<   2017年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

夕焼け

b0344816_21190202.jpg

b0344816_21191337.jpg

b0344816_21211574.jpg

夕方水泳から帰り、ふと山の方を見ると、
夕焼けが西の空に見えた。
慌てて2階のベランダに駆けあがった。
西の山の向こうに陽は沈もうとしていた。
最後の一瞬の輝き。
空高くに三日月。
空港を飛び立った飛行機が飛んで行くのが見える。
何気なく頭上を見上げると、
夕焼けの光が反射してうす〜い綿あめのような雲がわずかに赤く染まっていた。

突然、吉野弘の詩「夕焼け」を思い出した。

夕焼け

いつものことだが
電車は満員だった。
そしいつものことだが
若者と娘が腰をおろし
としよりが立っていた。
うつむいていた娘が立って
としよりに席をゆずった。う
そそくさととしよりが座った。
礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。
娘は座った。
別のとしよりが娘の前に
横あいから押されてきた。
娘はうつむいた。
しかし
又立って
席を
そのとしよりにゆずった。
としよりは次の駅で礼を言って降りた。
娘は座った。
二度あることは と言う通り
別のとしよりが娘の前に
押し出された。
可哀想に
娘はうつむいて
そして今度は席を立たなかった。
次の駅も
次の駅も
下唇をキュッと噛んで
身体をこわばらせてー。
僕は電車を降りた。
固くなってうつむいて
娘はどこまで行ったろう。
やさしい心の持主は
いつでもどこでも
われにもあらず受難者となる
何故って
やしい心の持主は
他人のつらさを自分のつらさのように
感じるから。
やさしい心に責められながら
娘はどこまでゆけるだろう。
下唇を噛んで
つらい気持ちで
美しい夕焼けも見ないで。





by PochiPochi-2-s | 2017-09-24 23:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0344816_22074614.jpg


「あらッ、いいなぁ〜。
昔よく買っていた山渓のフラワーカレンダーやアルパインカレンダーみたい。
どのページを開いても山の写真を見ることができるし、
その写真を見ながらいろんなことに想いを馳せることができる。
きっと秘密のひとり時間を楽しめる!」

昨日のNickさんのブログでこの本が紹介されていた。
アップされていた写真を見、説明されている文章を読んでいるうちに、
どうしてもこの本を手元に置きたくなってしまったのだった。
すぐにアマゾンで調べ、注文した。
嬉しいことに、今日出かける直前に届き、早速持って出かけたのだった。
持っているだけで、何だか心楽しくハミングが出てきそうだった。

ああこの山。あああの山。あの時はこうだったなぁ。いつも笑い声があって楽しかったなぁ。
快晴だったなぁ。横なぐりの雨だったなぁ。台風の大雨だったなぁ。
疲れてふと足元にみたチングルマやハクサンフウロ ……

山や高山植物の花の写真を見、登山道・地図コースタイムや山小屋・施設情報をみていると、
何故だかわからないがワクワクしている自分に気がつき、思わずひとりクスッと笑ってしまったのだった。

これから きっと楽しい時間が増える!

※ 9/24 追記
Nickさんの説明によれば、高山植物136種の内、39種はNickさんの写真だそうです。
画像の提供者は8名で全員素人ということです。


b0344816_23135081.jpg

b0344816_23183237.jpg


b0344816_23180853.jpg


b0344816_23184945.jpg


b0344816_23190636.jpg


b0344816_23192731.jpg


More もうひとつの楽しみ
by PochiPochi-2-s | 2017-09-23 23:36 | 読書 | Trackback | Comments(4)

