<   2017年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

遥かな友に乾杯!

b0344816_18235213.jpg
トリーア大聖堂
(Web siteから拝借しました)



最高気温36.4度の頭がくらくらとするような暑さの午後、長年の友人リさんから嬉しいメールが届いた。ドイツ・トリーア大学内にある中国文化センター(Cofucius institute)からの inviation letterが添付されていた。
「やったぁ!」
嬉しくて、思わず大きな声で叫んでしまった。
まるで自分のことのように嬉しかった。

約一ヶ月前、彼女はメールで私に知らせてきていた。
「私の勤務先の大学がヨーロッパで設立した中国文化センターが中国語を教える人を募集していたのを知り、もう一度海外で働きたいと思い、申し込み書類を大学の方に提出した。今 結果待ち。わかり次第あなたに連絡する。この前行ったイギリス以外のヨーロッパの国になると思うが、どこの国になるかは今はわからない」

この一ヶ月、結果を知らせる彼女からのメールを心待ちにして過ごしてきた。
今度はどこの国に行くのだろうか?
中国のパスポートについてはよくわからないが、赴任先の国以外の国への移動や旅行は許されないというから、国土の広い、訪れる場所の多い国だといいのになぁ。
イギリスから中国に帰って早4年が経った。そろそろもう一度海外へ行きたのだろうなぁ。
思いっきり自由にものを言いたいのだろう。
あの中国で、全く自分の能力だけで、自分の進みたい道を切り開いていこうと頑張っている。なんてすごい、エネルギッシュな人なんだろう。
そう思っていた。

しかし、ドイツとは夢にも思っていなかった。
ましてアルザス-ロレーヌに近いトリーアだとは。
できたら、以前から何度も私に言っていたフランスに行きたかったのだろうが、
ドイツもまた彼女にとっては印象に残る魅力的な国になるだろうと思っている。
そして何よりも中国とドイツは貿易で強く結びついている。
持ち前の明るい笑顔と熱心さで、彼女なら、きっとそこでいい仕事をするだろう。
今年の9月からの2年間、彼女はドイツで生活をすることになる。
来年か再来年の夏、私も再びドイツに行き、彼女と思いっきりおしゃべりをしたくなった。
さぁ、再び英語のブラッシュアップをしなければ。

夜、リさんとの出会い、彼女の住む厦門(アモイ)への旅行、イギリスへの旅行などを思い出し、彼女の大ファンである主人と二人で、遥かな友に梅酒で乾杯をしたのだった。
遠い日本からエールを送りたかった。


遥かな友に

しずかな夜ふけに いつもいつも
おもいだすのは おまえのこと
お休みやすらかに たどれ夢路
お休みたのしく こよいもまた

あかるい星の夜は はるかな空に
おもいだすのは おまえのこと
お休みやすらかに たどれ夢路
お休みたのしく こよいもまた



by PochiPochi-2-s | 2017-07-20 23:13 | 思い | Trackback | Comments(0)
b0344816_23265003.jpg


ピピピピ-、ピピピピ-。
この前の日曜日(7/16)の朝、食洗機の警告音が鳴った。
「うん? 何にもしてないのに… なんで鳴るん?」
いつものように食洗機を使って食器を洗っていた。
警告音はなかなか鳴り止まなかったので、一時停止のボタンを押した。
しかし、ボタンのスイッチが効かず、食洗機は一時停止しなかった。
「故障かなぁ……」
停止ボタンのスイッチも効かなくなっていて、モーターだけが空回り(?)しているようだった。
「また私が壊してしまったのかなぁ……」
急遽修理センターに電話をかけたが、運悪く休日。
連休明けの昨日(火)に再度電話をかけ、今日の修理となった。

