カテゴリ:日記( 239 )

b0344816_23390023.jpg
朝採りの筍


「あのゥ〜、明日 日曜日家におるかなぁ。今年も筍を持っていこうと思うんやけどなぁ。
昼頃にそっちにつく予定にしてるんやけど」

一昨日の夜、主人の岡山に住む友達 Nさんから電話があった。
学生時代からの仲のよい友人で、筍ができる竹藪を持っている。
毎年春のこの時期、自分の家の竹藪で採れる新鮮な筍を持って我が家に訪ねてきてくれる。
岡山から山陽道を走って私の家まで約2〜3時間。
「朝採りの新鮮な筍をできるだけ早く届けてあげよう」
いつも突然の電話で驚くが、彼の優しい心遣いを毎年嬉しく思う。
郵パックで送れば簡単な事だが、久しぶりに会って、顔を見ながらゆっくりと話をしたいというNさんの気持ちがよくわかるだけに、主人もまた、彼と会ってゆっくりと話をしたいという。
おっとりとした、口数の多くない、彼の優しい話し方は、私たちの気持ちを和ませ、始終穏やかな、しかし笑いの絶えない時間を何時も私たちにもたらしてくれる。話題の多さも私には嬉しいことである。
あいにくその日の午後は変更不可の予定があり1時半過ぎには出かけなければならなかったが、 前もっての了承済みで、彼は気を利かせてくれて正午に着く予定を11時前にはもうすでに私の家に到着していた。以心伝心?私たちも何となくそんな気がしていたのでちょうどよかったのだが。2時間余りの会話は短かったが、今度は私たちがNさんを訪ねると言う約束で彼は遠い道を再び岡山へ帰っていった。去年と同じく、帰りは国道を通って1000円で帰ったという。車が好きでドライブの好きな彼らしい帰り方だと思った。大阪や途中の神戸には学生時代からの思い出多い風景が点在するという。そういった風景を懐かしみながら、また奥さんとの思い出をたどりながら岡山へ帰っていったのだろう。来るときはできるだけ朝堀の筍の新鮮さを保つため高速を使い、帰りはドライブを楽しむため国道を使うという彼の考え方に頭の下がる思いだった。
学生時代の、お互い何の利害関係もなかった、学生という平等の関係で相手を信用し、腹を割って心の底から話し合える友達づきあいのすばらしさ、そして今に至るまで変わることなく付き合いができることを本当に良いことだなぁといつも思う。お互いに対する思いやりのありがたさを心から感謝する瞬間である。

天候不順で筍の生育が遅れ、まだかなと思いながら4、5日前に試しに掘り起こしてみたという。「これならば」と思い、一昨日朝掘り起こすことにし、その日のうちに親戚や友人たちに配ったという。11本の筍がとれ、そのうちの2本をわざわざ大阪まで持って来てくれた。そのNさんの温かい思いやりを考えると、どんな嬉しいことか!
感謝のひとことしか思い浮かばない。

昨日は帰宅してすぐにアク抜きし、水に漬けて冷蔵庫に保存した。
今日はまず筍ごはんをいただく予定。
明日からしばらくはこの新鮮な筍を使って筍料理が続くことだろう。
旬のものをいただける嬉しさに再び感謝。


b0344816_17574375.jpg


by PochiPochi-2-s | 2017-04-24 18:13 | 日記 | Trackback | Comments(4)
日中の気温が高くなるにつれ、庭は急速に春の庭になり始めた。
描きたいと思う花がたくさんあるのだが、追いつかない。
久しぶりに落ち着いて絵が描けそうだったので、
午後から描きかけの絵を取り出し、少しだけ描いてみた。
しかし、頭の中はまだまだ"イギリス"でいっぱいだった。
昨日のコンサートの影響か、イギリスへの思いがまだ続いていた。
絵を描く合間に 安野光雅の画文集『イギリスの村』のページをめくっては
絵を眺め、文を読み、思いにふけっていた。
かつて訪れたヨークシャーの村々、ハワース等思い出深い場所の絵を見ていると、
もう一度あの村々を歩いてみたいと強く思った。
ふっと気がつくと、絵筆はストップしたままだった。

