カテゴリ:その他( 4 )

豊かさとは何か?

《マムシグサ・透明水彩》
b0344816_22571479.jpg

9月末、上高地・徳沢園までの林道で見つけたのは、真っ赤な実のマムシグサ。
2〜3本見つけた。嬉しくて、何枚も写真を撮った。
しかし、一昨日、絵の先生が山から採ってきてくれたのは、黄・橙(朱)・黄緑・
濃い紫の何とも言えないほどカラフルなマムシグサだった。
「描いてみたい!」
即決だった。実の形、彩りに魅かれた。
念のため、デジカメで何枚か撮影。その後、スケッチをした。
昨日と今日で色を塗る。一応完成。

夜、9時。
「世界の村で発見。こんなところに日本人」という番組を偶然見た。
スイスアルプスの素晴らしい景色が映されていた。
思わず見てしまった。

スイスのダリーンという人口50人足らずのアルプスの村に住む日本人・
フィッシャー堀川恵さんを探して訪ねるという。

チューリッヒからクールへ。電車を乗り換え、シュクオルへ。一泊する。
翌日 さらに バスでダリーンへ。標高1200m。時には雲海を下に見る
高い山の上にある小さな村。大パノラマは、本当にすばらしい!感動!

インドネシアのバリへの旅行でスイス人の旦那さんと知り合い、
そのまま帰国せずにスイスへ。その後結婚。2013年 ベルンからダリーンへ移住。
夫、ベアト・フィッシャーさんは、彫刻や壁画の修復師。
彼女は、今、自分たちの家の内装工事(大工仕事)を自分でしているという。
この辺の人たちはみんな何でも自分でするらしい。
彼女も見よう見まねで覚えたと言っていた。

「ここでの生活は楽しいですか?」
彼女は答えた。
「日本での楽しさは、与えられる楽しさ。受け身(受動態)の楽しさ。
ここダリーンでの楽しさは、自分で考え、何でも自分で見つけ楽しむ
能動態の楽しさ。私には、居心地がいい」

日本に居れば何でも簡単に手に入る生活ができる。
物が溢れている。世界中から「豊かな国日本」と言われ、思われている。
しかし、本当に豊かなのだろうか?
毎日の生活で、豊かだという実感がわかないのは、私だけだろうか?

人は、どのような時に豊かさを感じるのだろうか?

たとえ物がなくとも、精神的に 心が満たされれば、満足感を感じることができ、
豊かさを感じれるのではないだろうか?

ダリーンで、与えられた環境の中で、自分で一生懸命考え、行動し、楽しさを見つけ、生活している恵さん。本当に豊かな生活をしているように思えた。

ふっと、去年夏、イギリス・ハワースで出会ったガイドのヘレンさんを思い出した。
彼女も、ロンドンからハワースの近くの村に移り住み、ブロンテ姉妹にまつわる
場所を訪れ、説明するガイドをしている。決してゆとりがあるとは思えない生活
だが、ブロンテとウオーキングが大好きという趣味と実益を兼ねたガイドという
仕事を心から楽しんでいるようだった。彼女との5時間のウオーキングと会話は
実に楽しく、心が満たされるものだった。
ハワース村に帰ってから立ち寄った彼女お薦めの喫茶店。
イングリッシュマフィンとアールグレイの紅茶が、どんなに美味しかったことか!
今だに思い出す。

豊かさとは、物やお金だけではないようだ。

《庭のアキチョウジ》
b0344816_22572525.jpg

20年近く、庭の片隅で、この時期になると必ず咲く。
秋を感じさせてくれる草花に一つ。


by PochiPochi-2-s | 2014-10-24 23:30 | その他 | Trackback | Comments(0)

"自由な鳥になれ”

《カラスウリの花》
b0344816_22142033.jpg

「マララは自由な鳥になれ」

17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユサフザイさんのお父さんの言葉。
「自由な鳥になるためには、教育が大切である」と彼は言う。

“教育を受けることで判断力がつく。
女の子への差別を変えていくためにも、まず、教育が必要”
マララさんのお父さんの信念だ。
パキスタン北部で女子教育のための学校を作り運営していた。
彼女もその学校の生徒であった。

