カテゴリ:日記( 250 )

b0344816_21020845.jpg


今年も.母の日が過ぎた頃から、20年前の母に日に娘から贈られたこの薔薇が咲き出した。
長い年月の間にこの薔薇の名前はもう忘れてしまったが、毎年この時期に必ず咲き始め、
お隣との間の垣根を埋め尽くす。
この薔薇の花を見るたびに当時の娘の気持ちを思い出し、改めて過ぎ去った年月の長さや重さを考える。この20年の間の様々な出来事を思い出し、考える。
そして 彼女のこれから先の幸せを祈る。
私にとってはとっても大切な花であり、これからも心を込めて育てたいと思う花である。


b0344816_21023199.jpg


5月10日に一つ目の花が咲き始めた欄の花。
今年は 蕾が8つついていた。
今朝起きると、嬉しいことに 5つ目の花が咲いていた。
「ラッキー♪」
思わずつぶやいた。
「さあ今日は『ホウの絵』を頑張って描こう!」
そのように思えるほど、好きな花の開花は嬉しいものだ。
こんな小さな花からでもエネルギーをいっぱいもらえるからだ。



b0344816_21014337.jpg


「おはようございます。いよいよ咲き始めましたねぇ。
毎朝楽しみにしているのよ」

いつも朝10時前に、私の家の前を通ってバスに乗る Oさんが声をかけてくれた。
この"野ばら・モーツァルテム"を楽しみにしてくれている人がたくさんいるのだと
嬉しくなった。

「この薔薇、家で活けてみない? 何本か切るよ」
「わあ、ほんとう?いただけるの?帰りに寄らせてもらうわ」

お昼ご飯が終わった頃インタホーンが鳴り、約束通り彼女に薔薇を切ってあげた。
彼女は大喜びで帰っていった。

私もこの薔薇を部屋に飾りたくなり、切って部屋に飾ったのだった。



b0344816_21011518.jpg


季節はもはや夏と思える日もあるくらいに気温の高い日もあるが、
この時期の庭は緑が美しく、絵を描きながら時々庭の片隅を眺めてほっとひと息する。
もうすぐ紫陽花が咲くだろう。

昔見た映画、ヴァージニア・ウルフの「ミセス ダロウェイ」の最初のシーンを思い出した。
「おお、プランジ!」
そう言って主人公が新緑の美しいロンドンの街に花を買いに出かけるシーン。
なんて美しいのだろうと感激したものだった。

その新緑の季節が、わが町でもこれから始まる。
そう思うと、思わず体が軽くなり心が弾むのである。
心ゆくまでこの季節を楽しみたい。
ホウの絵を描きながらそう思っていた。






by PochiPochi-2-s | 2017-05-26 23:03 | 日記 | Trackback | Comments(2)

突然目の前に現れたひと

b0344816_21020891.jpg
咲き始めた野ばら『モーツァルテム』


「おはようございます。いよいよ咲き始めましたね。
この通り歩くの大好きなんですよ。
最近までモッコウバラがみごとでしたものね。
毎朝楽しみに歩いていたのですよ。
ところでこの薔薇は何という名前ですか?
つい最近買って庭に植えた『バレリーナ』とよく似ていると思うのだけれど」

朝、いつものように家の前の道を履いていると、
いったん通り過ぎた女の人がふと立ち止まり、振り向いて挨拶をしてくれた。

聞くとはなしに彼女の話を聞いていると、
その人も草花が大好きで最近庭にバラを植えたという。
バラの名前は『バレリーナ
大きな華やかな薔薇もいいが、バレリーナのような小さな花も可愛らしいと思ったという。

その人にふと言った。
「もしよかったら、さし芽しませんか? 簡単につきますよ」
「まあ 嬉しいわ。さし芽をしてみます。どのようにしたらいいのかしら?」

さし芽の説明をして、伸び始めた新しい枝を4、5本と花のついた枝を切ってさしあげた。
よほど嬉しかったのか、彼女の家の場所と名前を教えてくれたのだった。
聞いてみてびっくりした。
「あらっ、Tさん? もしかしてピアノの先生のSさんの友達?お名前だけは聞いていました」
「 I さんですか? 私もTさんからお名前だけは度々聞いていました。
お宅、ここだったのですか?」
私と彼女の間に共通の知人がいたのだった。