庭では今年のニューフェース、スプリング・グラジオラスが初めて咲いた。
去年の春、花の終わった苗を買い、一年かけて育てた。
柔らかい薄い黄色の花びら。甘いいい香りがする。
ヤマブキソウも咲き始め、
いよいよ春の花でいっぱいになってきた。


b0344816_00330835.jpg
安野光雅の画文集『イギリスの』より
ヨークシャーの丘


b0344816_00325505.jpg
同じく
ハワースの町


b0344816_00321969.jpg
スプリング・グラジオラス

柔らかい黄色
甘い良い香りがする


b0344816_00323269.jpg
ヤマブキソウ





by PochiPochi-2-s | 2017-04-19 23:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

春のある日

b0344816_15510443.jpg


今日から今年度の水泳教室が始まった。
日頃の運動不足が災いしてか、
思いっきり泳がされる1時間は思っている以上の疲れを感じる。
帰り道、ふと頭をあげると散りそめの桜が目に入った。
今年の春、例年に比べて桜が咲くの遅かった。
それだけに桜の花の開花を待つ楽しさも加わり、喜びは2倍にも3倍にもなった。
さあ、これからは新緑の季節!
そう思って家に帰ってくると、スミレの花が満開。
ケヤキも若葉が見え始め、春の庭になってきた。
なんと、5月の誕生花のスズランも花芽をつけていた。
今年初めて咲くスプリンググラジオラスの花ももうすぐ咲きそうで楽しみだ。


b0344816_20100694.jpg
スミレ



b0344816_19115824.jpg



b0344816_19153835.jpg
スズランの花芽



b0344816_19152415.jpg
ケヤキの若葉



b0344816_19142355.jpg
日本桜草



b0344816_19160945.jpg
ジュウニヒトエ



b0344816_19134763.jpg
シャクナゲ



b0344816_19113376.jpg
ラショウモンカズラ



b0344816_19131233.jpg
ボリジ
こぼれ種で増えた





by PochiPochi-2-s | 2017-04-17 23:30 | 日記 | Trackback | Comments(6)
b0344816_19444580.jpg


「おはよう。16日(日)の昼ぐらいにハルの誕生会をやろうと思うねんけど、来れる?
中学生になったし、さすがにこのような誕生会は最後かな?」
今月の初めに長男からメールが届いていた。

今日は毎年恒例のハルちゃんの誕生会。
おじいちゃんは祝い鯛を、私はハルちゃん希望のチーズケーキを焼き、
お昼前にいそいそと出かけた。
空は晴れ、甲山、六甲山がきれいに見えていた。

昨日15日、ハル君は13歳になった。
3歳の時、お父さんの仕事の関係で東京から大阪に帰ってきた。
東京で育ったためか両親が大阪弁であるにもかかわらず、
当時ハルちゃんはきれいな東京の言葉を東京弁のアクセントで話していた。
しかし、
わずか一週間ほどで、話し言葉が大阪弁になってしまった!
「子供の言語能力ってびっくりするほどすごいなぁ」
当時、まわりの大人の驚きようは並大抵のものではなかった。

その時から10年が経った。
10年という時間は 長いようで短い、短いようで長いと思える時間だが、
孫の成長とはこんなに楽しいものかと思えるような時間でもあった。
あらためて思い返して見ると、
この10年間のいろんな楽しかった場面が次から次に心に浮かんできたのだった。

今日ハルちゃんを見て思った。
「落ち着いた雰囲気の、素直な今風のいい感じの少年に育ったなぁ」
中学生になったハル君は、
つい先日、二週間ほど前に会った時よりもさらに背が高くなっていた。
おじいちゃんの背丈よりも高くなり、おじいちゃんの焼いた祝い鯛に大喜びだった。
サッカーが大好きな彼は 中学校でもサッカー部に入るという。
「楽しい中学生生活を送れますように
そう願っている。

家に帰ってきて、あらためてハル君の入学式当日の制服姿の写真を見て思った。
「お父さんそっくり!
親子というものは本当によく似るものだなぁ」

いい時間を過ごせた日だった。


b0344816_00233992.jpg
ハル・13歳


b0344816_00235833.jpg
12歳の長男(小6)と10歳の長女(小4)


b0344816_00391671.jpg
3歳のハル、おじいちゃん、老犬ポチ


おじいちゃんの焼いた祝い鯛
b0344816_00351843.jpg



by PochiPochi-2-s | 2017-04-16 23:20 | 日記 | Trackback | Comments(6)
b0344816_23261696.jpg