「1人の子ども、1人の教師、一冊の本、一本のペンでも世界を変えられる」
国連での演説での彼女の言葉。

最近終わったNHKの朝の連続ドラマ「花子とアン」の主人公村岡花子さんの
ことを思い出した。
彼女がお父さんの尽力のおかげで、幸運にも兄妹のなかでただ一人、
東洋英和女学校の教育を受けることができた。
この教育のおかげで、 終生仕事ができ、当時の女性のリーダーの一人として
活躍することができ、幸せな生活を営むことができた。

今現在、日本では、「教育を受けられない」ということは考えられない。
小学校・中学校の就学率はほぼ100%。教育に男女の区別はなく、全く平等。
幸せな教育環境の中にあると思う。

去年夏、友のいるイギリスを訪ねた。
2週間、ブリットレイルパスを使い 、長年行きたかった場所を訪ねて回った。

自分で旅行の計画を立て実行できること。片言ながら英語を話せること。
気後れせず、わからないことは誰にでも尋ねることができること。
全て私が今までに受けてきた教育のおかげだろうと思う。
十分な教育を受けることができたありがたさをしみじみと感じる。

“教育のおかげで、自由に行きたい所に、いつでも飛んで行ける。 鳥のように”

マララさんのノーベル平和賞受賞を機会に、世界中の子供達が 、誰もがみんな
十分な教育を受けられるような世界になることを願わないではいられない。

五輪真弓さんの「時の流れに〜鳥になれ〜」を思い出した。

鳥になれ おおらかな
つばさを ひろげて
雲になれ 旅人のように
自由になれ

《台風後の今朝の雲》
b0344816_16150155.jpg
今朝、何時ものごとく、台風が過ぎ去った。
やって来るまでは遅く、いったん来れば、足早に 被害をまき散らして去ってしまう。
今回も、鹿児島県指宿周辺に上陸してから、東北の東の海上で温帯低気圧に変わる
までわずか2日余。西日本から東日本へ一気に駆け抜けた。
和歌山で生まれ育ったゆえ、台風に慣れているとはいえ、最近の台風には本当に
驚かされる。

「どうか今年はもうこの19号で終わりにしてほしい」
そう願うのは、私だけではないだろう。


by PochiPochi-2-s | 2014-10-14 23:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

”卒婚” ?

《トチの実》
b0344816_17331072.jpg
完成かな?
栗の実とは違い 殻から実を取り出すとまるで『パンツ』をはいているように見える。
このことが面白く、できるだけそのパンツの部分を描くことにした。
デッサンが難しい。先生に相談することしきり。まだまだ・・
おいしそうに見えるかな?

昨日の懐かしい友達との会話の中で、気になる言葉があった。
『卒婚』
友人は言った。「卒婚という言葉知ってる? 私、卒婚やねん」

卒婚? どういうことなの? 調べてみた。

≪知恵蔵miniより≫
結婚という形を維持しながらも、夫と妻が互いに干渉せず、それぞれの人生を
自由に歩んでいくという夫婦関係。2004年に出版された『卒婚のススメ』
(オレンジページ)の著者・杉山由美子による造語。同著では、子供の独立や
夫の定年退職などを機に卒婚を選択した中年期以降の夫婦の事例を取り上げ、
離婚か仮面夫婦かの二者択一ではない、新しい夫婦のあり方として提唱している。
13年から14年にかけて、2組の芸能人夫婦が卒婚状態であることを明らかに
したことから注目されるようになった。 ( 2014-2-28 )  

2組の芸能人夫婦とは、加山雄三さん夫婦と清水アキラさん夫婦。

「今の時代、何があってもおかしくない」とは 常日頃思ってはいるが、
『家庭内離婚』とどう違うのだろうか? 

”夫と妻が互いに干渉せず、それぞれの人生を自由に歩んでいく”ならば、
結婚という形は必要ないのではないかと思うが…
この言葉からは ‘離婚’という言葉に伴う険悪な 、暗い雰囲気が感じられなく、
むしろ、カラッとした割り切った明るさを感じる。
たぶん、‘卒婚’の範疇は、かなり、私の想像以上に広いものなのだろう。
普通の結婚状態から一歩出た状態から家庭内離婚の状態に至るまで。
使いようによっては、とても便利な言葉かもしれない。

最近、海外でも国内でも、また近所でも、年を取った夫婦が仲良く、
楽しそうに話しながら歩いている姿をよく見かける。
私には 、これほど美しいシーンはないと思われる。
私の理想とする“老後の姿”。憧れの形。

お互い、自己主張も、自由に行動することも、自分だけの時間を持ち楽しむ
ことも大切なことだと思うが、夫婦でいる限り、いつも仲良く、時には相手の
ことを考え、なんでも話し合える二人でいたい。

今以上に年を取ったとき、心を許してなんでも話し合える人を必要とする時
が必ずやって来る。その時 一人というのはあまりにも寂しいのではないか?