この住宅地に住み始めた頃知り合ったSさん。
ピアノの先生で草花の大好きな人。初めて出会ったその時からすぐに意気投合したのだった。
まだ誰一人知る人のいなかったこの地で初めてできた花友だちだった。
その頃の彼女の話の中に、このTさんがよく登場していたのだった。
しかし、
すぐ近くに住んでいるのに、どうしてか今まで一度も出会ったことはなかったのだった。

そのTさんが、今朝、突然私の前に現れた。
そしてお互いに好きな薔薇の話をし、一気に花友だちになったのだった。
こんな嬉しい、心弾むことは他にあるだろうか?
一日中気分がルンルン♪だったのは言うまでもない。

その勢いで絵の教室では "ホウの花"を選んでしまった。
さあ、大変な週になるかも。


by PochiPochi-2-s | 2017-05-24 23:18 | 日記 | Trackback | Comments(8)

満足な半日 - 庭の掃除 -

b0344816_16584947.jpg


b0344816_16581554.jpg


「よぉ〜し、明日は朝から庭の掃除をしよう」
昨夜から決めていた。

2月半ばから放りっぱなしになっていた庭。
それでも春の花は次から次に咲き、それなりに満足のいく春の庭ではあった。
しかし、いつの間にかモッコウバラが満開になり、今でほぼ終わってしまった。
毎朝目にし、「ああ今年も咲いたわ。嬉しいなぁ」と思ってはいたのだが、
気持ちが上の空なのか "心ここに在らず"の状態だった。
5月初め、嬉しいことにそれまでの心配事もなくなり、主人も私もやっともと通りの生活に戻ることができ、自分だけのために使える時間が徐々に増えてきた。それとともに庭の方にも気持ちがいくようになってきた。
つい最近玄関前のバラが咲き始め、道路に面した野ばら・モーツアルテムもちらほらと咲き始めた。
満開になるのももうすぐだろう。

重い腰を上げ、今日朝からやっと庭の掃除をし、植木鉢の位置を入れ替えた。
いったん始めると、
「ああ、あそこ」「いや、こっちも」と 次から次へ気持ちが移り、
最後には手がつけられなくなってしまう。
今日はここまでと決め、終わったのがお昼過ぎ。
掃除ができたのは庭の半分だけだったが、
疲れたけれどまあまあ満足のいく庭仕事だった。
終わった後、テーブルで飲んだ紅茶のおいしかったこと!
気分がすっきりした。


by PochiPochi-2-s | 2017-05-16 23:37 | 日記 | Trackback | Comments(6)
「あれっ、今日はカードが届かなかったわ。
きっと忙しかったのだろう。
もしかしたら、郵便の日曜配達はないということを知らなかったのかも。
まぁ、"みんなが元気"ということが親にとっての一番嬉しいことだから」

昨日は母の日であったが、いつも届く長男家族からのカードが届かなかった。
毎年届く母の日カードを楽しみにしていたのでほんの少し残念に思ったのだったが、
きっと明日は届くだろうとも思ってもいた。


b0344816_22295188.jpg


水泳教室から帰ると、案の定カードが届いていた。
草花の好きな私のことを考えて選んでくれたのだろう。
きれいなカードだった。
今年はどのようなカードにしようかと選ぶ楽しみもあるのだろうが、
カオリさんはいつももらって嬉しいカードを送ってくれるので、
贈られた私も、いつも、ついハミングが出てきそうになる♪


b0344816_22304400.jpg


開けてみてびっくり!
この写真。
なんともまあ、茶目っ気たっぷりのハルちゃんとアサヒちゃん。
つい最近みんなでエイちゃんに会いに娘のところに行った時、
「お義母さん、スマホでこんなことができるんですよ」と見せてくれたような写真だった。

「またごはん食べさしてね」(アサヒ)
「また遊びに行ったときは おいしいごはんを食べさせてね」(ハル)
「いつも本当にありがとうございます!
これからも頼りにさせていただくことがあると思いますが、
よろしくお願いします」(カオリ・マサノブ)

「いつでも OKよ!」
嬉しいカードだった。

b0344816_00022375.jpg
中1の長男と4歳の次男


もうひとつ、早朝から嬉しいメールがあった。
7時過ぎ、携帯のメール音が鳴った。
「うん、誰だろう? こんなに早くから」
ずいぶん久しぶりの次男からだった。
「今年も移動なし。元気に働いているから心配しないように。
昇進試験があるから忙しくしている」
最小限の簡単な内容だが、以心伝心、彼の言いたいことはよくわかる。
「あの小さかったとっくんがずいぶん大人になったものだ」
子どもの頃の彼を思い出し、しばらく思い出に浸ったのだった。
ずいぶん久しぶりの彼からのメールは、母親にとっては最高の嬉しいメールだった。


b0344816_22355932.jpg


もうひとつ嬉しいプレゼントがあった。
"エイちゃんの笑顔"
昨日の最高の母の日プレゼント。娘にとっても私にとっても。
おじいちゃんに抱かれうとうと眠りながら、何を思っているのか時々ニコッ。
思わず心が惹きつけられる瞬間である。
「一体何を思っているのかなぁ〜」