春風の 花を散らすと 見る夢は さめても胸の 騒ぐなりけり
(西行)


春、ついに桜の季節がやってきた。
「あそこが満開になった」,「ここが満開になった」と聞くたびに、
毎年桜見物に行く場所の桜が気になってしかたがなかったここしばらくだった。

あ〜あっ…
今日も雨…
丸2日降り続いている。
「今日こそは晴れたら、桜見物に行こう」
昨夜から決めていた。
しかし、一向に雨は降りやまなかった。
お昼過ぎほんの少し小降りになったので、
「雨中ドライブで桜見物としよう」と出かけた。
雨に霞む桜はやはり心踊らなかった。
晴れた日にもう一度出かけることにして、そそくさと帰ってきてしまったのだった。
おいしいいちご大福だけを買って。



b0344816_23265841.jpg
裏山の桜


b0344816_23263733.jpg
近所の団地の桜のトンネル


b0344816_23283071.jpg
池田・旭丘住宅の桜のトンネル


b0344816_23280052.jpg


b0344816_23285989.jpg


b0344816_23304203.jpg


b0344816_23294430.jpg


b0344816_23292356.jpg


b0344816_23273454.jpg


More やはり花芽だった♪
by PochiPochi-2-s | 2017-04-08 23:15 | 日記 | Trackback | Comments(10)
朝、真っ青な空。しかも、暖かかった。
少し家事をすると、もう汗が出るくらいだった。
よお〜し。
二階にあがり窓を全部開けた!
2つある天窓も、2つとも開けた!
一階に降り、リビングの硝子戸も全開!
フレンチオープンで180度全開できる。
途端に部屋の中に空気が流れ、心地よさも最高。
ああ春だなぁ!
この一瞬が待ち遠しかった。

残念ながらこの天気は昼過ぎまでしかもたなかった。



b0344816_21301533.jpg
フレンチオープンの硝子戸を全開して




b0344816_21335982.jpg
天窓を開ける






庭ではミヤマカタバミの花が咲いていた。
4、5年前に友人Hさんから貰った。
その時以来 毎年春に、
この可憐な白い花を咲かせる

b0344816_21304075.jpg





by PochiPochi-2-s | 2017-04-05 23:20 | 日記 | Trackback | Comments(6)
b0344816_13583520.jpg


節分の日に出して飾ったお雛様を、今日かたづけた。
初めてお雛様を飾った娘の初節句以来ずーっと変わらず、このようにしている。
「お雛様は旧暦のひな祭りが終わる頃までは飾っておこう」
何故か私の母も義母もどちらも同じ考え方だった。
二人ともお雛様が大好きだった。

「お雛さんやって息をしているのやから、一年に一回ぐらいは明るい所に出てきて、
思いっきり新鮮な空気を吸うて深呼吸したいやろう。押入れから出してきて、飾って
あげたらきっと嬉しくて明るい いい顔をしはるで」
いつも思い出す母や義母の言葉。
めんどうくさがりやの私の性格を見通しての言葉だったのかどうかはわからないが、
昔人たちはたとえ対象が人形であっても、このような優しい気持ちで接し、大切に
してきたのだろうなあと、今になって思う。
「今年も2ヶ月余、充分に思いっきり深呼吸ができ嬉しかっただろうなぁ」
そう思いながら一体一体丁寧に埃を払い、顔を紙で覆い、防虫剤を入れ、
押入れになおした。
「来年の節分の日に また会いましょう」と。

さあこれで、気になっていた春の行事の一つが終わった。
これからは桜の季節。
昨日下見を兼ねて桜の下を通ったが、まだ ちらほらとまでもいかなくて、
一輪か二輪咲いているだけだった。
今年は思いの外寒いのか、桜はまだ咲かない。
ハルちゃんの中学校入学式の日(4/11)まで桜がもってほしいなぁ。



昨夜テレビを見ていた時ニュース速報が画面に流れた。
『ロシアの地下鉄で爆破が起こり10名ほど死亡』と。
「ええッ、そんなぁ…。サーシャ、大丈夫かなぁ」
彼女は通勤で毎日地下鉄を使っている。
心配で慌ててサーシャにメールを送った。
「地下鉄で爆破事故があったらしいけど大丈夫?家族も大丈夫?」
しばらくして、改めてニュースで地下鉄の爆破はモスクワではなくサンクトペテルブルグで起こったとわかり、胸をなでおろしたのだった。

