やっと春が!

b0344816_17342355.jpeg
Nickさんの写真カレンダー2月・セツブンソウ


今年はいったいどうなっていたのだろう。
やはり「心ここに在らず」だったのだろうか。
2月も、もはや 2/3が過ぎ、今日は20日。
やっと玄関の写真カレンダーの写真を2月・セツブンソウに替えることができた。
2016年のカレンダーにとNickさんから頂いた、Nickさん撮影の写真カレンダー
ほんのしばらくの間だが、3月までの約1週間、
毎日玄関を通るたびにこのセツブンソウが挨拶をしてくれるような気がする。


b0344816_17243073.jpeg

午後、デッキの温度計は15度を指していた。
「今日は暖かい!梅の花はまだ咲かないかしら?」
そう思ってふと裏庭の梅の木を見上げた。
あッ!
ふくらみ始めた蕾の向こうに一輪だけ、今にも咲こうとしている梅の花を見つけた。
「ああ、やっと春が!」
その時、吉野弘の詩を思い出したのだった。

「二月の小舟」

冬を運び出すにしては
小さすぎる舟です。

春を運びこむにしても
小さすぎる舟です。

ですから、時間が掛かるでしょう
冬が春になるまでは。

川の胸乳(むなぢ)がふくらむまでは
まだまだ、時間が掛かるでしょう。
(吉野 弘・詩)


梅の花が開き始めたが、まだ鶯の声は聞いていない。
今年はいつになく遅いような気がする。
庭にはバイモユリの新芽が出始め今日は花芽も見つけた。
ヒマラヤユキノシタの濃いピンク色の蕾も見え始めた。
しかしまだまだ風は冷たい。
ふと”春まだ浅き”の言葉が心に浮かんだ。

「春浅し」は俳句の季語だという。
立春を過ぎて間もない頃、日々の生活の中にもそれを包む自然にもまだまだしっかりと冬が居座っている状態のことを言うという。
まさに今のこのごろの状態を言い表しているようだ。

『早春賦』の歌詞を思い出す。
早く本物の春になってほしいなぁ。



名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2018-02-20 22:44 | 季節 | Comments(0)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s