リョウちゃんは水疱瘡にかかりエイちゃんに感染しないように、急遽お父さんと一緒にお父さんの実家へ。寂しそうだったが素直に言うことを聞いたらしい。
お兄ちゃんの自覚が出てきたのだろうか。子どもの成長は素晴らしい。

母の日のプレゼントはいろいろあると思うが、
母親にとって何よりも嬉しいプレゼントは、
一生懸命育てた子ども達がそれぞれに元気であり、生活を楽しみ、
自分達の目標に向かって一生懸命働いている子ども達の姿を見られることだと思う。
昨日、今日と私にとっては嬉しい母の日のプレゼントだった。


《今日の庭の花》
b0344816_22503293.jpg

b0344816_22491894.jpg


b0344816_22465429.jpg

b0344816_22483026.jpg

b0344816_22494006.jpg

b0344816_22485575.jpg



by PochiPochi-2-s | 2017-05-15 22:34 | 日記 | Trackback | Comments(8)

孫からのメール

b0344816_18291431.jpg
庭のケヤキ



朝7時半ごろ主人の携帯メール音が鳴った。Cメール。
うん? 誰だろう。こんな早い時間に…。

「おじいちゃん、お誕生日おめでとう」

ハルちゃんからだった。
中学校に行く前にと、朝一番に送ってくれたのだろう。

破顔一笑。
うれしそうに返信メールを打っていた。
その幸せそうな顔。
見ているだけで私の方も嬉しくなり、楽しい心はずむ気持になった。

再び Cメール音。

「がんばれー 💪 👍」

もう一度ハルちゃんからだった。
最初の返信メールに、毎日行なっている坂道を走る自転車トレーニングのことを書いたらしい。
おじいちゃんは毎日元気に頑張ってるよとの言葉も添えて。

あの小さかったハルちゃんに励まされるとは!
でも、
孫からの"頑張れメール"は、どんなプレゼントよりも、誰からのお祝いメールよりも、
比べ物にならないほど嬉しいらしい。
かわいいなぁ。大きくなったなぁ。落ち着いたいい子に育ってくれたなぁ。
朝からハルちゃんへの褒め言葉が止まらなかった。
それほど嬉しかったのだろう。

今日は 主人の71歳の誕生日。
1946年(昭和21年)5月11日、敗戦の翌年に彼は生まれた。

午後からはコンサートに出かけた。



《今日の花》
b0344816_18320680.jpg
花びらの形がおもしろいベゴニア



b0344816_18312446.jpg
満開になってきたシラーベルビアナ
(先日ブロ友が教えてくれた)



b0344816_18322827.jpg
フクロナデシコ

ずいぶん前花友にもらった
形、色が大好き。




by PochiPochi-2-s | 2017-05-11 21:58 | 日記 | Trackback | Comments(6)
b0344816_21180704.jpg
テッセンとアリマウマノスズクサ



空は青空。
朝から心地よい風が流れ、テッセンが咲きはじめる。
何年か前、絵の教室の友人からもらったアリマウマノスズクサも今年はたくさん花をつけた。
ハナミズキの下ではデルフィニウムがきれいな青い花を咲かせていて、
白色と赤色のガウラが咲き始めるのももうすぐだろう。
さくらんぼの実も少し赤くなってきた。

そんな気持ちのいい午後、
長男一家の自動車に乗せてもらってエイちゃんに会いに行ってきた。
おじいちゃんの焼いた祝い鯛と私が炊いたお赤飯を持って。


b0344816_00514224.jpg


「わぁ、ちっちゃッ! めっちゃ、かわいいなぁ。
ねえねえお母さん、僕も弟がほしいわ。
お母さん 産んでよ。もう無理?」

今日初めてエイちゃんを見たアサヒちゃん(小3)の言葉。
側で中1になったハル君はニタッとしていた。

赤ちゃんにはみんなを笑顔にさせる魔法の力があるようだ。
おじいちゃん、私、カオリさん、そして 長男までみんなで代わりばんこにエイちゃんを抱っこした。みんなそれぞれ幸せを感じ、笑顔になっていた。

28週での出産で、どんなに心配したことか。
でも、みんなの願いが叶って、どこにも異常がなく、健康ですくすくと育っている。
こんな嬉しいことはない。
1時間ほどだったが、その間笑い声が絶えなかった。
みんなで食べたケーキのおいしかったこと!