故障の原因を作ったのはやはり私だった。
私壊す人』の汚名はなかなか晴らせない…
説明を聞いてはじめて、食洗機の構造を全く知らず、自分勝手に使っていたことに気がついた。
食洗機は、食器を入れ、スタートボタンを押すと同時に、食洗機内部の上部にある蓋(構造をよく知っていて、食洗機の中の上部を覗き込まない限り目につかない)が上から降りてきて、きちっと蓋をし、その食洗機という密閉された箱の中で食器を洗うことになる。
食器の入れすぎから、上部にある蓋がきちっと密閉されず、少し外に漏れていたらしい。
食洗機の深さを考えずに、上部ギリギリぐらいなら大丈夫だろうと安易に考えていた結果だった。
そのことの積み重ねで、モーターに支障をきたし、警告音となったらしい。
私の不注意からくるものだった。
修理は、モーターの交換でだけですみ、出張費、修理費を合わせ23,000円余。
高い授業料だが、ほっとひと安心だった。

梅雨が明けた暑い日の出来事だった。


b0344816_00231515.jpg

庭には夏本番を感じさせる蝉時雨。
鬼百合も今日はじめて咲き、
庭のもうひとつの風蘭も満開になってきた。


b0344816_23254965.jpg



b0344816_23260763.jpg



by PochiPochi-2-s | 2017-07-19 23:23 | 日記 | Trackback | Comments(4)
b0344816_19443866.jpg


昨夜天気が急変し、かなりの雨が降ったが、今朝は晴れていた。
水遣りの必要がなかったので、早いめに洗濯物をほした。
最近まであまり鳴かなかった蝉が、今日はいつになくやかましく鳴いていた。
蝉の鳴き声でやっと夏がきたように思う。
「暑いなぁ。いったい何度ぐらいまで上がるのだろうか?」
空は青空。いい天気だった。
朝食後、布団も干した。

しかし、突然天気が急変した。
パラパラパラパラと音が聞こえた途端だった。
慌てて布団を取り入れ、洗濯物をいつもの屋根の下に移動させた。
二階の窓も全部閉めた。
みるみるうちに激しく雨が降り出し、雷も鳴った。


b0344816_19450791.jpg


昼食の頃、雨はやみ 青空になった。
雲は多かったが、所々に青空も見えた。
再び蝉がやかましく鳴き始め、やはり夏だなぁと嬉しくなった。
エイちゃんに会うため、娘の家に出かける。
スイカ、頼まれていたヒジキの煮物、切り干し大根の煮物を持って。


b0344816_07412060.jpg


抱っこしたり、あやしたり、娘と話をしたり。
まるまると太り、体重も5.8kgになった。
よく笑うし、私の呼びかけにまるで返事をするかのように声をだす。
何よりもリョウお兄ちゃんの声 あやし方が一番好きで、よく笑うという。
「嬉しいなぁ。こんなだったのかなぁ…」と、その成長にびっくりしてしまった。



b0344816_19464392.jpg


夕方再びパラパラパラパラと音が聞こえはじめ、朝以上に激しく雨が降り出した。
雷も鳴っていた。
「そろそろ梅雨も終わりなのだろうか?」
そう思うほど大きな雷鳴を伴う激しい雨だった。
小一時間ほど激しく降り、夕食時にはすでにピタッと止んでいた。
外出していた主人が「駅でしばらくの間雨宿りしていた」と、帰ってきてから言っていた。
気温は急激に下がり、かなり涼しくなったのは嬉しいことだった。
少し寒く感じるくらいである。

それにしても、
晴れ → 雨 → 晴れ → 雨 →晴れ と、天気がめまぐるしく変わった1日だった。


夕方のニュースで、聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さんが亡くなられたことを知った。
105歳だったそうだ。
生涯現役を貫き、高齢者の一つの生き方を私たちに提示された人であった。
日野原さんの働く姿をテレビや雑誌などで拝見するたびに、
只々すごい人だなぁと感嘆するばかりであったが、
その精神を少しでも見習いたいとも思ったものだった。
冥福を祈りたい。



by PochiPochi-2-s | 2017-07-18 23:31 | 日記 | Trackback | Comments(4)
b0344816_13173090.jpg
7月半ばの野ばら


