ひさしぶりッ!

b0344816_23150016.jpeg
植え込みを待つヴィオラやネメシアなど


「元気?
11月1日に用事があって大阪に行くのだけど、久しぶりやから会って顔を見たいんや。
Nゼミのみんなに声をかけようと思っているので、出てこれるかな?
場所は追って連絡するわ。たぶん、梅田か西宮北口あたりになると思う」
先週初め頃、夜に突然電話が鳴った。
四国松山市近郊に住む友人のT君からだった。
「Nゼミ(大学入学時の基礎ゼミ)のメンバーで会って食事をしながら話したいんや。
久しぶりに都会(?)の雰囲気を味わいたいんや。今みんなに連絡している」と。

当時大学紛争のため入試は機動隊の見守る中で行なわれ、校舎は7月初めまで学生に占拠されていた。そのような状況下でできるだけ新入生をまとめ、勉強させようと考え出された基礎ゼミという制度。選択した第二外国語でクラス分けされ、担当教官が正副2人づつ配されていた。キャンパスが解放されるまで奈良や京都のお寺によく集まっては講義を受け、クラスでの話し合いがあった。それぞれの専門課程に進む前のクラスで、将来の専攻に関係なくさまざまな学生が混ざっていた。なかでもこのNゼミには個性的な人が多く、みんなコンパが大好きで、いつもどこかに寄り集まっては飲んで、食べ、談笑していた。卒業の時までみんな仲がよく、2回生の時の基礎ゼミはどのようなゼミだったのか、3人ともほとんど覚えてはいなかった。それくらい印象が弱かったのだろう。それに比べてNゼミは強烈な印象のクラスだった。

夕方5時半、待ち合わせの場所に着くように家を出た。
結局 突然だったのと週末じゃなく平日の夕方だったので、集まれたのはT君・U君・私の3人。
T君とは時々クラブの同学年の飲み会で会っていたが、それでも4、5年ぶり?
U君とはいつ会ったのだろうか?
もう20年以上も前だと思う。
大阪南河内にある大学の名誉教授の肩書きの名刺をもらった。
この3月で完全に退職したという。
しかも、近くの、春には必ず訪れる桜の名所・夙川に住んでいるとは、びっくりした。
今でも週一回、非常勤講師として母校で教え、家から片道45分をかけて歩いて通い、趣味で能を舞い、謡を謳うという。さすが京都出身と思いきや、小さい頃から嫌々ながら両親に習わされた結果だという。嬉しいことに大槻能楽堂での発表会時のチケットをプレゼントするという約束をもらった。
「この20年間自分の家から大学まで40分で歩けたのが、最近は45分かかるようになった。
悔しいで。たった5分の差とはいえ、これからはだんだんと歩くのが遅くなっていくのだろうなぁ」
彼のその言葉に思わずニンマリとしたのだった。
のんびりとした、いい自分の時間を過ごすシニアになっていた。
話し方も穏やかで、人柄そのものだった。
彼が過ごしてきた人生は彼なりに満足できるものだったのだろうとは容易に推測できた。

最初は「たった3人だけ?」と思ったが、かえってその少なさが幸いしてか話は随分弾んだ。
あまりの懐かしさに、2時間飲み放題の時間はあっという間に過ぎてしまった。
中華料理だったが、出てくる料理の写真も彼ら二人の写真も撮り忘れ、ひたすら話していた。
U君とは他にも共通の趣味があった。
彼もまた西宮芸術文化センター(コンサートホール)の会員でよくコンサートに出かけるという。
「ひょっとしたら今まで知らないままに出会っていたかもしれないなぁ」
なんて話も出て楽しい会話がさらに弾んだ。
「ほら、T。 田舎もいいけど、これが都会生活の楽しさや。いいやろう」
冗談半分でT君をからかうU君の言葉に思わず吹き出してしまった。

会話は、おもに“Nゼミでのこと”“卒業後今までのこと”“今何をしている”“これからどうしたい”というようなことで、子どもや孫の話はいっさい出ないというのも、また興味深かった。
女性だけの集まりとはかなり違う雰囲気で、私にはこちらの方が気楽でおもしろくビール片手に彼ら二人の話に興味津々で耳を傾けていた。

将来の自分の姿がまだわからず、なんの損得勘定もなく、ただ学生というみんな平等の横並びの身分でひたすら好きなことに打ち込んでいた青春時代。
そのような時代を楽しく懐かしく思い出しながら、今まで過ごしてきた半世紀近くの自分の時間を振り返るのもそう悪くなないなぁと心の中で密かに思っていた。
明日予定があるT君のことを考え、近いうちの再会を約束し、別れたのだった。

