遠くへ、風を感じて - うっかり忘れていたブログ記念日 -

b0344816_23040130.jpeg
Nickさんの写真カレンダー・8月


今日は早くも17日。
酷暑だ、命に危険のある暑さだと言われ続けた今年の夏。
8月も半ばを過ぎ、あともうひと息かなと思う今日は、
朝から涼しさを軽く飛び越え、どちらかというと寒いと感じるくらいの気温だった。
ほぼひと夏の間 家ではタンクトップと短パンで過ごしたが、
今朝はこの夏初めての長いズボンに半袖シャツとなった。
「こんなに極端に変わらなくてもいいのに。ほどほどということがあるやろうに。
もっと穏やかにゆっくりと変わってくれたらなぁ…。いったい誰の、どこの国のせいやねん」
ブツブツと文句を言いたくなり、ハッと気がついた。
「ブログ記念日(8/14)を忘れていた……」

2014年8月14日にブログなるものを始め丸4年がたち、5年目のスタートだった。
決められたことを決められたようにきちっとできない。
そんな性格の私が続けることができるだろうかと不安に思いながら始めた日のことを、
まるで昨日のことのように思える。
嫌になり放り投げてしまうこともせず、いつの間にか4年という時間がたっていた。

昨日何気なくブログトップの写真をオオハンゴンソウの絵から電車の写真に換えた。
この写真は、サンモリッツからベルニナ線に乗り終点のイタリア・ティラノを往復した時の写真である。
行きは晴天で天井までガラpスの展望車(1等車)に乗り窓外の景色を堪能した。
帰りは雨だったので2等車に移動し、雨に濡れるもう一度同じ景色を見ながら考えにふけっていた。
60歳を少し過ぎ、3人の子供も独立し、今後どのような生活をしたいのか、
60代をどう生きたいのかなどぼんやりと考えていたように思う。
時々全く一人でこのようにどこか知らない土地を旅し何かを見ながら何かをぼんやり考えるのが好きだ。

2010年6月中ば、ドイツに住む友人アンジーとメミングさんを訪ねて久しぶりに一人でヨーロッパに旅行した。
二人に其々自分の家に泊まるようにと強く勧められ、宿泊させてもらった旅だった。
しかし友人の家から友人の家への宿泊は私にはとてもしんどく思い、途中で休憩を兼ねスイスへ寄り道したのだった。それまでにスイスは2度行っていたので、この時はまだ行ったことのなかったサンモリッツに行き、センガンティー二の三部作の絵をぜひとも見たかった。ついでにこのベルニナ線にも乗りたかったのだった。
心は限りなく自由に羽ばたいていた。
アルプスの風を感じ心地よかった。

どこか遠くへ行ってみたい。
知らない街を歩いてみたい。
そこに流れる風を感じてみたい。
いつも心の中でそう思っている自分がいる。

5年目がスタートした。
今続けていること、再開したいこと、これからやってみたいこと。
いろいろあるがじっくり考えながら、まずは毎日の生活をたのしみたいと思う。






Commented by jarippe at 2018-08-18 14:19
急に涼しくなりましたね
数日前の暑さから10℃くらい下がっていますものねー
体はとても楽ですが 余りの極端な変わり方に?・・ですね

5年目がスタートしましたね
これからもどうぞよろしくお願いいます
私は2011年からです 高齢になってからの社会の窓口になればと思って始めました
最近 何かもっとなんとかしたい・・・・ 気持ちもありますが
相変わらず同じような写真や記事になると思います 飽きてしまわれるかしら・・・・・
Commented by pallet-sorairo at 2018-08-18 19:41
5年目スタート、おめでとう!
PochiPochiさんの綴る自然体の日々の記録。
素晴らしいです。
末長く続きますように!

スイスの鉄道の写真に変わったなぁ、どんな思い出あるのかな
と思っていました。
私にとってスイスは初海外旅行の地なので特別な想いがあったりします。
↓ のアドレスは、私のセガンティーニ関連の過去記事ですが
なんちゃってスケッチ載せてあるのでお時間あったら見てね(^^;
>https://sorairo02.exblog.jp/17647687/
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-08-19 06:33
☆ jarippeさん

おはようございます。
ご実家へ帰られての松明の送り火を今年もできてよかったですね。
段々と昔の風習が廃れていくなかよくぞ残っているなぁと感心しています。
やはり人間の生死に関するものだからなのかなぁと思っています。

お天気の変わり方、本当に極端ですね。
大阪弁でいう”ボチボチいこか“にならへんのかなぁと…

ありがとうございます。
jarippe さんは4年先輩ですね。
飽きないですよ。
毎回信州の美しい景色を見せてもらって深呼吸しています!
これからもよろしくお願いしますね。

Commented by PochiPochi-2-s at 2018-08-19 06:59
☆ pallet-sorairoさん

ありがとうございます。
こんなブログですがこれからもよろしくお願いしますね。

私もpallet さんのようにスイスには特別な想いがあります。
今までに3回行きました。
最初はずっこけ家族の旅(1982年)で。次は初めてメミングさんを訪ねた帰りに(2002年)。
マッターホルンが見たくてツェルマットを中心に。そしてこのアンジーとメミングさんを
訪ねた時(2010年)です。この時はサンモリッツを中心に。サンクト・ガレンにも立ち寄って。
新田次郎「アルプスの村アルプスの谷」犬飼道子「私のスイス」佐貫亦男「アルプへ五十年」
などにかなり影響されていました。もちろん今井道子さんの3大北壁登攀にも。(笑)

早速読ませてもらいました。
そっくりよォー!
pallet さん、スケッチも上手なんだわと感心しました‼︎
たまにはスケッチを再開してください。そしてぜひブログにアップをお願いします。

サンモリッツでは2泊か3泊以上同じホテルに宿泊するとバスのフリーパスを
貸してくれたので、マローヤまで行き、セガンティーニのアトリエやお墓、
好きだった峠などを訪ねました。この鉄道にも乗りたかったので、湖の対岸の山の上
にある小屋にはいけませんでしたが。
つい最近BSで放送があり、行きたかったなぁと少々後悔も。
時間はあったからもう一泊すればよかったのにね。いつかまた行きたいです。
pallet さんが見られたセガンティーニ展は私が行った年の翌年に日本にきた
ときのものだと思います。滋賀の佐川美術館での美術展と同じものだと思います。
サンモリッツのセガンティーニ美術館を出る時、受付の女性が私を日本人だと判断して
よく年に開かれる佐川美術館でのセガンティーニ展の情報をくれましたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2018-08-17 23:26 | 思い | Comments(4)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s