ちは?最近は高齢社会になりいつの間にか施設や亡くなっている方も多いこの頃両隣3軒でもご近所の訃報を後で知ることが多い都会生きている現在が一番大事ですね。日の落ちるのが早いこの季節は何となく物悲しいですね。段々身につまされる年齢に.....
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-11-16 14:30
☆ Dekoさん

そですね。お見舞いに行って以降Oさんとは会っていないので
よくはわからないのですが、長男さんの話から推察すれば、気持ちの上で
ベストではないでしょうね。不便でも誰かの手助けで自分の家で暮らせると
思えばリハビリもなさるだろうし、絵筆も取られるだろうと思うのですが。
そうでもないようなので。やる気がないようです。
一人暮らしが無理=施設入所 の考え方ではお気の毒ですが、他所様のことなので…。

お互い元気に暮らしましょうね。子供家族との良い関係が必要になってきますね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2018-11-14 11:23 | 思い | Comments(8)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s