十人十色、人それぞれ。
戦後69年。戦争を知らない世代も来年は、70代になる。
時代が変われば、人の考えも変わる。
今は、父親や母親の生きた時代とは違い、女性の立場からして
本当に自由になったと感じる。
さまざまな生き方、夫婦のあり方があって当然だと思う。

何気なく言った彼女の言葉。深く考え込んだ日だった。


by PochiPochi-2-s | 2014-10-02 22:30 | その他 | Trackback | Comments(0)

アザミの花

≪スコットランドの花・アザミ≫
b0344816_18433411.jpg
スコットランドで『イギリスからの独立』を問う住民投票が行われた。
今日、日本時間 午後1時過ぎ、独立反対の投票数が半数を占め、
スコットランドの独立は不成立に終わった。

イギリスは大好きで、今までに4回訪れている。
一度目は、1982年。家族4人で行ったヨーロッパへの旅行の最後の訪問国。
ブリットレイルパスを利用してエジンバラまで行き、ロンドンから日本へ帰る予定
だったが、まだ小さかった子供たちが動かず ロンドン止まりになってしまった。
去年夏も湖水地方・ハワース止まりで、またしても エジンバラには行けなかった。

私は、スコットランドについて いったい 何を知っているのだろうか?
街の名前は? エジンバラ、グラスゴー、セントアンドリュースのみ。
あとは? スコッチウィスキー、タータンチェック、キルトスカート、
ウールのセーター、ネス湖、蛍の光、アニーローリー、バグパイプ。 
あまりにも乏しい知識。

バグパイプといえば、大学4年の夏、カナダのバンクーバーで、自分の家に招待
してくれた スコットランド出身のワットさんを思い出す。息子さんが、私たちに
彼のバグパイプを演奏してくれた。生まれて初めて聞く音に何か不思議なものを
感じ、ワクワクしたのを思い出す。40年余前のこと。今じゃ、遠い遠い昔話。

今回、テレビの私たちに与える情報はすごいと思った。“内容・量 ” 共に。
どのチャンネルも、スコットランドの成り立ちから始まって現在の状況に至る
まで や なぜこのような住民投票が行われるようになったかまで、微に入り細に
入った説明をしていておもしろかった。お蔭で 知識も増え 事情がよくわかった。
急に “スコットランド通”になった気分だ。
b0344816_23111816.jpg
《バグパイプの演奏》

イギリスの正式名称は、『グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国』
グレートブリテンは、イングランド、ウェールズ、スコットランドから成り立つ。
18世紀初頭イングランド王国とスコットランド王国の統一により大ブリテン王国
となる。だから 今回のような一部の地域の分離独立騒動も当然ありうると思った。

今回、スコットランドの人たちは、本当に真剣に”自分の国の将来”を考えたこと
だろう。日本では考えられないことだが、”自分たちの置かれている立場、状況、
未来”などを真剣に考え、話し合える機会を持てた彼らは、ある意味幸せなのかも
しれない。しかし、ただ一度きりの住民投票で、しかも『過半数』で、このような
重要な 微妙な問題が決定されるのは、なにか怖い気もする。一人の 雄弁な 魅力的
な演説によって、人々の気持ちが左右されるのはあまりにも怖い。

スコットランドの国花は『アザミ』
ノルウェーの侵攻から城を守った花として国花とされている。
花言葉は、「独立」「厳格」「満足」「安心」等。
葉は棘でおおわれているが、花の色は美しい赤味がかった紫色。
何度か挑戦してみたが、絵に描くには難しい。

スコットランドの人たちには、今回のこの貴重な体験を大事にし、
これから先 毎日を大切に 生きてほしいと思う。





by PochiPochi-2-s | 2014-09-19 23:33 | その他 | Trackback | Comments(0)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s