彼は2泊3日で大阪に出てきていた。四国松山から高速バスに乗り、明石大橋を超え6時間余かかったという。かなり疲れた様子だった。自分で運転してくるよりも楽かもしれないと思ったらしいが、バスも思ったほど楽ではなかったと呟いていた。
それでも京阪神間に出てきたいと思うのは、やはり青春時代を過ごした土地がいつまでも懐かしく忘れられないからなのだろう。この地に来れば、何人かの懐かしい友に気軽に電話一本で約束して出会え、心休まるホッとした時間を持つことができるのだろう。
「会えて話ができよかったなぁ」
帰りの電車の中で、もう一度楽しかった会話を思い出し、そう思った。




# by PochiPochi-2-s | 2017-11-01 23:32 | 思い出 | Trackback | Comments(2)
b0344816_00183347.jpeg



先週の水曜日、絵の教室で一目見たその瞬間「描いてみたい!」と心に強く思った柘榴。
それから6日間描ける日も描けない日もあったが、描ける時間がある時は好きなCDをかけ
夢中で描いていた。

今日は10月31日。
10月の最後の日にやっと完成かなと思える柘榴の絵になった。
あとは、
・柘榴の下に散らした種皮を丁寧に描くこと。
・種皮の散し方(バランス)をもう少し考えること。
・全体のバランスから考えて、柘榴の位置をもうすこし下においたほうがよかった。
まあ、マットの切り方でなんとかなるとは思うが。

明日からは 早くも11月。
今年もあと残すところ2ヶ月のみ。
時間が飛ぶように過ぎて行く。





# by PochiPochi-2-s | 2017-10-31 23:36 | 習いごと(絵・水泳) | Trackback | Comments(10)
b0344816_21082571.jpeg
ササゲ(2015年10月・画)


「2年前の今頃、どんな絵を描いていたのだろう?
今とはもっと違った花や実を、先生は教室に持ってきてくれていたような気がするのだけど」
ここ2、3日、柘榴の絵を少しづつ描きながら思っていた。
今日も午後から再び柘榴の絵を描き始めた時、ふっと思い出した。
「そうだ、ノササゲを描いたのだった。この紫色の鞘が印象的だったなぁ」と。
ササゲやタンキリマメ。
柘榴を描きながらもう一度見たいなぁと思っていた。

そして心はいつの間にか朝の水泳教室に飛んでいた。

今日は、何故だかわからないが、いつになく“泳ぎたい”気持ちが強かった。
12、3名の後ろから2番目で泳ぐので、上手な人たちについていくのはかなりしんどい。
私がスタートする頃にはもうすでに1番目の人が50mを泳ぎ戻ってきている。
「早いなぁ…」
いつもそう思いながらスタートする。
でも今日は違った。何故か泳ぐのが楽しかった。
「さあ、泳ぐぞ」
クロールがずいぶん楽になった。
呼吸が上手くいくようになってきたのだろう。

「〇〇さん、そう、その格好で続けて。できているよ。バタフライの格好になっているよ。
体が十分上がっているから、あとは口を開けてパクッと息をすればいいのよ」
先生のアドヴァイスはまさにドンピシャだった。
2回目は頑張って息をしてみた。
「うん?いけるかも」
プールの真ん中ぐらいまでは一気に泳げたのだった。
「この私にバタフライが泳げるなんて!」
3年前習い始めた頃は夢にも思わなかったことだった。

平泳ぎも満足にできないのにバタフライなんてと、今までかなり消極的だった。
しかしやってみると、けっこう楽しい。
特にリズムがいい。
ひょっとしたら(私にとっては)平泳ぎよりかは泳ぎやすいかもしれない。
そう思いはじめると、さらに泳ぎたくなるのは不思議だ。

今年の木枯らし1号が吹いた日に、生まれて始めてバラフライが泳げた!
3年前の全く泳げなかった頃には、バタフライなんて考えもしないことだった。
「いくつになってもやればできるのだなぁ。
やはり“継続は力なり”かなぁ」
あらためてそう思った日だった。

庭では吉祥草が咲き始めた。
明日には柘榴の絵も完成するだろう。


b0344816_21414079.jpeg
吉祥草




# by PochiPochi-2-s | 2017-10-30 23:23 | 習いごと(絵・水泳) | Trackback | Comments(8)
b0344816_15472795.jpeg
雨に濡れる ダールベルグデージー
葉の石鹸の香りが好き
今日も雨


