プラハ回想

朝起きると、主人が、CDをかけていた。
スメタナの交響詩『我が祖国』
曲は、私に「プラハ」への旅を思い出させた。

《スケッチ旅行記・モルダウ川》
b0344816_23230503.jpg

《モルダウ(ブルダヴァ)川》
b0344816_18283757.jpg

ずいぶん昔、当時、フルートを習っていた小学校5年生の長男が、
「我が祖国・第2曲モルダウ」を、毎日 一生懸命練習していた。
その年の発表会で吹く曲だった。
印象的だった。

その時以来、そのメロディーが、嬉しい時 悲しい時 いつも私の心の中を流れる。
「チェコとはどういう国なのだろうか?」
「モルダウ川とは、どのような川なのだろうか?」

私とプラハとの初めての出会いだった。


《プラハの春》
b0344816_23231710.jpg

1997年、春江一也著「プラハの春」が出版された。
偶然この本を見つけ、さっそく購入。夢中になって読んだ。

1968年、『プラハの春』と呼ばれるチェコスロバキアの自由化運動を、旧ソ連が
戦車で侵入、弾圧。この事件を背景に、若き日本人外交官と東ドイツ女性との間で
生まれた恋愛の運命を描いている。

「プラハの春」という言葉は知っていたが、実際には どういうことなのかは
全く知らなかった。チェコという国を知るにつけ、ますます この国に のめり
込んでいった。

プラハは美しい町だった。モルダウ川はゆったりと流れ、西岸にはプラハ城、東岸にはさまざまな歴史的舞台となった旧市街や新市街があり、“百塔の街”とも呼ばれて
いる。人々は、その長い歴史のほとんどの時代において、小国であるが故に大国の
狭間で侵略され、弾圧され、苦しい時代を過ごしてきた。しかし 民族の誇りを
失わず、忍耐強く、自らの言葉と文化を守り続けてきた。その人々の苦しみや哀しさ、時には楽しいことも全てを見つめ、呑み込み、留まることなく、静かにゆったりと
流れてきたモルダウ川。

「人々の心の支えとなってきたこの川を、いつかきっと見てみたい」

2011年の8月15日。夢が実現した。

モルダウの他に是非見て見たい場所があった。


b0344816_00585937.jpg
《バーツラフ広場》


「絶望の淵にある民族を解放するため、焼身自殺という手段を取ることにした。…
8月を忘れるな」

1969年1月16日、午後2時過ぎ。カレル大学学生、ヤン・パラフは、遺書を残し
バーツラフ広場、聖バーツラフ一世騎馬像の元で、焼身自殺をした。
翌17日死亡。軍事介入から約5ヶ月後。20年後、1989年12月、モスクワでの
ワルシャワ条約機構会議でプラハの春への介入は誤りであったと認められた。

当時いったい誰が想像できたであろうか?
わずか20年後に ソ連の崩壊が起こるとは。

「未来がわからない、見ることができないから、私たちは現在を必死に生きる。
それ故、一人一人の人生、生き方に価値があり、尊いのだ」と、思う。

1969年、私は大学1年だった。

b0344816_18285547.jpg
b0344816_23233214.jpg
b0344816_18280204.jpg
曲が終わった。

ふっと我に帰り、思い出から現実に戻った。
いつかもう一度、プラハの街を再訪し、ゆっくりといろんな場所を訪ねたい。

さあ、朝食!


# by PochiPochi-2-s | 2014-11-01 22:38 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

わっ、職人肌!

明日は 11月1日。下の弟の奥さん(義妹)の誕生日。

《わっ、職人肌! 鯛の姿焼き》
b0344816_17264135.jpg

今年の彼女へのプレゼントは、
1 鯛の姿焼き
2 焼き鯖寿司
3 〆鯖
4 ローストビーフ
5 エピナールのお菓子の詰め合わせ
6 ワイングラス(ドイツ製・ペアセット)
7 その他諸々

プレゼントを開けた時の彼女の嬉しそうな顔を想像するだけで、嬉しくなる。
こちらの気持ちまで嬉しく、ほんわかする。

今年も主人は頑張った。

【鯛の姿焼き、焼き鯖寿司、〆鯖】

すべて彼の手作り。
鯛の姿焼きに至っては、プロ級(?)の腕前! まさに職人肌。

「いよーっ、お見事!」

家族・親戚、みんなが喜び、期待する品。
時間はかかるが、味は抜群。
嬉しそうな笑顔を胸に、気持ちを込めて一生懸命作るから。
心が籠っている。

私の出番は、ローストビーフ。
試行錯誤の末、やっと辿り着いた。
単純な作業でありながら単純ではない、
なんとも複雑で、なんとも言えず単純。経験がものをいう(?)
このローストビーフもまた家族はじめ、友達を含めたみんなに喜ばれる品。
私の焼くチーズケーキやチョコレートケーキもまた然り。

