嬉しい“突然”が続く

b0344816_20341345.jpeg
『嵐が丘』の舞台、Top withensを目指して
ヒースの咲くムーアを歩くヘレンさん


お昼過ぎiPadを開きメールを見た。
「あらっ、ヘレンさんからだ。元気だったのだ」
彼女からの思いがけないメールが届いていた。

3年前のクリスマスカード以来、音信が途絶えていたヘレンさんからのメールだった。
連絡がつかなくなってからもう2年以上になる。
どうしているのかなと思いながら今年もカードだけは送っておいた。
しかしなんの音沙汰もなく、もう連絡がつかないのかしらと諦めていたところだった。
彼女は元気だった。
ホッとひと安心すると、彼女との楽しかったウォーキングを懐かしく思い出した。


b0344816_21074831.jpeg
Top withensからの帰り歩いた西ヨークシャーの村


彼女はイギリス北部、ウエストヨークシャー州にあるブロンテ姉妹の生まれ育った小村、ハワース村の観光協会に所属するガイドである。ロンドンからハワースの近くの村に移り住み、ブロンテ姉妹にまつわる場所を訪れ、説明するガイドをしている。決っしてゆとりがあるとは思えない生活だが、私が彼女に会った時はブロンテとウオーキングが大好きという趣味と実益を兼ねたガイドという仕事を心から楽しんでいた。

2013年8月、私はこの村にいた。
友人のリさんをイギリスのウェールズ州カーディフに訪ね、その後どうしても『嵐が丘』の舞台になったハワース村を訪れ、ヒースの咲くムーアを歩きたかったのだった。
1日のガイド料は 私の宿泊したB&Bの一泊の値段より安かった。
もう一泊したと思えばいいと考え、私のための個人向けガイドを日本から予約していた。
そのようにして知り合った彼女は気さくで明るい女性だった。
彼女との5時間余りのウォーキングはどんなに楽しかったことか!
今でも思い出すと心が踊る。

今日は、元気ですか?
この言葉で始まり、自分のミスで私への返信メールを送っていなかったことに気がついたこと、この2年間自分の母親の家の売買で他のことがうわのそらだったこと、今年中に新しい家(テラスハウス)を見つけ移りたいと思っていることなどが書かれていた。
そして最後に、今でもブロンテ姉妹について語るウォーキングをしていること、今年はイギリスにおける女性参政権獲得100周年で、そのことを祝う”walk and talk”を行う予定であること、また今年はエミリー・ブロンテ生誕200周年でもあり、そのことを祝う “walk and talk”も計画していることも知らせてくれた。

「ああ 元気で暮らしている。
好きなことを仕事にすれば、贅沢さえしなければ楽しく暮らせるのだなぁ。
あの彼女の好きなチョコレートを送ってあげよう」
ホッとし、ただただ嬉しかった。

こんな突然のメールはどんなに心弾むことか!
一昨日のPさんとの何年ぶりかののおしゃべりも、2日の彼女からの突然のメールで決まったのだった。楽しい時間だった。

今日はもうひとつおまけの突然があった。
このヘレンさんからのメールを見たのち、郵便局まで出かける用事があり急いで出かけた。
自動車を使わず歩いて行くつもりで家を出た。
途中で近所の友人Mさんに偶然出会った。
彼女とは去年の春以来、お互い何かと忙しく全く会っていなかったのだった。
気にはなっていたが元気だろうと、いつでも会えると思い、電話もかけずにいた。
「まあ!ずいぶん久しぶり。いま時間ある?」
それで話は決まった。
久しぶりに話をしようと、できたばかりの、二人とも入りたいと思いながらまだ入ったことのない喫茶店に入りおしゃべりを楽しんだ。
やはり話題は尽きない。
はっと気がつくと刑事フォイルが始まる時間まで1時間ほどしかなかった。
じゃあねと別れ、郵便局により、慌てて帰った。

家に帰るとさらにもう一つ嬉しい“突然”が待っていた。
予期せぬ葉書が届いていたのだった。
中学時代の恩師からの葉書だった。
昨日はこのS先生からやはり突然に電話がかかり少しの間話をしたばかりだったのに、
今日は葉書が届いた。
心が弾んだ。

“突然”はいつも楽しいことをもたらしてくれる。
ここ2、3日嬉しい突然が続いている。
明日も思わぬ“突然”があればなぁ。



トラックバックURL : https://lmhar.exblog.jp/tb/27999169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jarippe at 2018-01-14 10:29
突然だから何杯も嬉しいですね
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-01-14 18:10
☆ jarippeさん

ほんとうに。
今年に入ってから“突然に”ということが多いです。
おっしゃる通り、何倍も嬉しいです、
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2018-01-13 23:04 | 思い出 | Trackback | Comments(2)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s