「おはようございます。この薔薇、きれいでしたね。
咲くのはあの時期だけですか?一年に一度だけですか?
犬の散歩の度に楽しませてもらってたのですよ。私も花が好きなので」

今朝6時半過ぎ、外で水遣りをしていたとき、背後から声がした。
振り返ると、近所のTさん夫婦だった。
16歳の大きな黒のラブラドールを連れていた。
犬の散歩で うちの前の坂道を上り、裏山の裾にある公園まで行ってきたらしい。
犬も16歳になると、いろんな病気が出てきてなかなか大変らしい。
しかもラブラドールは身体が大きい。
自分の体重を支えながらの坂道の上り下りはきついだろう。
見ていてかわいそうなほどフラフラになっている。
坂の上にある公園までの途中でいつも何度か休憩をし、なかなか前には進まないという。
その休憩場所の一つが私の家の前だ。
顔を合わした時は、花好きの奥さんと花の話をし、
犬を引っ張る係のご主人とは、かつての我が家の愛犬ポチの話を混じえ犬の話をする。
しばらく話した後高齢のラブラドールはむっくりと立ち上がり、またヨボヨボと歩いて行った。
少し休憩ができ、もう一度歩く元気が出たのだろう。
「しっかりね! この暑い夏をがんばって乗りきるのよ」
心の中で励ましていた。
Tさん夫婦に大事にされ、十分世話ををしてもらっていることがありありとわかる穏やかな優しい目をしていた。


「前にこのバラをもらってありがとう。もらった枝は全部挿し芽でついたわ。どの枝も、いま生き生きしています。来年が楽しみやわ。お礼を言うのが遅くなってしまってごめんね」

また背後から声がかかった。
やはり近所に住む別のTさんだった。
彼女と顔を合わすのは、ずいぶん久しぶりだった。
野ばらモーツアルテムが満開だった時、「挿し芽をするために何本かいただけないでしょうか」
と頼まれ、新芽を切って彼女にあげたのだった。
私が教えたとおりに挿し芽をし、見事に全部の枝がついたという。
嬉しそうな笑顔で話してくれた。
聞いている私も嬉しくてお互いに笑いながら喋っていた。
滝への途中にあるお寺の前にある広場で、毎朝開催されているラジオ体操の会に出た帰りだという。家から往復すると5〜6000歩くらいだが、行きは坂を下り帰りは坂を上る。そのうえに ラジオ体操第1と第2。かなりの運動量だと思う。
「これからもよろしくね」
お互いに笑顔で言葉を交わし、彼女は帰っていった。
来年の春、きっときれいな野ばらが彼女の庭で咲くことだろう。
その時はお願いして見せてもらおうと秘かに思っている。

そのほかにもたくさんの人が通る。
会社に行く人、もう少し遅くなれば小学生や中学生たち、知り合いの人、
顔だけを知っている人、全く知らない話をしたこともない人等々。
でもなぜかみんな笑顔を交わしながら通り過ぎて行く。
心地よい一日の始まりの時間である。



気がつけばいつの間にか今日はもう17日。
遅ればせながら7月のカレンダーをここに載せておこうと思う。

《七月のカレンダーから》
b0344816_17120838.jpg
リビングのカレンダー(7・8月)
パリ街景/フランス
小田切 諭

パリのどの辺りだろうか。
パリにはもう一度行きたいと、最近よく思う。
しばらく滞在し、行きたいと思うところを訪ねて回りたい。


b0344816_17041738.jpg
農鳥岳山頂から富士を望む(南アルプス農鳥岳より)
清水隆雄

日本山岳写真協会のカレンダー
日本の名山・7月

山好きな私のために
Nickさんがわざわざ送ってきてくださったカレンダー。

懐かしい南アルプス。
今でも一番印象深く、
何故かしら北アルプスよりずっと好き。
振り返れば、あまりにもいろんな思い出が多い場所。
いつでもあの輝いた目をしていた青春時代に戻れる場所。
いつまでも心の奥底にしまっておきたい場所。
毎朝このカレンダーを眺める度に、
もう一度行きたいなぁと思う。



b0344816_17042819.jpg
絵の先生のカレンダー・7月
トキソウ(ラン科)

