b0344816_15533601.jpg



久しぶりのコンサート2回目は、
先週の土曜日(15日)のユベール・スダーン「モーツァルトの旅」に続き、
今日は 現在大阪フィルハーモニー交響楽団トップ奏者として活躍している、
8歳から25歳までの17年間をイギリスで過ごしたヴィオラ奏者・木下雄介さんの
イギリス情緒たっぶりなワンコイン・コンサートだった。

この芸術文化センターのワン・コインコンサートは、
「お茶にする? コンサートにする? ちょっと芸文(芸術文化センター)まで」や
「500円で気軽に楽しむ1時間」のキャッチコピーで人気のコンサートである。
普段着でちょっと気軽に立ち寄って本格的な音楽を聴けるといのは本当に嬉しいことである。かなりの高齢の人たちも、夫婦であるいはひとりで、または友人たちと一緒に音楽を楽しんでいる。その光景は見ていてこちらの心も楽しくなり、会場には豊かな時間が流れている。関西出身の指揮者・佐渡裕さんが芸術監督だということも関西人の心を掴んでいるのかもしれないなぁと思ったりもしている。

11時30分 、馴染みの エルガー「愛の挨拶」でコンサートは始まった。
それから1時間余り、演奏者が司会も兼ねて、曲の説明やその曲への演奏者自身の思
いを時にはジョークを交えて話しながら、最後のボーエン: 幻想曲まで5曲を演奏し
た。イギリスの作曲家の曲は ドイツ、オーストリア、フランス、イタリアの曲のよう
に華やかさや煌びやかさはないが、それだけに柔らかくしっとりと落ち着いた感じがし、何かしら懐かしさを覚える気がした。華やかなヴァイオリンの音ではなく、ヴィオラの音色にぴったりと合うように思った。彼の話の中で言われていた「イギリスではヴィオラ奏者が多い」ということにもうなずけるような気がしたのだった。

4曲目のヴォーン・ウィリアムズ:「グリーンスリーブス」による幻想曲が流れ始める
とすぐに、あの緑の牧草で覆われたのんびりとした空気が流れるイギリスの田園風景が心に浮かび上がってきた。かつて訪れ、あまりの美しさに心を奪われたあの田園風景の中を流れる風を感じたような気がした。湖水地方やヨークシャーの風景、コッツウォルドの村々の中を流れる風を。どういう訳かターナーの絵も思い出していた。
アンコール曲は「ロンドンデリーの歌」だった。
演奏が始まると、会場のどこからか歌声やハミングが聞こえてくるような雰囲気になった。それほどこの曲はみんなに親しまれている曲なのだろう。私もつい懐かしく、思わず口ずさみそうになったのだった。
この曲 「Londonderry Air」(ロンドンデリーの歌)は、アイルランドの民謡で、イギリス領北アイルランドでは事実上の国歌としての扱いを受けているという。アイルランド移民の間でも人気が高い曲で、世界で最も広く親しまれているアイルランド民謡の一つである。また、この曲には実に様々な歌詞がつけられ歌われているが、中でも特に「ダニー・ボーイ」のタイトルがついた歌が有名である。

「ヴィオラで紡ぐ イギリス紀行」のタイトルどおりのイギリス情緒たっぶりな演奏会だった。
イギリスの風景が大好きな私には心楽しい、豊かな一時間だった。


「今日はヴィオラという楽器の演奏会なのに こんなにたくさんの人が聴きに来てくださって、そして一生懸命聴いてくださってありがとうございます。ここで弾いている
と皆様の気持ちがよく伝わって来ます。ほんとうに気持ちよく演奏することができました。どうもありがとうございました」

演奏会の最後の木下雄介さんの言葉である。

あらためて「いい演奏会だったなぁ」と思ったのだった。




グリーンスリーブスによる幻想曲





ロンドンデリーの歌
(ダニー・ボーイ)