秋! - 冬ヴァージョン -

b0344816_22491525.jpg


名にし負(お)はば 逢坂山(あふさかやま)の さねかづら
人に知られで くるよしもがな

三条右大臣(25番) 『後撰集』恋・701

今朝庭の片隅に、色づき始めたさねかづらの実を見つけた。
「ああもう秋だな。季節が移っていく。植物は正直だなぁ」
そんなことを思った時、この歌を思い出した。


庭のさねかづら
b0344816_10062730.jpg



何時もなら徐々に秋がやって来るのに、今年は何だか突然秋になってしまったような気がする。
今が冬ヴァージョンへの替え時かと、昨日は部屋の模様替えに精を出した。
夏用の籐の敷物から冬用の絨毯に敷き替える。
今までなら何でもなかったことが、段々と億劫になり時間がかかるようになってきた。
「さあ、替えるぞ」
かけ声とともに始めたのだった。
終わってみると、やはり暖かく、夏とはまた違った気分で気持ちがいい。
いよいよ寒さに向かうのだという気持ちの張り合いもできるような気がしたのだった。
夜、秋の虫の音が心地よかった。



庭のコスモスも咲き始めた
b0344816_09572549.jpg


More 南アルプス縦走
by PochiPochi-2-s | 2017-09-22 14:05 | 日記 | Trackback | Comments(10)

わぁッ、恐竜の絵本!

b0344816_22292915.jpg


「わぁッ、恐竜の絵本や!」

この夏、恐竜に夢中だった。
会いに行くたびに、分厚い恐竜図鑑を引っ張り出してきては
小さな目を輝かせながら私たちに説明していた。
ありったけの知識を駆使して喋り続けるエネルギーに圧倒された。
夏の休暇の間に、お父さんに福井県にある恐竜博物館にも連れて行ってもらった。
夏の間中、私が買ってあげた半袖の恐竜プリントのTシャツ2枚を繰り返し着て、
それ以外は見向きもしなかったらしい。
『夢中になれることのすばらしさ』
そんなことをもう一度、リョウちゃんから教えられた気がした。
かつての次男の小さい頃の姿に今日リョウちゃんが重なった。
「好きなことには思いっきりのめり込めばいい。がんばれ!」

今日、9月20日。リョウちゃんは4歳になった。

※保育所のおかえりの時間に合わせ、誕生日プレゼントの『恐竜の絵本』を持っていった。大喜びだった。



b0344816_07210331.jpg
恐竜の絵本の中の1ページ


b0344816_22535941.jpg
注文した誕生日ケーキ
さすがプロ。
私には作れない。

「誕生日だから欲しいと思うケーキはなんでもいいよ。買ってあげる」
日頃厳しいお母さん(娘)がそう言うと、
「このケーキ!」

あとで値段を聞いてびっくりだったらしい。


♧ ♧ ♧


できた!
僕も頑張ったよ。
寝返りができたんだ♪
(エイちゃん)

b0344816_22240330.jpg

b0344816_22245919.jpg

b0344816_23072581.jpg

b0344816_22252279.jpg
わあ、世界が違って見える!







by PochiPochi-2-s | 2017-09-20 23:26 | 日記 | Trackback | Comments(12)

予定変更やったなぁ

b0344816_22250370.jpg
ガレージで絨毯を洗う


「今日は 思わぬ予定変更やったなぁ。
明石大橋が見える大蔵海岸にある露天風呂に行こうと思ってたのに。
思ってもみなかった絨毯を洗う羽目になるとはなぁ」

夕方、郵便局、銀行、スーパーへと自動車で出かけた時、主人はそう言ってぼやいた。

朝、あまりにも天気がよく、海を見に行きたくなったようだった。
明石までドライブするなら、台風の風雨で汚れた自動車を、先ずは洗車してきれいにしてから
走りたかったらしい。

しかし、欅の木陰で自動車を洗っている最中にふと思った。
「モッちゃん(娘)が使っていたあの絨毯、洗ってみたらきれいになるやろうか?
どうせそんなに上等なものではないはず。ゴシゴシこすっても大丈夫。
そしたらまた使えるかもしれへんなぁ」