いつも意外な構図を考えられ、
ハッとする。



b0344816_17040745.jpg
JR東のカレンダ・7月
リゾートビューふるさと(大糸線/白馬 - 信濃森上)

懐かしい景色。
じっと眺めていると、
子供たちが小さかった頃よく通った信州の思い出が蘇ってくる。
楽しい、嬉しさいっぱいの明るい、はしゃいだ声、
大きな笑い声、はちきれそうな笑顔等々。
当時の声までも聞こえてくるようだ。




by PochiPochi-2-s | 2017-07-17 20:00 | 日記 | Trackback | Comments(6)

暑い日の午後

b0344816_17501775.jpg


昨日電車の中で読み始めたのは、
先週偶然出会い、購入した4冊のうちの『モルダウ河の淡い影』だった。
「やはりそうだろうなぁ」と思いながら表紙を開いた。

1968年8月のプラハ、あの『プラハの春』- "人間の顔を持った社会主義"を目指したチェコの人々の夢 - が突如侵入してきたワルシャワ条約機構軍によって踏みにじられたプラハから話が始まってたる。

読み進めるにつれて、以前春江一也のプラハの春を読み、深く心に残ったチェコスロバキアという国の歴史、大国の狭間で翻弄され続けてきた小国の歴史を思い出していた。
小説の舞台になったプラハという街、そこに住む人々に興味を持ち、いつかプラハに行ってみたいと願っていた頃の気持ちや6年前やっと訪れることができた時の喜びを思い出していた。

今日も午後から最高に暑かった。
本を読むのは夜で午後からは絵を描こうと思っていたが、
昨日読み始めた『モルダウの淡い影』の続きを読みたい気持ちを抑えることができず、
読み始めたのだった。
いったん読み始めると、その本の世界にはまり込んでしまっていた。
ふと気がつくと、主人が何か話しかける声が聞こえた。
「あまりに暑いので プールへ泳ぎに行かないか」ということだった。
読み始めてから、時間がかなり経っていた。

水泳教室も夏休みを控え、9月までの休みに入っている。
教室最後の日に、『これからは自主練習よ。きっと 出てくるのよ」と、
水泳仲間から冗談半分に言われていた。
「こんなに暑い日はプールで泳ぐのももいいだろう」
そう思い出かけた。

連休のためか子供連れの家族で水泳を楽しむ人たちがたくさんきていたが、
泳ぎたい人たちのレーン、水中歩行したい人たちのレーンは確保されている。
3週間ぶりの水泳は、体が水に慣れず重く感じ、少しきつかった。
しかし、クロールと背泳はそれなりには泳げた。
あとは平泳ぎの練習かと思いながら、ほぼ一時間、休憩しながら泳いだ。

「まあ、なんとか泳げるようになったやないか。背泳はきれいに泳げているわ。
あとはクロールの息継ぎが上手くなればもう少し楽になると思うで」

今日は、水泳を習い始めて やっと水泳が楽しいと思えた日だった。
「この夏、暑い日にはプールへ行って泳ぐのもいいなあ」と思えた午後でもあった。




by PochiPochi-2-s | 2017-07-16 22:51 | 日記 | Trackback | Comments(2)
b0344816_20155012.jpg
JA大阪駅構内
(環状線のホームから撮影)