【プログラム】
エルガー : 愛の挨拶
エルガー : ため息
ブリテン : ラクリメ 〜 ダウランドの歌曲の投影
ヴォーン・ウィリアムズ : 「グリーンスリーブス」による幻想曲
ボーエン : 幻想曲

【アンコール】「ロンドンデリーの歌」





# by PochiPochi-2-s | 2017-04-18 20:41 | 音楽 | Trackback | Comments(8)

春のある日

b0344816_15510443.jpg


今日から今年度の水泳教室が始まった。
日頃の運動不足が災いしてか、
思いっきり泳がされる1時間は思っている以上の疲れを感じる。
帰り道、ふと頭をあげると散りそめの桜が目に入った。
今年の春、例年に比べて桜が咲くの遅かった。
それだけに桜の花の開花を待つ楽しさも加わり、喜びは2倍にも3倍にもなった。
さあ、これからは新緑の季節!
そう思って家に帰ってくると、スミレの花が満開。
ケヤキも若葉が見え始め、春の庭になってきた。
なんと、5月の誕生花のスズランも花芽をつけていた。
今年初めて咲くスプリンググラジオラスの花ももうすぐ咲きそうで楽しみだ。


b0344816_20100694.jpg
スミレ



b0344816_19115824.jpg



b0344816_19153835.jpg
スズランの花芽



b0344816_19152415.jpg
ケヤキの若葉



b0344816_19142355.jpg
日本桜草



b0344816_19160945.jpg
ジュウニヒトエ



b0344816_19134763.jpg
シャクナゲ



b0344816_19113376.jpg
ラショウモンカズラ



b0344816_19131233.jpg
ボリジ
こぼれ種で増えた





# by PochiPochi-2-s | 2017-04-17 23:30 | 日記 | Trackback | Comments(6)
b0344816_19444580.jpg


「おはよう。16日(日)の昼ぐらいにハルの誕生会をやろうと思うねんけど、来れる?
中学生になったし、さすがにこのような誕生会は最後かな?」
今月の初めに長男からメールが届いていた。

今日は毎年恒例のハルちゃんの誕生会。
おじいちゃんは祝い鯛を、私はハルちゃん希望のチーズケーキを焼き、
お昼前にいそいそと出かけた。
空は晴れ、甲山、六甲山がきれいに見えていた。

昨日15日、ハル君は13歳になった。
3歳の時、お父さんの仕事の関係で東京から大阪に帰ってきた。
東京で育ったためか両親が大阪弁であるにもかかわらず、
当時ハルちゃんはきれいな東京の言葉を東京弁のアクセントで話していた。
しかし、
わずか一週間ほどで、話し言葉が大阪弁になってしまった!
「子供の言語能力ってびっくりするほどすごいなぁ」
当時、まわりの大人の驚きようは並大抵のものではなかった。

その時から10年が経った。
10年という時間は 長いようで短い、短いようで長いと思える時間だが、
孫の成長とはこんなに楽しいものかと思えるような時間でもあった。
あらためて思い返して見ると、
この10年間のいろんな楽しかった場面が次から次に心に浮かんできたのだった。

今日ハルちゃんを見て思った。
「落ち着いた雰囲気の、素直な今風のいい感じの少年に育ったなぁ」
中学生になったハル君は、
つい先日、二週間ほど前に会った時よりもさらに背が高くなっていた。
おじいちゃんの背丈よりも高くなり、おじいちゃんの焼いた祝い鯛に大喜びだった。
サッカーが大好きな彼は 中学校でもサッカー部に入るという。
「楽しい中学生生活を送れますように
そう願っている。