昔は子ども達の運動会の頃、3階のベランダで、私がよく絨毯を洗ったものだった。
洗い終わった後、1〜2日 陽に当てて干しておくと気持ちよく乾き、何よりも足裏に感じる
ふんわりとした感触が心地よかった。
車を洗いながら、その感触を突然思い出したらしい。
「今日は自分が洗うのだ」と張り切ってガレージで洗い始めた。
洗剤とタワシがわりのモップを用意し、お風呂の残り湯を運んだ。
あとは時々見に行くだけで全部任せることにした。

「せっかくやから写真に撮っておいて。まあなんとか少しはきれいになったから」
外から声がかかり見に行くと、
完全とは言えないまでも、まあなんとか使える程度に汚れは落ちていた。
「ありがとう。嬉しいわ。テーブルの下に使えるかも」
感謝!


b0344816_22253813.jpg


More その間、私は
by PochiPochi-2-s | 2017-09-19 23:35 | 日記 | Trackback | Comments(10)
b0344816_14230383.jpg


台風一過。
朝から青空が広がった。
日除けの簾を取り除いた、ウッドデッキの透明ポリカーボネード板の屋根を通して
青空が気持ちよく見える。
久しぶりの爽快さ。
「さあ!」と、洗濯機を2回まわし、裏庭いっぱいにたくさんの洗濯物を干した。
これといって被害はなかったが、強風で傷んだ草花の掃除にも精を出した。
お昼近くまでかかり少々疲れたが、
自分の気の済むように掃除をし終えた後の心地よさは、何物にも代え難い。


b0344816_14241376.jpg


b0344816_15223691.jpg


うふふ。成功かな?
先日 自然にできた網ほうずきをこのブログに載せた()のだが、
その時ブログ友のjarippeさんから「自分でも作れるよ」と教えてもらい、
自分でも作って見たいなぁと思っていた。

「わあ、ほうずき! ふふ、試してみたいなぁ。うまく作れるかなぁ」
先週の絵の教室に先生が「この色があまりにもきれいだったから」と、
美しい朱色のほうずきを持っていてくれていた。
偶然のことだった。
私の他にも もう一人、試してみたいという人がいた。
思ってもみなかったことで、
「わあ、同類項がいた」と、嬉しくて一人ひそかに心の中で拍手をしたのだった。

早速もらって帰って水に漬け、上からお皿で押さえておいた。
ほぼ毎日水を代え、あれから5日目。
今日ふっと見ると、
「あっ、うまくいきかけている!」
昨日までは何の変化もなかった皮が崩れ始め、網模様が見え始めていた。
ルンルンルン🎶
思わずスキップしたくなるような、そんな弾んだ気持ちになった。

先週の絵の教室で、
「いやぁ、もうあんな細かい絵はもう描かれへんわ」と言いながらも、
先生は網ほうずきの絵の描き方をアドヴァイスしてくれはった。

「この網ほうずきが上手くできたなら、自然にできた網ほうずきと自分で作った網ほうずきを
並べて絵に描いてみたいなぁ」

そのような気持ちになったのは不思議だった。

台風一過。
気持ちまで変化するものかと驚いたのだった。


More 待ち望んでいた花芽
by PochiPochi-2-s | 2017-09-18 16:01 | 趣味 | Trackback | Comments(8)

台風接近

b0344816_22062469.jpg
街灯に照らし出される雨
(手前は門灯)


b0344816_22071273.jpg
10:00pm、テレビ画面より



この台風18号が突然日本の方に方向転換をした時から何かしらいやな予感がしていた。
でも、まさかこのようなコースを辿るとは!
九州をかすめ、四国に上陸。斜め北東に四国を縦断し、瀬戸内海へ。再び明石付近に上陸。
私の住んでいる町は、幸いほんのわずかそれてくれたので、ホッとしている。
雨も風も思ったほど強くはならず、幸運だったのだろう。

しかし、テレビをつけると、九州での激しい風雨の様子が放送されていた。
テレビ画面に映し出される大雨による、突然の急激な増水、川の氾濫の様子。
被害に遭われた人たちの恐怖がひしひしと伝わってくる。
台風が過ぎ去った後、一日も早く元の生活に戻ることができますようにと願わずにはおれない。