以心伝心。
きっと、“相手のことを思いながら作る”こちらの気持ちが伝わるのだろう。

朝から 荷造りに忙しかった。
少々疲れたが、明日のことを思うと、元気が出てくる。

年に何回かの温かい心の交流。
相手のことを思い、プレゼントを選ぶ楽しさ。
その時間を心から楽しむことのできる自分。
至福のひと時。
豊かな気持ちになれる。

「今からテンション上がりっぱなしです!」
ユーパック到着時間を知らせる私のメールへの彼女の返信。

明日の彼女からの電話が待ちどうしい。
きっと楽しいおしゃべりになるはず。


# by PochiPochi-2-s | 2014-10-31 21:12 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
《伊丹空港》
b0344816_19291147.jpg

「今日か明日の午前中に伊丹の飛行場に行こうと思ってる。お母さんたちも来る?」
朝一番に、娘からメール。
天気予報によれば、明日はどうも雨らしい。今日行くことにした。

b0344816_19285524.jpg

夏に来た時は全く興味を示さなかった飛行機や自動車に、今日はくぎづけ。
少しわかってきたのか、つぶらな瞳で、ジーッと見つめていた。
彼の小さい頭の中で、いったい何を考えているのだろう?

🍁

思い起こせば、私が初めて伊丹空港に来たのは、昭和30年代、小学校の4年生
ぐらいの時だった。父と母と弟の4人で。和歌山から遠足気分だったに違いない。

当時あったのは、空港ビルと滑走路だけだったような気がする。
確か、ビルの側の地面に ロープが張られていて、それが境界線だった。
ロープの手前側にテーブルと椅子があった。
そこに座り、何か飲みながら飛行機を見た気がする。
手元に残る父の撮ってくれた写真が、その様子を物語っている。

その後、西宮に住んでいた学生時代に何度か遊びに来たことがあり、
空港ビルから延びるエプロンから飛行機を見ることができるので
楽しかったのを覚えている。

結婚してからは子供達を連れて、大阪からよく飛行機を見に来た。
初めて長男を連れて来た時は、まだ小さく、飛行機がわからずに
ペンギンのゴミ箱ばかりのぞいていた。
今では懐かしい思い出だ。

当時伊丹空港は、正真正銘の“国際空港”だった。
外国の飛行機がたくさん離発着していた。
外国の飛行機が大好きだった長男は、飛行機を見たくて足繁く通ったものだった。
いろんな国から来た人たちがたくさんおり、雰囲気も何かひと味もふた味も違って
いたように感じた。外国への憧れを掻き立てられた場所だった。

主人の職場で偶然出会ったドイツ人の友人メミングさんも、ご主人の仕事で
ハンブルグから伊丹空港に到着。4ヶ月後 再び伊丹からハンブルグへと飛び立った。
彼女は、私のあげたテレフォンカードの度数がなくなるまで飛行場の公衆電話で
私と話し、ドイツへと帰っていった。
20年以上も前のこと。今でも手紙の交換は続いている。
お互い、ずいぶん歳をとった。

1982年7月19日、初めてのヨーロッパへと飛び立ったのも、伊丹からだった。
成田経由でコペンハーゲンへと。主人と私、6才半の長男と5才の娘の家族4人で。
当日、雨と霧のため成田に降りることができず、飛行機は伊丹に引き返した。
翌日のことを考えると、どうしてもその日のうちに成田に着いておきたかった。
交渉の末、夕方もう一度、伊丹から成田へ飛び、空港内のホテルで一泊したのを
今でも鮮明に思い出せる。