昨日のお昼前、電話が鳴った。
リョウちゃんとエイちゃんと娘をマンションまで送りとどけ、ホッとしていた時だった。

「〇〇ちゃん、私、Tです。ずいぶん久しぶり。元気やった?
〇〇ちゃんの声が聞きたくなって、電話をかけてしまったんやわ。
今、ちょっとだけ時間あるかなぁ」

ずいぶん久しぶりだった。
Tさんは中学校の同級生。
一学年100人余、3学級の小さな田舎の中学校だった。
前々回の同窓会で会って以来だから、かれこれ4年ほど前になる。
突然の電話。
いったい何があったのだろうか?
私の声が聞きたくなったとは。

私が中学生の頃は昭和30年代後半で、日本はまだまだ豊かではなく、
私の住んでいた村の周辺にもまだまだ貧しい生活を送っている人が多かった。
同じ学区の隣村に、Tさんはお父さんと弟の3人で住んでいた。
そこには戦前大きな織機工場があったのだが、その当時既に工場経営は破綻し、その工場の内部に、まるで舞台小屋にような格好の、部屋とも言えないような小さな、二部屋続きの部屋がたくさん並んでいた。簡単な薄い平板で仕切られた、4畳半と6畳の二間と1畳ぐらいの台所の部屋。玄関はなく、入り口に長い暖簾がかかっているだけで戸もなかった。部屋には畳はなく板床の上にゴザが敷かれていた。食卓にする丸テーブル以外は何もなかった。そのような部屋に彼女は住んでいた。お母さんは家を出て行き、残された病気のお父さんと弟と彼女が住んでいたのだった。

子どもの目から見てもかなりの貧しさだったが、彼女は底抜けに明るく、何時も前向きだった。
そんなTさんの性格が好きだったのか、クラブ活動のない日などは私はよく彼女と遊んでいた。
中学時代の恩師A先生は、毎日放課後、密かに誰にも見つからないように自転車に乗り彼女の家に差し入れを持って通っていた。おそらく食材だったのだろうと思うのだが、はっきりしたことはわからない。きっと先生も彼女の家の状態を見て見ぬふりはできなかったのだろう。A先生にも私たちと同年齢子供がいたから。今時このような先生の存在は考えられないが、当時はまだまだのんびりした時代で、他人の辛さや苦しみを自分のことのように考えることができる先生はたくさんいた。A先生もそのような先生の一人だった。
中学卒業後、このA先生の粘り強い就職先探しと交渉で、彼女は遠く離れた千葉県で働きながら夜間高校に通えることになった。その後、努力して美容師の資格を取り美容師として働くうちに理容師のご主人と知り合い、二人で店を持ち働くようになった。子どももでき、それなりの幸せな人生を送ってきた。

どん底から自分の努力で這い上がってきた彼女。
同窓会でいつ会っても、必ず私に真っ先に声をかけてくれ、明るい愛嬌のある笑顔で話し始めるのだった。話していると私の気持ちまで明るくなる。彼女はそんな女性。

そのTさんからの突然の電話。
驚いたのはいうまでもないことだった。
電話の向こうで彼女は言っていた。
「この5月なかば、主人が癌で亡くなり、つい最近納骨をすませたんよ。
長い間苦労に苦労を重ね生きてきて、自分たちの理容院も息子が継いでくれ、
これからやっと楽ができると喜んでいた矢先だった」

「ありがとう。声が聞けて嬉しかった。また元気になれるわ。
そのうちに会って、ゆっくりと話でもしたいわ。その時はよろしくね」

ご主人を亡くした寂しさを、懐かしい昔の友人と話すことで少しでも元気を取り戻したかったのかもしれない。
近いうちに彼女と会ってゆっくり話を聞いてあげよう。
そう思ったのだった。
運よくコンサートに出かける直前のことだった。



# by PochiPochi-2-s | 2017-10-29 22:48 | 思い | Trackback | Comments(10)
b0344816_20492943.jpeg
見て見て!(リョウ)

b0344816_20500219.jpeg
お腹で回転できるよ!

b0344816_20503931.jpeg
ばあ!こんなことできるよ。
(エイちゃん)

b0344816_20510548.jpeg
何なめてるの?



「今、阪急電車に乗り換えたよ。もうすぐ着きます」
娘からのメールを受け取り、すぐに駅まで迎えに行った。
駅についた時ちょうど電車も到着し、ホームから手を振っているリョウちゃんが見えた。
「こんにちは。リョウちゃんきたよ」

昨日、27日(木)の午後2時過ぎ。
その時から今日午前10時過ぎまでの時間は、なんと目まぐるしく忙しい、
小さい子ども特有の明るい、賑やかな声で満たされたことだったろうか。
普段はシニア2人の静かな家の中が、いっきに明るく彩られた。