ちょっと早い目の昼食後、暑い最中、所用があり大阪市内へ向かった。
日頃それほど多くの住人が住んでいない地方都市に居住する者にとっては、
阪急梅田駅、JR大阪駅のある大阪の北の玄関、梅田の人の多さには辟易する。
阪急梅田駅からJR大阪駅までの通路は、土曜日の午後という時間帯からか、
すごい数の人の流れで、横切るのも大変なくらいだった。
思わず息苦しさを感じた。
気温30度は優に超える暑さ、途方もない人混み。
JR大阪駅で乗り換えた、目的地に向かう電車もまた大混雑していた。
大半の人たちは多分USJ(ユニヴァーサル・スタジオ・ジャパン)へ向かう人たちだろう。
西九条駅で降りていった。

少し前までなら、また、まだまだ若かった頃は 梅田に行くのが楽しかった。
人混みなど気にもかけず、子どもたちが幼稚園や小学校に行っている間、
まるでひとり時間を楽しむかのように、一人で梅田界隈を歩き回ったものだった。
高齢の人たちの、「梅田のあの人混みを考えたら、もう行きたくはない」という言葉
が全く信じられなかった。

しかし、今日、かつての彼らの言葉が初めてよくわかった。
「もう、梅田はいいわ。この人混みの中を歩くのはしんどいなぁ」
つくづくとそう思い、自分の老化、体力や気力の衰えをしみじみと感じたのだった。

行きと帰りの2回、いったい何処からこれだけの人が集まってくるのだろうと思うくらいの人々で溢れた梅田を通り、家に帰り着いたのは夕方6時前。
疲れがどっと出た。
「体力が全くないなあ。疲れ果ててしまったなあ」

「老化」を自覚した日だった

♧ 今日の大阪の最高気温 は34.1℃。晴天のかんかん照りだった。



by PochiPochi-2-s | 2017-07-15 23:20 | お出かけ | Trackback | Comments(6)
b0344816_06473655.jpg
7/14の風蘭(デッキのテーブルの上)


「あれッ? 疎らにしか咲いていない… もっと満開に咲くのになぁ…」

昨日午後、一人で絵を描いていた時にふっと思った。
疲れてデッキの風蘭を見たのだった。
今月の始めに 蕾が持ち上がりだしていたのだが、
今年は気候がおかしいのかきれいに咲き揃わない。
草花は正直だと思う。

毎年この時期、満開になる父の風蘭。
その風蘭を眺めるたびに、生前の元気だった頃の、穏やかな笑顔の父を思い出す。
思わず天に向かって、父と話をしたくなってしまう。
「元気? 会いたいなぁ。そっちの世界では、みんな元気に仲良く暮らしているの?」
ひとしきり風蘭を眺めながら心の中で話していた。

「さあ、もう少し!」
フジコ・ヘミングの「ラ・カンパネラ」を聴きながら『合歓の花』に心を集中した。

静かな午後のひと時だった。



by PochiPochi-2-s | 2017-07-14 22:50 | 日記 | Trackback | Comments(2)
b0344816_15310173.jpg
描きかけの合歓の木の花
どのような花になるかな?

花言葉 : 「歓喜」「胸のときめき」



『生きるかぎりは歌いながら行こうよ。
道はそうすれば、
それだけ退屈でなくなる』

(ウェルギリウス・古代ローマの詩人)



昨日、絵の帰り、ほんのちょっとしたことが気にかかり、心が沈んでいた。
帰る方角の違う友達たちと別れ、気分を変えようと、
いつものように、いつもの書店に立ち寄り、好きなコーナーの本棚を見るともなく見ていた。
ふっとおもしろい本が目に入った。
ぱらぱらとめくってみると、一日に一つの言葉、一年間で365の言葉と美しい写真が、
カレンダーのように日にち毎に編集されていた。

「ふ〜ん、おもしろいなぁ。今日は7月12日。どんな言葉が載っているのだろうか?」
7月12日のページをめくってみると、最初に書いた『生きるかぎりは…』の言葉が載っていた。
「"歌いながら行こうよ"か。
そうだなぁ。歌うことによって心は明るく晴れやかになる。軽くもなる。笑顔も出てくる。
毎回 絵の教室の隣の教室から聞こえてく歌声も楽しそうだしなぁ」
そう思うと、なんだかそれまで沈んでいた気持ちが、一気に明るくなったと感じたのだった。