さて、私の住む町で雨風が最も激しかったのは、夜10時前後頃。
今はもう過ぎ去ってしまったのか静かである。
明日は晴れるだろうか?


by PochiPochi-2-s | 2017-09-17 23:40 | 日記 | Trackback | Comments(6)

できた! - 絵筆入れ -

b0344816_23343666.jpg

b0344816_20303240.jpg


b0344816_20290552.jpg


台風の影響で、今日は一日中雨、特に午後からはかなりの雨が降るとの天気予報だった。
落ち着いて絵を描くには格好の"絵日和"だが、
ここ2週間ほどのセンニンソウの絵の構図に疲れ、今日も描こうという気にはなれなかった。

「そうだ、気分をかえて懸案の絵筆入れをつくろう」

今まで使っていた絵筆入れは、お土産に貰ったゴディバのチョコレートが入っていた細長い箱。絵筆の長さと箱の長さがぴったりと合い、長い間重宝していたがついに角から壊れ始めていた。
そんな時だった。
「おやっ? いいなぁ」
すてきな絵筆入れを絵の仲間が教室に持ってきていた。
友人から貰ったもので、書道の筆を持ち運びする時のものだと言っていた。
見せてもらうと、自分で作れそうな気がし、そのうちに作ってみようと思ったのだった。

朝から手持ちの布地をひっぱり出し、買っておいた芯(100均の巻簾)を中に入れ作り始めた。
ミシンもいいが、時には手縫もいいのではないかとミシンを使わずに作ることにした。
製図もいい加減。
適当に線を引き、物差しで長さを確かめることもなしに始めた。
試行錯誤を繰り返し、縁取りにオレンジ色の糸で縁かがりの刺繍もした。
ちょっと雑いが、チェーン刺繍でイニシャルも入れた。
紐もつけてみた。

うん?
なんとか使えるかな。

朝から取りかかり、完成したのは夕方だった。

ああ 疲れたぁ〜。
でも明日からは、この絵筆入れを見るたびにきっと心楽しいはず。
明日に続く楽しい一日になったのだった。



b0344816_23364174.jpg
ゴディバのチョコレートの箱




b0344816_20274303.jpg
台風の影響で朝から雨。
風で飛ばないように植木鉢を全部下におろす。



by PochiPochi-2-s | 2017-09-16 23:48 | 趣味 | Trackback | Comments(8)
b0344816_21163217.jpg
ある日の主人がつくった朝食



「えっ、この記事… おんなじことやっている男の人(夫)がいるのだ。
しかも2人とも80代。びっくりやなぁ…」

絵の帰り、ちょっと思うことがあり気分を変えるためにいつものように本屋さんに立ち寄った。
「この雑誌、発売日は昨日だったんや。
ここ一週間、あまりにもセンニンソウの絵のことばかりで頭がいっぱいやったから
気がつかなかったんやわ」(※ 「婦人の友」10月号・2017 October)

ふっと手に取りパラパラとページをめくった。
その時この言葉、「これはまかせて。朝食づくりは夫の仕事」が目に飛び込んできたのだった。

記事は退職後奥様に代わって朝食作りを始めた2人の男性(共に80代)が紹介されていた。

【一人目・A】
・17年前のリタイア後、奥さんに朝食づくりを申し出て、快諾を得て以来、食材の買い出しから食後の食器洗い、収納までを担当している。
・最初に伝授されたのは1日の食費予算と食品の目安量。
初めはハカリで野菜を一つひとつはかるところから。今は目ばかり・手ばかりができるようになった。
・散歩がてらに近隣のスーパーを覗くうち、同じものでも大きく値段が違うことを発見。
現在では、底値が頭に入り、ほとんどの食材調達は夫になった。
・夫が朝食づくりをしている間に奥さんはテレビ体操、掃除を終える。7時に食卓に。