今朝、彼女からメールが届いていた。
「爆破が起こったのはサンクトペテルブで、モスクワは大丈夫。
ハル、アサヒ、リョウ、3人の孫たちみんな元気ですか?
短くてもいいからメールをください。いつも待っています。
……………………」

あっ !
やはり、心のゆとりを失っていた。

「短くてもいい、メールをしなくては。
彼女はいつも、私のメールを待っていてくれているんだ。
遠いモスクワで」
すぐに返事を返した。
エイちゃんのことももちろん書いた。
彼女からの返事が楽しみだ。

エイちゃんは今日で生まれてから7週経った。
嬉しいことに、哺乳瓶からお乳を吸えるようになったという。
この病院で 今までに集積された、早産で生まれた赤ちゃんに関してのデータの結果
通りに成長しているとのこと。35週目ぐらいになると、お乳を吸い込む力もできてきて哺乳瓶からお乳を吸うことができるようになるという。
何はともあれ、嬉しいことこの上なし!
感謝しなくては。



by PochiPochi-2-s | 2017-04-04 22:14 | 日記 | Trackback | Comments(4)

春がきた! - 4月始まる -

b0344816_19391336.jpg
タンチョウソウ


タンチョウソウが咲いた!
ブログ友Dさんから貰ったタンチョウソウが今年も咲いた。
いよいようれしい春が始まる。

庭には黄色い、小さなラッパスイセンも咲いている。

『水仙』といえばやはりワーズワースの詩を思い出す。

『Daffodils』

I wander'd lonely as a cloud
That floats on high o'ver vales and hills.
When all at once I saw a crowd.
A host of golden daffodils.
Beside the lake, beneath the trees
Fluttering and dancing in the breeze.

『水仙』

まるで谷や丘の上を浮かぶ雲のように
僕は彷徨っていた。
そうしたら突然、金色に輝く
水仙の花を見つけたんだ。
それは湖の側で、木々の下で、
そよ風に吹かれながら揺れたり、
踊ったりしていた。




《4月のカレンダーから》
b0344816_19394858.jpg
春の萌(きざし)《尾瀬中田代にて》
鈴木 進

日本山岳写真協会のカレンダー
日本の名山
4月

山好きな私のために
昨年末、Nickさんがわざわざ送ってきてくださった。

春先の柔らかな光が感じられる尾瀬沼。
清らかな気持ちになる。



b0344816_19393766.jpg
JR東のカレンダー・4月
日光 - 東武日光線 -

ここにも水温む春がみごとに写し出されている。
暖かい、ほっとした空気が感じられる。



b0344816_19400277.jpg
絵の先生のカレンダー・4月
ヤマザクラ

まさに満開のヤマザクラ
華やか!




by PochiPochi-2-s | 2017-04-01 22:40 | 日記 | Trackback | Comments(2)

雨音

b0344816_09565219.jpg
咲き始めた啓翁桜



朝起きた時から雨の降る気配はあった。
案の定、お昼前には雨が降り出した。
こんな日は絵を描くことにかぎると、リョウちゃんに「また作ってね」と頼まれた
ハンバーグを作ったあと、描きかけのミツマタの絵を取り出した。
しかし……。
なんとなく気が乗らず、CDをかけることにした。
ゆったりと音楽でも聴きながら描けば、そのうちに描きたくなるだろうと。

雨音が聞こえるからと久しぶりにショパンの「雨だれ」を聴きたくてショパンのCD
をかけたのだったが、聴いているうちに 先日見たBSの番組を思い出してしまった。
ショパンの足跡を訪ね、主にポーランドのワルシャワの街を案内する番組だった。
以前から一度はぜひとも行きたいと思い、まだ行くことが実現していない街。
ショパンの作曲した曲にのせてワルシャワの街のさまざまなシーンが映し出される。
"行ってみたい"、"その場の雰囲気を肌で感じてみたい"という気持ちがだんだんと
昂ぶっていくような番組構成だった。