伊丹空港には思い出が詰まっている。

でもまさか、この空港が“名前だけ”の国際空港になるとは!
当時、誰一人想像だにしなかっただろう。

今改めて空港ロビーに立つと、国際線があった頃の賑わいと雰囲気を思い出し、
少しさびしい気持ちになった。

時の流れを、今更ながら思い知った日だった。

またいつの日か正真正銘の国際空港に復帰してくれますように。

b0344816_19284283.jpg
《スターバックス》

空港内のスターバックスで、コーヒーとサンドイッチの昼食をとり、別れた。
バイバイが嫌で、別れたあと、怒ってしばらく泣いていたそうだ。

# by PochiPochi-2-s | 2014-10-30 22:23 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

少し変身! 秋の庭。

b0344816_16490452.jpg
《クリスマスローズ》


今朝、起きた時は少し寒かったが、朝から青空。
あまりにいいお天気なので、外出の予定を変更し 庭掃除をすることにした。

忙しさもあり、長い間 最低限の世話だけで、放ってしまっていた。
いつも思うのだが、気にかけて世話をすればするほど、植物は元気になる。
話しかければ応えるかのように。
「ごめんね」
こころの中で謝りながら、丁寧に手入れをした。

夏の間 強い日差しを避けるため、木陰の涼しい場所に避難させていたクリスマス
ローズを いつもの場所・欅の根元に置く。冬の間、日が当たり心地よい温度になる。

花の終わった黄花アキギリ、黄花ホトトギス、ウメバチソウ、イワシャジン、
大文字草などは、土を換え、植木鉢をひとまわり大きめにした。
それぞれ好みの場所に移動。来年また元気に咲いてくれますようにと願いながら。

スモークツリーやヤマボウシ、ハナミズキ、金木犀などは、不要な枝を剪定。
気がつくと、たくさんのビナンカズラの実が赤くなっていた。
絵に描きたい!
ホトトギスの花もあと少し楽しめるかなぁ?
秋のバラが、何本か咲いている。

ビロウドのような感触の紫色のセージの花が風に揺れている。
園芸種だが、カリガネソウによく似た花も今が盛り。
コスモスや紫色のススキのような穂を持つ草も元気だ。
ツワブキの黄色い花、アキチョウジの青みがかった薄紫の花、
まだまだ楽しめそう。

ヤマシャクヤクの芽もすでに土の中にできていた。

裏庭では、ローズマリー、レモングラス、レモンバーベナなどハーブ類、
スウィートバジル、ミツバまだまだ元気。
ブライダルベールの白い小さな花も満開。

秋の庭になった。

《庭からデッキを見る》
b0344816_16493626.jpg

明日は蒔き忘れていた花の種を、朝一番に巻くことにしよう。
少し遅れたが…
まず大丈夫だろう。

これから暫く、暖かい午後には庭の時間が楽しめるだろう。

# by PochiPochi-2-s | 2014-10-29 22:00 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
b0344816_18450386.jpg

本を開くと、リビングからの庭の写真。

続いて第1章

海と山の歴史のある町の谷戸で暮らして40年。常磐木も落葉樹も、花をつける木も
つけぬ木も、実のなる木もならぬ木も、それはそれは大きくなってくれた。冬には、
その枝で暖炉の薪もくれる。

この文章で始まる『庭の友と 辰巳芳子』の章の中に、次のようなくだりがある。

この頃、庭の友は、あなたとわたしは「きょうだい」よと云ってゆずらない。
人間という自然、あなたという自然を生きなさい。新しい歌を歌いなさいと
しきりにいう。きょうだい達と、一つ息吹、一つ光、一つ時間にあって、
うたうならば、何を謳おう。
「声明」ならね。
あのお歌なら、風土の声になるだろう。

料理研究家、辰巳芳子さんの本・『庭の時間』
季節ごとに、その時期の庭の木や花の写真、その季節に相応しい文章、
そしてレシピが 載せられている。

写真を眺めているだけで、心が豊かになるような気がする。
さらに、そこに書かれている文を読むと、何か、今まで知らなかったことを
気づかされたり、時には考えさせられたりすることが多い。
「豊かさ」とは何か?
つい考えてしまう。

10月の章 「物数を尽くす」の中に、次のような文がある。

稽古は練達を招き、練達がほんとの洞察力をそだてます。洞察は想像力の源泉
ですから。練達まで、稽古出来る人は幸せ者です。

強き稽古、物数を尽くせよ (世阿弥)

私の稽古人生を励まし続けていただいた言葉です。

レシピは、柿の葉寿司。
彼女のお母様が、“よりよくと心づかいを尽くし口や言葉ではあらわせない何かを経験によって自ら会得した”結果生まれた柿の葉寿司のレシピ。

何事においても、真摯に取り組み、心を尽くして努力することが必要なのだろう。

読むと、心豊かになる本、ずーっと側に置いておきたい本の中の一冊だ。


# by PochiPochi-2-s | 2014-10-28 22:30 | 読書 | Trackback | Comments(0)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s