お互い、自然に「お疲れさま」の言葉をかけ相手をねぎらい、和やかに会話が弾むという。
朝食づくりを始めたきっかけは、退職後、ふと、飲み会で言った先輩の言葉・「定年がない妻を思い朝食づくりをしている」だった。

《朝食》
おかゆ、おかゆに入れるトッピング、野菜7種類以上、温泉卵、 チーズ、果物。
《妻の意見》
・在職中はほとんど食事づくりとは無縁だっだので、将来一人になっても困らないようになればと歓迎した。
・幸いこの17年間1日も欠かさず続き、夫が夫妻の日は必ず妻の分が用意されている。

【二人目.・B 】
・夫81歳、妻79歳。
・単身赴任中の料理の腕を磨く。
・8年前(73歳)から朝食担当する。
・最近妻は腰や肩を傷めて軽々と家事をこなすのは難しくなったが、
朝食の準備を手助けと考えたことはない。
・つくりながら、味わいながら、海外や国内の赴任地で出会った人々とつながっているひと皿を作り続けている。
・あわただしく朝食をとる必要がなくなったので、1日の始まりを妻とゆっくり楽しむ。

《朝食》
オムレツ(その時々のアレンジ有)、ベーコン、野菜サラダ、妻の焼いたパン、果物とヨーグルト、コーヒー。
《妻の意見》
・仕事で東南アジアはじめ、国内、各地で生まれたつながりが献立にも生きている。
・夫は1日3食の後片付けにごみ出しもななくこなす日々である。
・お互いに感謝を口にすることを、忘れないようにしている。

まず朝食づくりをする夫の年齢に驚いたのだった。
そのうえ、つくられた朝食のバランスの良さ。
「これは負けてはいられない」と思うような朝食である。

私の家の場合は、ひとまわり年上の友人の一言(「主人の退職後、『映画のワンシーンのように一生に一度でいいからベッドで朝食をいただきたいのよ』と言ったら、朝食担当になってくれたのよ」)を聞き、主人が朝食をつくるようになったのだが、完全退職後朝食をつくり始めた当初に比べ 、最近はぐっと上達したように思う。
「男性もやればできるのだ。実際、学生時代のクラブの男子たちはみんな料理ができたじゃないか。合宿のため必要に迫られてだったが」とこの記事を読んで改めて思った。
また.自分の主人の日々の努力と、夫の料理訓練に励むブログ友や彼女の友人たちの奮闘ぶりを思い出していた。

このタイトルのような"朝食を担当する夫族"が増え、その光景がごく普通のものになる時がいつかくるのだろうか?
妻が朝食作りから解放される日がくれば、もう少しゆとりを持つことができるかもしれない。
そう思ったのだった。

♧ ♧ ♧

ピッカピカ!
冬用の絨毯にする前にワックスがけをしてくれた。
これも、我が家では 夫の仕事。

b0344816_16041014.jpg


More あのアオツヅラフジが
by PochiPochi-2-s | 2017-09-14 23:26 | 思い | Trackback | Comments(8)

一瞬の出会い

b0344816_21380742.jpg

「まあ! ビルの壁にも空が広がっている。美しいなぁ」

絵の教室のある建物のガラス壁に青空が映り込んでいた。
まるでそこにも空があるように。
しばらくじっと眺めていた。
心の中にパッと何かが広がった気がし、思いっきり絵が描けるような気になった。
一瞬の出会い。
一期一会。

イシミカワヤマジノホトトギスの組み合わせで描くことにして2時間集中できたのは、
このガラスに映った青空が心の中にあったからかもしれなかった。

さあ、どのような絵が描けるのかな。
イシミカワの実の色が美しい。
野葡萄の実の色のよう。
楽しいなぁ。


b0344816_00063591.jpg
イシミカワの実

(きれいな写真が撮れなかったのでWeb siteから拝借しました)




by PochiPochi-2-s | 2017-09-13 23:26 | 日記 | Trackback | Comments(2)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s