愛嬌のある顔、ぱっちりした目のエイちゃんと、際限なくいつまでもしゃべりまくる
リョウちゃん。わずか4歳でこんなに語彙豊かに話せるものなか、こんなに大人とコミュニケーションがとれるものなのかと驚いた。昨日も今日も恐竜プリントの長袖Tシャツを着て上機嫌だった。

「ねえねえイチゴとってもいい?」
「ねえねえ、ブルーベリーなっているかな?」
ワイルドストロベリーを摘み、たまたま気がつかずに採り忘れ残っていたてブルーベリーの実をとりリョウちゃんは大喜びだった。
おじいちゃんと一緒に電車で遊ぶのも大好き。
この二日間、”おじいちゃん、おじいちゃん“の連発だった。

エイちゃんは最近寝返りができるようになり、いつの間にか腹ばいの格好に。
前に進みたい気は十分だが、まだまだ進めない。
娘の小さい時の目にそっくりなエイちゃんの目。
見つめられると、思わず「どうしたの?」とかまいたくなってしまう。

「ねえねえ、ぎゅっとして」
エイちゃんが寝た後、いつもの楽しみなのかリョウちゃんは突然お母さんの膝の上に。
“ぎゅっと”抱きしめてもらっていた。
「ぎゅっ、ぎゅっ」「ぎゅっ、ぎゅっ」
2人で何度も言い合いながら。
リョウちゃんの嬉しそうな、ほっと安心したような顔。
お母さんの目がエイちゃんに注がれている間はじっと我慢しているのだろう。
その健気さに、思わずじーんとしてしまった。
それからしばらくして、“ママが買ってくれた”恐竜がいっぱいプリントされたパジャマを着て安心して寝たのだった。

2人と遊び、夕食の用意をし、食べさせ、お風呂に入れるのを手伝い、夜寝かしつけるまでの
時間の長さ、忙しさ。
「こんなだったかなぁ…。忘れてしまったわ」

今朝10時過ぎ自動車で送っていった後、どっと疲れが出たのはいうまでもないことだった。
でも、最高に楽しい、忙しい2日間だった。
午後からは雨の中コンサートに出かけた。




# by PochiPochi-2-s | 2017-10-28 23:38 | 日記 | Trackback | Comments(2)
b0344816_00033322.jpeg


「ああ、気持ちいい!」
洗濯物を干そうと裏庭に出た。
空を見上げると、太陽が輝いていた。
気持ちのいい青空が広がっていた。

「おかあさん、明日14時〜15時ぐらいにそっちに着くように電車で行くわ。
駅まで迎えにきてくれる? それから夜は泊まって翌日お昼前に帰ろうと思ってるんやけど。
いいかなあ」
娘からメールが届いた。
「Mさんが出張なので2人を連れて遊びに行きたい、リョウちゃんも喜ぶから」
とは聞いていたが、まさか泊まりたいとは!
泊まった翌日の午後からは出かける予定があるが、少し早く昼食をとり送っていけばいい。
まあ私たちも嬉しいし、彼女も楽なのだろうと”了解“の返事を送った。

それならば少しでも色をつけておかなくてはと、今日出かける予定であったのを急遽取り止めた。まずは昨日の続きと再び柘榴の絵を取り出し、気になっていた葉の部分を描きなおした。
まだ時間があったのでほんの少しだけ色をつけてみた。
うまいこといくだろうか?

ここ二週間ほどずーっと気にかかっていた(絵の教室の)ことも解決するようだし、
心がすっきりし明るくなれば、絵を描くのも自然と楽しくなる。
『気持ちのリセット』
時には必要なのかもしれない。
解決できるとわかった嬉しさは何事にも代え難い。

柘榴と聞くと、スペイン・グラナダで聞いた言葉を思い出す。
「長い間イスラム王朝の支配下にあったグラナダを、キリスト教のカトリック王が
レコンキスタの旗の下に奪い返した。そのグラナダのシンボルが柘榴である」
殻が固い柘榴はなかなか陥落しなかったグラナダ王国を表しているという。

柘榴の絵を描いているとグラナダを旅した時の思い出が蘇ってくる。

※ レコンキスタ :
Reconquista・国土回復運動。
キリスト教徒による、イベリア半島のイスラム教徒からの解放運動。
711年のイスラム軍侵攻に始まり、1492年のグラナダ陥落で完了した。



b0344816_00040660.jpeg


夕食は久しぶりにサーモン握りとなった。
サーモンの切り身の上に生姜のすりおろしとねぎの小口切りを散らす。
一番好きな握りである。



b0344816_00075906.jpeg


明日はリョウちゃんとエイちゃんがやってくる。
楽しい、賑やかな一日になりそうだ。




# by PochiPochi-2-s | 2017-10-26 23:38 | 日記 | Trackback | Comments(6)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s