家に帰ってきて、あらためてハル君の入学式当日の制服姿の写真を見て思った。
「お父さんそっくり!
親子というものは本当によく似るものだなぁ」

いい時間を過ごせた日だった。


b0344816_00233992.jpg
ハル・13歳


b0344816_00235833.jpg
12歳の長男(小6)と10歳の長女(小4)


b0344816_00391671.jpg
3歳のハル、おじいちゃん、老犬ポチ


おじいちゃんの焼いた祝い鯛
b0344816_00351843.jpg



# by PochiPochi-2-s | 2017-04-16 23:20 | 日記 | Trackback | Comments(6)

"すきとおる"

b0344816_14512235.jpg
フサスグリの花


この頃ニュースを見たり、聞いたり、読んだりしていると、
どうしてだろうとと思うことが多い。

ふと、まど・みちおさんの詩『どうしてだろうと』を思い出した。




どうしてだろうと

どうしてだろうと
おもうことがある

なんまん なんおくねん
こんなに すきとおる
ひのひかりの なかに いきてきて
こんなに すきとおる
くうきを すいつづけてきて
こんなに すきとおる
みずを のみつづけてきて

わたしたちは
そして わたしたちの することは
どうして
すきとおっては こないのだろうと…







# by PochiPochi-2-s | 2017-04-14 11:10 | 思い | Trackback | Comments(8)

桜吹雪

b0344816_19490830.jpg


先週の金曜日から降り続いた雨が止み、ひさしぶりにお日さまが顔を出した。
朝 肌寒く感じたが、午後からは少し暑いなぁと感じるくらいの陽射しになった。

絵の教室へと向かう阪急電車の車窓から、
満開の桜でピンク色に染まった五月山が見えた。
17年前の春 4月なかばも、五月山の3万本の桜は風に吹かれ、いっせいに花びらを
散らし、まるで桜吹雪のように宙に舞っていた。

その年もいつになく寒い春で、今年のように桜の咲くのが遅かった。
4月初め、実家の奥の和室には桜が咲くのを待ちわび、庭のハナミズキの花がやっと
ほころび始めたと喜ぶ母がいた。
前年の12月20日、母は待ち望んでいた80歳の誕生日を迎え喜こび、翌年の春の、当時下の弟が住んでいたアメリカ・ロスアンジェルスへの旅行を楽しみにしていた。
しかし、その4日後突然倒れ、病院に搬送されたのだった。CICU (coronary intensive care unit : 冠集中治療室)から普通病室に移り退院するまで2ヶ月あまりかかっていた。完治ではなく一応手続き上の退院で、倒れれば再び再入院ということだった。
3月初め母が退院した頃、運悪く高2だった次男の左足の骨にひびが入り、私が彼の通学の送り迎えをしなければならず、毎日母のことが気になりながらも なかなか思うようには和歌山の母のところへ行けない日が続いていた。
4月10日過ぎ 突然父から電話があった。再び母が倒れ病院に搬送されたと。
急遽駆けつけた病院の廊下で会った父の辛そうな、寂しそうな顔を今でも鮮明に思い出す。戦後の苦しいなか、共に力を合わせ、生活のために一所懸命働いて子供3人を育ててきた“戦友”とも言える妻が自分より先に逝ってしまうかもしれないというなんとも言えない苦しい、寂しい気持ちがありありとその表情に現れていた。
翌日 母は亡くなった。
お葬式が終わった次の日、何故か山一面に咲く桜を見たくて五月山まで見に行った。
当時、そこには3万本の桜の木が植えられていた。
散り始めていた満開の桜は風に吹かれ、まるで花吹雪のように宙に舞っていた。
いつまでも心に残る、印象深い光景であった。
「母は この桜の散り際のように、潔く、みごとにこの世から去って行ってしまった
なぁ」
なんとも言えない寂しさで胸がいっぱいになったのだった。
今日4月12日は母の祥月命日の日だった。
あの時からもう17年の年月が経つ。
「もう一度母の声を聞き、母と話をしたい」と頻りに思う自分に時々はっとする。





# by PochiPochi-2-s | 2017-04-12 22:50 | 思い出 | Trackback | Comments(2)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s