人気ブログランキング | 話題のタグを見る

モミジバスズカケノキ(プラタナス)の実を半分に切ってみた

ブログ友sternenliedさんの昨日(1月15日)のブログに、
「プラタナスの実」という題で、公園のプラタナスの木の写真と文章が載せられ、
その記事に対して、やはりブログ友のlindenさんがコメントを書いていた。

「プラタナスの実は、枝から落ちたあと、時間が経てば分解して綿毛になる」と。

「えっ! そうなん? プラタナスは、スズカケの木のことと聞いている。
そのまま置いているわ。 よぉ〜し、半分に切ってみよう」

切ってみた。

なんと!
中には果肉など全くなく、綿毛が、ぎっしり。
驚くばかりだった。



プラタナスの実
モミジバスズカケノキ(プラタナス)の実を半分に切ってみた_b0344816_16325451.jpeg





半分に切ってみた
モミジバスズカケノキ(プラタナス)の実を半分に切ってみた_b0344816_16332955.jpeg




ちょっと拡大
モミジバスズカケノキ(プラタナス)の実を半分に切ってみた_b0344816_16331682.jpeg





もう少し拡大
モミジバスズカケノキ(プラタナス)の実を半分に切ってみた_b0344816_16335915.jpeg





モミジバスズカケノキ(プラタナス)の実を半分に切ってみた_b0344816_16341718.jpeg




布巾の上に綿毛を飛ばしてみた
モミジバスズカケノキ(プラタナス)の実を半分に切ってみた_b0344816_16362478.jpeg




接写で撮ってみた綿毛
モミジバスズカケノキ(プラタナス)の実を半分に切ってみた_b0344816_16353483.jpeg



もう一枚

おもしろいなぁ〜
どこに飛んでいくのだろうか?
モミジバスズカケノキ(プラタナス)の実を半分に切ってみた_b0344816_16354960.jpeg



たまたまブログ友が プラタナスの木の写真と文章をアップしたことから
はじまった。

興味がわく、好奇心に駆られて調べてみる。
なんとおもしろいことか!

sternenliedさんと,indenさんに感謝!

わくわくと心躍る一日だった。





【参考】

『草木スケッチ帳』(文・絵 柿原申人)の「プラタナス」の章に記されている
プラタナスの肩書きに“古代からの緑陰樹”と記されていた。

この章の中に次のような記述がある。

ところで農業文化論の中尾佐助さんは『栽培植物の世界』(中公選書)にこう書いて
いる。「アテネのアカデミーでは、この木陰でプラトンやアリストテレスが学を
講じた… 民主主義は最初プラタナスの木陰で論説された」。そこでヨーロッパでは
民主主義を象徴する木とされていると。
街路樹以前に広場の木という歴史があったということ。その下に人が集い、そこから
民主主義が生まれたというわけだ。民主主義を観念からだけ見るのではなく、民衆の
集う場の成り立ちから見る視点は生態系である。

「ええっ! そんなに古いの? この木の起源は。
ふ〜ん、民主主義を象徴する木なのか…」

わくわくと心躍る一日だった。



Commented by asitano_kaze at 2016-01-16 22:58
プラタナスの実は撮ったことがありますが、その中がそんなふうになっていたとは知りませんでした。
ふかふかのベッドの中で互いに重なって種子ができていたのですね。
これがやがて風に乗って旅に出るのですね。
Commented by o-hikidashi at 2016-01-16 23:36
ワクワク…一枚一枚好奇心いっぱいで拝見しました。
接写に拡大写真そして分解まであって、うーんとわかりやすく納得のプラタナスの実でした。
ありがとう~!
↓ 昨日お邪魔してなかったので拝見、天神さんの時には時々。
昨年も行きましたが、まさに馥郁たる梅の香に深呼吸。
お父さまの想い出につながるのがこの素敵な場所、いいですネ。
Commented by linden2151026 at 2016-01-17 04:45
≫「ええっ! そんなに古いの? この木の起源は。
ふ〜ん、民主主義を象徴する木なのか…」≫

そうなんですね。だからイギリスにもフランスにも多いんですね。
イギリスも街路樹で多くみかけます。昔イギリスで最初見た時、
枝葉が道路にとびだしていても切らないでそのまま、歩道を歩くと頭にその様子に感動したものでした。
日本は盆栽の国ですから木を整えるので。自然のままの姿に感動しました。
Commented by jarippe at 2016-01-17 06:57
最近見なくなったこの実
子供のころよく遊びました
中のフワフワを飛ばしたりして
自然の仕組みってすごいですね
それぞれ違って工夫があって
誰がいつ仕込んだことなのでしょう
Commented by sternenlied at 2016-01-17 17:01
息子さん達が贈ってくれた新しいカメラで色々楽しまれているようですね♪
倍率が高いと、これまで気付くことなかった小さな新しい世界が見えてきて面白いですね。プラタナスの実に生命の種がこんなに一杯詰まってたなんて!

感謝だなんて恐縮です。私はかわいいわあとアップしただけですから、
実の中がどうなってるのかとPochiPochiさんの探究心を高めたのは
lindenさんの為せる業かと^^
Commented by Deko at 2016-01-18 01:34 x
そうなんですか。これからプラタナスを見たらああ民主主義の木と記憶します。スズカケの実が木にぶらさがっているのを見るとなんだか幸せな気分です。本当に鈴をかけたようですね。口をついて出てくる灰田勝彦さんの歌があります。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-01-18 17:29
asitano_kazeさん

ええっ?
asitano_kazeさんも知らなかったのですか?
意外でした!
そう、旅にでていくのです。
どこに行くのかしらね?
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-01-18 17:56
o-hikidashiさん

納得されましたか?
私も納得‼︎で〜す。
まさかこんなになっているとはね。

天神さんの日にo-hikisdashiさんもいかれますか?
すごい人でしょう?
でも、その時だけ前の警察の前の道が路駐できるのは粋な計らい?
さすが京都かな?

ところで大阪の道明寺天満宮(藤井寺の近く)は知ってられますか?
ここの梅の花も素敵ですよ。



Commented by PochiPochi-2-s at 2016-01-18 18:14
lindenさん

昔、絵を習い始めたころ、先生が 度々 滋賀県にある朽木村に
連れて行ってくれました。朝日新聞が持っていた「朝日自然の森」
です。そこには自然のままの形のユリノキやハンカチの木などが
あり、とてもいいところでしたよ。
剪定されない自然の形の木はいいですね。
包まれるような気がします。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-01-18 18:21
jarippeさん

まあ、すでに子供のころから知ってられました?
ほんと、自然は素晴らしいですね。
人間では考えられないような種の飛ばせ方をしますものね。
左右アンバランスに羽をつけたりして。
神のなせる技?
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-01-18 18:27
sternenliedさん

ほんと!
ワクワクしますね。

半分に切ってみて、びっくり!
びっしり。
しかも、実の皮(?)と思っていた部分が種の先端だったとは!
おもしろいですね。

そうそう、今日梨木果歩「渡りの足跡」須賀敦子「塩一トンの読書」を見つけました。どちらも興味津々の本です!
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-01-18 18:30
Dekoさん

そうなんですよ。
これからはスズカケノキ(プラタナス)じゃなく、
“民主主義の木”と呼ぼうかな?

灰田勝彦さんとは、また古いですねぇ。
名前
URL
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2016-01-16 20:07 | 発見 | Comments(12)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s