ハル君、アサヒちゃん、そして、大好きなハル兄ちゃんとアサヒ兄ちゃんに遊んでもらって
大喜びだったリョウちゃん。
この子たちの未来が明るく、平和でありますように。
そう願ってやまない。

【5/8・追記】
今日午前中娘からメールがあった。
「昨日はありがとう。あれから エイちゃんは爆睡してたわ」
メールを読んで吹き出してしまった。
「あんな小ちゃな赤ちゃんでも気を遣ってたんかなぁ」と。
いろんな抱っこのされ方で抱っこされ、普段聞こえないいろんなトーンの声や音が聞こえ、なんとなく賑やかで笑い声がよく聞こえる普段と違った雰囲気を敏感に感じ取っていたのだろう。
サービス精神旺盛で、ずーっと目を開けていたなぁ。
この子は度胸があるかもしれないと思った。

🍀 ハル君は、もうすぐ初めての中間試験。
昨夜、おやつにとチーズケーキを焼いておいた。
「テスト、しっかりね」と、チーズケーキを渡すと嬉しそうにニコッと。
だんだんとお父さんに似てきたなぁ。
頑張れ!



b0344816_21194011.jpg
さくらんぼ



b0344816_21182478.jpg
テッセン



b0344816_21184082.jpg
デルフィニウム





by PochiPochi-2-s | 2017-05-07 23:35 | 日記 | Trackback | Comments(6)

♪ 柱のきずは〜 - 立夏 -

♪ 柱のきずは おととしの
5月5日の 背くらべ
粽たべたべ 兄さんが
計ってくれた 背のたけ
きのうくらべりゃ 何のこと
やっと羽織の 紐のたけ

お客様がないかぎり、静かな二人だけのこどもの日。
子どもたちの家族はそれぞれの家庭でこどもの日を楽しんでいるのだろう。
それもいいことだ。

二人で蓬の柏餅を食べている時にふとこの歌が頭をよぎった。
朝、たまたま主人に言っていた。
「昔は父が山で柏の葉をとってきて、母が畑で蓬の葉をつんできて、
祖母が柏餅や蓬餅をこしらえてくれたものだった」と。

毎年こどもの日に、この歌のように柱に背の高さを刻んだものだった。
一番年上の従兄弟のかっちゃんを先頭に2つ年上のケイちゃん、私、すぐ下の弟と
4人が柱の前に立ち、背の高さのところに印をつけた。
そのあとみんなでこの歌を歌いながら、おばあちゃんのこしらえた柏餅をほおばった。
遠い遠い昔の子供の頃の楽しかった記憶。

今日は暦の上では『立夏』。
「日本の七十二候を楽しむ」(東方出版)によれば、
立夏とは、しだいに夏めいてくるころのこと。
あおあおとした緑、さわやかな風、気持ちいい五月晴れの季節。

今日は半袖シャツになりたいなぁと思うほど少し暑く感じたが、
ウッドデッキの上には心地よい風が流れ、欅の若葉の下は気持ち良い木陰となり、
庭には次から次に花が咲いている。

夜は久しぶりに、鯛の昆布じめで握った握り寿司と若竹煮。
昆布じめのおいしさを味わった。
あっ、そうそうパンも焼いたのだった。
イチジクとオレンジピールの入った食パンを。
明日からの朝食が楽しみだ。

平和なこどもの日だった。


b0344816_00373276.jpg





《庭の花》
b0344816_20344020.jpg
ウチョウラン



b0344816_20323230.jpg
ボリッジ



b0344816_20311984.jpg
原種アネモネの綿毛
アネモネ・フルゲンス



b0344816_20321022.jpg
名前、忘れた!



b0344816_20314077.jpg
オキナグサの花後



b0344816_20305783.jpg
満開のモッコウバラ



b0344816_20340927.jpg
ジュウニヒトエ




b0344816_20361149.jpg
フタリシズカ



b0344816_20345193.jpg
バイカニオイウツギ



b0344816_20333041.jpg
ブラックベリーの花
今年初めて咲いた!