「さあ 帰ろう、エルキュール・ポアロを見たいから」
本屋さんを出て駅の方に歩いて行くと、嬉しいことに懐かしい人に出会った。
偶然だった。
彼女、Mさんはこの駅から少し離れた住宅地に住み、以前私たちの教室に通っていた。
セミプロ並みに風景画を描かれるご主人と超高齢の自分の母親と3人で住んでいる
と聞いていた。
立ち話だったが、話は弾んだ。
お母さんは100歳を越えるまで元気に過ごされたが、2年ほど前に亡くなられ、
今はご主人と二人の生活だという。

「水泳はまだ続けてられるの?」
私の問いに、
「絵に通っていたあの頃は、午前中2、3キロ プールで泳ぎ、午後、絵の教室に行っていたのよ。もう泳ぐのがしんどくて、そんなに距離は泳げない。でも、それでも週一回は泳いでいるわ。今は水泳よりエアロビクスの方がおもしろくて! 毎日通ってるのよ」

パッと晴れやかな笑顔で、Mさんは答えてくれた。
なんともすてきな笑顔だった。
私の心がぐっと掴まれてしまったような気がした。
虜になりそうな、魅力的な笑顔だった。
80歳を少しすぎた人とは決して思えない、最高に美しい、若々しい笑顔だった。
健康で、生き生きとした姿勢に憧れに近いような気持ちを持ったのだった。
常に新たなやりたいことを持ち、明るく、朗らかに毎日を過ごす。
気持ちの張りが感じられ、年齢よりずっと若々しく見えたのだった。
「いいなぁ〜」と。

帰りの電車の中で、何度も彼女の明るい張りのある声、輝くような笑顔を思い出し、
私も彼女のように生きたいなぁ、彼女の笑顔をお手本にしたいなぁと思ったのだった。
また、
「絵を始める前は市民合唱団に所属していてかなり熱心に歌を歌っていたのよ。歌うのが大好きだったの。しかし、突然、喉にポリープができ、取り除く手術とともに、合唱団で歌が歌えるような声が出なくなってしまったの。それで主人の勧めもあって絵の教室に通い始めたのよ 」
と、以前聞いたことを思い出した。

多分彼女は心の中で、今でも歌を歌いながら毎日を過ごしているのかもしれない。
そう思ったのだった。


More ラッキー!
by PochiPochi-2-s | 2017-07-13 18:39 | 思い | Trackback | Comments(4)

蝉が鳴いた日

b0344816_23054430.jpg


あつ〜うッ‼︎
汗が流れる。
今日の最高気温は34.1℃だった。

今年初めて蝉が鳴いた昨日に続き、今日も朝からほんの一瞬だけ蝉が鳴いた。
気候が安定せず、気温も安定しないことが草木や昆虫にまで影響を与えているのだろうか?
いつもならすでに満開に近くなっている風蘭も今年はずいぶんゆっくりで、やっと蕾が大きく膨らんできた。
そのうちに蝉も早朝からうるさいくらい鳴き始めるだろう。


b0344816_23012449.jpg
ムサカ


あまりの暑さに今日は何もしたくない気分だったので、
まだ身体が夏の暑さに慣れていないのだろうと。
幸い 家の中は全ての窓や戸を全開しておくと、風が通り抜け気持ちがいい。
無理をせず家でゆっくりと過ごすことにした一日だった。

「夕食は何を作ろうかな?
時間がかからずキッチンに立つ時間が少ないものがいい」
そう思い、我が家流ムサカを作ることにした。
友人から貰った茄子がたくさんあるし、トマト、玉ねぎ、気に入っているとろけるチーズも
ある。あとはミンチを買って来るだけ。
下準備をし、オーブンで焼くだけの簡単料理。でも、おいしい。
2年ものの梅酒をオンザロックにして添えたのだった。