「日本人はショパンが好きで、ショパンの曲に惹かれる」
よく言われる言葉であるが、私も日本人の一人として、ショパンが大好きである。
甘く、切ない。そこはかとなく漂う郷愁を感じる。聴いていてなんとなく心地よい。
先日やはりTVで「エルキュールポワロ」シリーズを見ていた時、
最後のシーンで流れた曲がショパンのノクターン第20番嬰ハ短調「遺作」だった。
「ああこの曲、この場面にぴったりだなぁ」と思いながら聴き入っていた。









またある時雑誌でピアニスト辻井伸行さんの母、辻井いつ子さんの短い文章を読んだことがあったのを思い出した。
その文の中で、ショパンの「英雄ポロネーズ」が辻井伸行さんをピアニストに導いたというようなことが書かれていた。
全盲で生まれた子供とアイコンタクトができず心配していた頃、たまたま購入し、かけたCDに合わせて伸行さんが嬉しそうにリズムを取りながら、足で襖をばたばたと蹴ったという。その曲はショパンの『英雄ポロネーズ』だった。その時以来、彼の喜ぶ顔が見たくて、毎日何度も『英雄ポロネーズ』をかけ、聴きすぎて傷がつくくらいまで聴いたという。また、彼がピアニストとして成長していく過程で、ショパンの曲が常にそばにあったらしい。ピアノを始めて間もない頃の『子犬のワルツ』、12歳の頃CDから音を聴き取りお母さんのために弾いた『幻想協奏曲』、14歳の頃コンサートで弾いた『ピアノ協奏曲第2番』等。ショパンの曲は、辻井いつ子さん・伸行さん親子にとっては心に寄り添う大切な、特別な存在なのだろう。



フジ子・ヘミングの英雄ポロネーズ





ショパンの曲を聴きながら、最近起こった様々なことが頭の中をよぎっていった。
ふっと気がつくと、まだ ミツマタの絵が完成せず、時間だけが経っていた。
雨はまだ降り続いていた。




by PochiPochi-2-s | 2017-03-31 23:27 | 日記 | Trackback | Comments(2)

"春" - 啓翁桜が咲いた!-

b0344816_23085886.jpg
庭の啓翁桜

なにとなく春になりぬと聞く日より
心にかゝるみ吉野の山
(西行)

※立春といっても相変わらず寒く、何となく春になったというだけなのだが、
暦の上だけでも春になったと聞けば、花の咲くのはいつだろうと、吉野の山のあちらこちらが心にかかって、落ちつかないのだ。


今朝、庭の啓翁桜が咲いた!
去年に比べて10日ほど遅い。
やはり今年は寒かったのかもしれない。

もうそろそろと思い、ここ10日ほど、毎朝この桜を見に 庭に出ている。
「まだかなぁ、まだかなぁ」と思い、心待ちにする愉しみ。
最初の一輪が咲いた喜び。
毎春この愉しみを持てる幸せ。

桜は日本人の心の花だと言われているが、私にとっても大切な思い出が詰まった花。
このブログにも何回か書いてきたので省略するが、おそらく生きている限り決して忘れることはないだろう。それほど大切な心の花だ。

今までにたくさんの桜、さまざまな場所に咲く見事な桜も見てきたが、私にとって心に残る桜は、小さい頃住んでいた村の海岸沿いに走る電車の線路に沿った桜、近くの山に咲く山桜、和歌山城の見事な桜、毎春お弁当を持ってお参りした紀三井寺の桜だろう。父や母、祖母に連れられて見に行ったものだ。時には おじさんやおばさん、従兄弟たちも一緒だった。桜の花の思い出は、小さい時の楽しかった頃の思い出と幾重にも折り重なっている。ひとつ思い出すと、次から次へ楽しかった、みんな明るく笑い、はしゃいでいた場面が浮かび上がってくる。楽しそうに笑い、はしゃぐ声まで聞こえてくるように思える。


b0344816_23084541.jpg


父が好きだった桜。
その父の写真に供えようと、何年か前 たまたま買った啓翁桜だった。
花の終わった後 捨てるには忍びなく、何となく植木鉢に枝を挿し 水をやっていた。
あらっ、根付いている!
あるとき気づいた。
そのとき以来、毎春のこの時期にこの啓翁桜は花を咲かせる。
どの桜よりも一足早く。
父もきっと喜んでいることだろう。

いよいよ春が始まる!



b0344816_23091008.jpg





More ジョウビタキが飛んできた
by PochiPochi-2-s | 2017-03-24 23:11 | 日記 | Trackback | Comments(4)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s