by PochiPochi-2-s | 2017-05-05 23:08 | 日記 | Trackback | Comments(8)
b0344816_17431944.jpg


もうすぐ端午の節句。
2、3日前にやっと五月人形・馬乗り大将を出して飾った。
「雛人形だとずいぶん早くから飾るのに、五月人形はどうしてこうも遅いのだろうか?」
と思いながら飾った。
長男が生まれ、その初節句にと今は亡き実家の両親が贈ってくれた。
もう41年も前のこと。
当時住んでいた家は 町中の小さな家で庭がなく、鯉のぼりなんておよびもなかった。
心のなかでは小さい頃の鯉のぼりを思い出してはいたが。
毎年5月になると大きな鯉のぼりを出してきて、
いちばん大きな真鯉の中を弟と二人ではしゃぎながら出たり入ったりして遊んだものだった。
♪屋根より高い鯉のぼり、大きな真鯉はお父さん〜
大きな声で歌いながら、庭のポールに掲げてもらうのが楽しみだった。

今日5月2日。
朝から晴れ渡り、心地よい風がデッキの上を流れていた。
そんな気持ちのよい午後、エイちゃんが無事退院できた。
2月14日に未熟児で生まれ、今日までに12週が経っていた。
今のところ、どこも心配するところはなく、無事に健康に成長している。
こんな嬉しいことはない。
感謝あるのみ。
今日は家族だけで過ごしたいだろうと思い、一緒に病院に行くことは遠慮したのだったが、
嬉しいことに夕方写真を送ってきてくれた。


b0344816_19540564.jpg
(5/3 追記・ずいぶん迷ったがやはり載せておこうと思った)



娘の小さい頃の顔に似ているかなぁ。
落ち着いたら ゆっくりと "ご対面"といきたいなぁ。
どのような子供に成長するのだろうか?
彼らの未来は明るいだろうか?
楽しみがまたひとつ増え、健康で元気に過ごさなければとあらためて心に誓った。
ハル、アサヒ、リョウちゃん、エイちゃん。
この子たちのためにも、これから先もずっと平和な日本であり続けてほしいと願う。



こんな嬉しい日の庭にはモッコウバラが満開。
二階の窓から眺めると、
b0344816_19503182.jpg



一階の庭に面した西側の部屋の周りをぐるりととり囲んでいる。
b0344816_22182458.jpg



2階西側の部屋の窓からは
もうすでに青々としてきた欅の若葉が見える。
b0344816_00340947.jpg




by PochiPochi-2-s | 2017-05-02 23:02 | 日記 | Trackback | Comments(6)

風薫る5月スタート

b0344816_14035470.jpg
リビングから



午前中 一段落つきソファーにもたれ ふっとデッキに目をやると、
"緑色"が目に飛び込んできた。
「ああ 、5月!」
そう思った途端、この家に越してきたばかりの頃 当時の友人が言った言葉を思い出した。
「わあ! まるで森の中にいるみたい。この緑が なんとも気持ちいいわぁ」
彼女の住んでいたマンションは窓を開けても見えるのは、隣の家の屋根ばかり。
思いあまってリビングに大きな鉢植えの木を置き、まるでジャングルの中にいるような雰囲気にしていた。
この時期のこのあふれるような緑。
本当に気持ちがいい。
さあ、気持ちを奮い立たせよう!


b0344816_14042499.jpg
5月の誕生花・庭のスズラン
私の生まれ月


b0344816_14025061.jpg
朝、最後のチューリップを飾った
思い出のドレスデン


* * *



《5月のカレンダーより》
b0344816_14040664.jpg
リビングのカレンダー(5・6月)
🇨🇭グリンデルワルト
小田切 諭


遠い昔の思い出の場所、グリンデルワルト駅
ここには懐かしい思い出がたくさん詰まっている。
去年の9月、
1982年夏に宿泊したホテル・ベラリーがTV放送され
34年後のベラリーの様子が偶然にもわかった。
ホテル、当時の経営者の娘さん夫婦その子供、客層等々、
その変わりように驚きで
TV画面を食いいいるように見たものだった。
今でも昨日のことのように思い出す、懐かしい思い出にあふれた場所。



b0344816_14033067.jpg
残雪の五竜岳〈北アルプス唐松岳より〉
内川 芳郎

日本山岳写真協会のカレンダー
日本の名山
5月

山好きな私のために
昨年末、Nickさんがわざわざ送ってきてくださった。

山とスキーに明け暮れた青春時代を思い出す。



b0344816_14030284.jpg
JR東のカレンダー
5月
フルーティアふくしま 磐越西線 [広田〜会津若松]