以前よく遊びにきていたALTのグレンを思わず思い出した。
ニュージーランドに帰ってからもう何年経つだろうか?
ある日、食前酒としてすすめた梅酒を彼はすごく気に入っていた。
その後、自分なりの梅酒、"グレン酒”を作ったのだと、
自分の住む狭いアパートに食事に招待してくれて、そのグレン酒なるものを飲む機会があった。
彼なりに彼の好きなフルーツ類を梅一緒にホワイトリカーに漬け込んでいた。
日本人の発想にはまずないだろう新種の(?)梅酒。
それなりにおいしいと思ったものだった。
このグレン酒を飲んでもらい、何故これを作ったのか、本物の梅酒はどんなにおいしいものなのかを説明したくて、たくさんの友達を狭いアパートに招待したという。
うれしい話だった。
そのうちにニュージーランドに彼を訪ねるという約束を果たさなくてはなぁ〜。
心はニュージーランド飛んでいた。

そんな暑い一日だった。



by PochiPochi-2-s | 2017-07-11 23:03 | 日記 | Trackback | Comments(12)

僕、"元気休み"やねん

b0344816_22103791.jpg
お気に入りの"恐竜"Tシャツ

少し前、恐竜に夢中のリョウちゃんにピッタリとプレゼントした。
こども園の友達や先生たちに毎日説明をしているらしい。
「見て見て、これがステラノザウルス。 これが…」


「あっちゃー、こども園の先生や。会ってしまったなぁ〜。
あした、『リョウちゃん元気休みだったの?』って言われるかもしれへんなぁ」
右手を頭にのせ、おどけた格好でケラケラ笑いながらリョウちゃんは言った。
おじいちゃんの緑の車に乗せてもらい、近所の消防署の前をゆっくり走っていた時だった。
こども園の先生が二人消防署の前にいて、
私に抱かれて助手席に乗っていたリョウちゃんと目が合ってしまったのだった。

今日は熱が出てこども園(保育園)を休んだとの娘からのメールが朝からあり、
そんな時は西瓜が食べたいだろうと、早速持って行ったのだった。
「おじいちゃんが来る、おじいちゃんの緑の自動車に乗りたい」
玄関で靴を履き待っていた。
大喜びで自動車に乗り、消防署の前を通ったちょうどその時に先生に出会ってしまったのだった。

「元気休み? そんな言葉があるの?」
「うん、あるよ」
リョウちゃんが説明してくれた。
「熱が出ると、病気休み。熱がない時は元気休み」と。
日ごろママの気持ちがエイちゃんの方にたくさんいっているのを何となく感じ、
自分の方にもいっぱい向いてほしいと思っているのだろう。
「こども園、ちょっと休みたかったんかな?」
そう聞くと、
「違う。ちょっとやないよ、いっぱい休みたかったんや」
そう答えた。

月曜日の朝の(微)熱は、そんな彼なりの気持ちが無意識のうちに現れ出たのかもしれない。
お昼頃にはもうケロっとして元気いっぱい、いつものリョウちゃんに戻っていたらしい。
大好きなおじいちゃんの緑の車に乗せてもらい、大好きな西瓜を食べたら、
また明日からは 恐竜いっぱいのTシャツを着て元気にこども園に通うことだろう。
小さいながらも子供の気持ちは何と複雑なことか。
そう思うと、たまらなく愛おしくなったのだった。

それにしてももうすぐ4歳児の言葉数の多さに圧倒された楽しい時間だった。

※ 7/11(火)追記
朝、娘からメールが届いた。
ピンピンして子ども園に行ったわ。スイカ、おいしかった!」
その光景を想像して思わず吹き出してしまった。
小さいながら子供の気持ちって敏感で、複雑なんだなぁ〜と、
改めて思い知らされた気がしたのだった。



by PochiPochi-2-s | 2017-07-10 23:23 | 日記 | Trackback | Comments(6)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s