一度は訪ねたい会津若松。
まだ見ぬ地に思いを馳せて。



b0344816_14031590.jpg
片山先生のカレンダー
5月
ナガミヒナゲシ(けし科)

こんな花の置き方もあるんだ。
いつも思う、白と黒の比率。
じっくりと見ると、
ひとつひとつの花が楽しそうに歌っているように感じる




b0344816_14034332.jpg
ミッシェル・ドワクロワのカレンダー
5月
Rue des Roses

バラ通りって何処にあるにだろうか?
もう一度、
地図を片手に パリの中を歩き回ってみたい。

パリの地図を片手に、電子辞書をもう片手に、
「ジャッカルの日」(フレデリック・フォーサイス著)を読み通した日が懐かしい。



by PochiPochi-2-s | 2017-05-01 20:12 | 日記 | Trackback | Comments(2)
b0344816_23161567.jpg
裏山の名残りの桜



「お母さん、金曜日(28日)、朝からリョウを預かってほしいねん」
2、3日前、娘から頼まれていた。
朝から夜の8時過ぎまで預かることとなっていた。

「おばあちゃん、リョウちゃんきたよ。
カンカンカンカンの踏切閉まるの待ったけど、阪急電車が通れへんかった。
ざんねんやったわ」

朝10時前、迎えに行ったおじいちゃんの自動車でやってきた。
小さい子供のエネルギーと興味は凄い。
次から次へやりたいこと、遊びたいことを見つける。
今日は庭の水遣りもした。
好奇心旺盛だ。
いっときもじっとしていない。

言葉も豊富で、自分の言いたいことを的確に表現する。
ロッキングチェアに後向きに座り揺すってもらって、
「ANAで〜す。飛び立ちます。シートベルトしました。ガッチャン。
テイク オフ!ビューん」
今度は前向きに座りなおし、
「北海道に着きました。着陸しま〜す。ヒュ〜、ドスン。
シートベルトはずします。カチャッ」

おもしろそうな言葉だとすぐに真似をし、何回も使ってみる。
"このズボン、ややこしいズボンやなぁ"の"ややこしい(難しくて、めんどうくさい)"に反応。何度も使ってみる。
「3歳児ってこんなんだったかなぁ?」
3人の子どもを育てたが、その記憶は遥かな昔のできごと。
忘却の彼方に消え去っている。

お昼ご飯のサンドイッチを食べてから、今度は伊丹空港の見える公園に出かけた。
飛行機の離発着が間近に見え、頭上に離陸したばかりの飛行機が見える。
甲山上空で旋回し方向転換するのも見える。
飛行機オタクの大人や子供達の穴場の小高い丘の上の公園。
風がここちよく通り抜けていく。
「そうだ、この風車くるくるまわるかなぁ」
ひとしきり飛行機を見たあと言った。
思いつくとすぐに試してみたいらしく、持ってきた風車を持ってはしりまわる。
こっちはどうだ? あっちはどうだ?
走る走る走る…
目が回るくらいくるくると走り回る。
実に エネルギッシュ!



b0344816_00163102.jpg

b0344816_00285430.jpg

b0344816_00174715.jpg


ほんとうに休むことなく動き続ける、
最後におもしろい滑り台を見つけた。
滑る前に、ぺんぺん草を滑らせた。
「あれっ? 滑らない」
次に枯葉のひとかたまりを滑らせた。
「わ〜いッ、滑った!」
それからは何回滑っただろう。
疲れを知らないように動き回る。



b0344816_00171619.jpg


夜8時過ぎ、大好きな"ばら寿司"をお腹いっぱい食べ、お風呂にはいり、
お母さんの待つマンションに送っていった。
自動車が動き出した途端に眠り始め、マンションについた頃にはもう夜中の夢。
興奮してお昼寝をしなかったためかぐっすり眠っていた。

公園ではタンポポやぺんぺん草、アカツメグサやシロツメグサが咲き、
空には飛行機が飛んでいた。

リョウちゃんのエネルギッシュな動きは、
日頃静かな生活を送る私たちにとってはまるで小さな"台風"のようだった。
楽しくも疲れる一日だった。



b0344816_23115282.jpg


b0344816_23122742.jpg



b0344816_23140440.jpg


b0344816_23153902.jpg


b0344816_01040171.jpg






by PochiPochi-2-s | 2017-04-28 23:16 | 日記 | Trackback | Comments(4)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s