b0344816_21313260.jpeg


あらっ、綿毛!
朝、庭の枯葉を掃いていたとき秋明菊の綿毛に気がついた。
「旅立ちの時がやってきたなぁ。どこに飛んでいくのかしら」
その真っ白な、まるで綿そのもののような綿毛をしばらく眺めていた。

♪ 園小百合 撫子 垣根の千草
今日は汝をながむる 終わりの日なり
おもえば涙 膝をひたす
さらば故郷
さらば故郷 さらば故郷
故郷さらば
さらば故郷 さらば故郷
故郷さらば

ふと気がつくと、何故かこの歌が心の中を流れていた。
そして3人の子供達の旅立ちの時のことを思い出していた。

彼らにとっての旅立ちの時とは、大学に入り親から離れ独立する時だったと私は考えている。
三人三様だった。
長男は後に続く妹と弟のことを考えて、長男の自分は自宅から通える大学に進もうと思ったと、ずいぶん後になってから言っていた。本当は親元から離れ、下宿生活をして一人暮らしをしたかったし行きたい大学もあったが、諦めたと。母親の私はそんな彼の気持ちは全く知らなかった。もちろん主人も知っているはずはなかった。長男が一人で思い、一人で考え、一人で決めたことだった。もし知っていれば、「そんなことは考えなくてもいい。自分の行きたい大学に行きなさい」と言っていたと思う。子供の心親知らずの全く鈍感な母親だった。彼は学部修士と6年間家から通い続けたが、受験する大学を決めたとき心はすでに親から独立し、旅立っていた。

長女(娘)は、兄とは異なり、あくまでも自分の希望が第一で、自分の行きたい大学はここだけと強く主張し、親の思いもふりきって北海道に行ってしまった。6年間、親元を離れ、そこでの生活を楽しんだようだ。辛いことも数多くあっただろうが親にはそのようなそぶりは一度も見せたことがなかった。休暇で帰ってきたときはいつも笑顔の彼女だった。親の思いをふりきって行ってしまったとき、この時が彼女の旅立ちの時であった。

次男の旅立ちの時はなかなか大変だった。
年の離れた兄・姉の後に自分もまた続きたく、彼なりに必死に頑張っていた。
家族親戚の中で一番年下でみんなから可愛がられて育った彼は、何事にもおっとりとしていて、家から通学できる大学に行くか遠く離れた大学に行くかで最後の最後まで迷いに迷っていた。
結局は、両親、兄姉、高校時代の友人たちみんなに勧められ、家から離れた遠くの大学に行くことにした。生まれて初めてのアパートでのたった一人の自炊生活。寂しかったのだろう。
「お母さん、………」と寂しそうな声でよく電話がかかってきたものだった。
しかしその次男も次第に一人暮らしに慣れていったのか、7月になり「運転免許証を取りたいから自動車学校の費用を貸してほしい。アルバイトをして必ずお父さんに返すから」と言ってきたときには 「ああやっと落ち着いたのだ」とほっとしてなんだかじーんときてしまったのだった。就職し東京に行く前に家に戻ってきた彼は、6年間の大学生活が自分にとっていかに最高のものであったか、たくさんの仲の良いすばらしい友人や尊敬できる先輩や教授に巡り会えることができたかと写真を見せながら滔々としゃべっていた。
“あのお母さんという寂しそうな声“で電話をかけてきたのと同じ人物だとは思えないほどの、
逞しい成長だった。
「ああやっと旅立ちの時だなぁ」
その時やっとそう思ったのだった。

安野光雅・画文集「歌の風景」の中に、
「故郷とは子どもの時代のことなのである」という一文がある。
旅立ちとは子ども時代との決別の時だと思った。

3人それぞれの旅立ちの時から随分時は経った。


b0344816_21130556.jpeg
たんぽぽ
(堀文子・画文集「無心にして 花を尋ね」より)


庭の秋明菊の綿毛を見ていて思い出したものがもうひとつあった。
たんぽぽの綿毛を描いた堀文子の絵だった。
家に入り、早速画文集を本棚から取り出し、もう一度じっと眺めた。
四方八方に向かっておもいおもいの格好で飛んでいく綿毛。
どこに飛んでいくのか。
ひとつひとつの描かれた綿毛からまだ見ぬ地へ飛んでゆく楽しさを感じる。
なんだか嬉しそうに歌っている歌が聞こえてくるようだ。
まさに次の世代への旅立ちの時。
この絵が大好きである。
いつかこのような楽しそうな歌が聞こえてくるような絵を描きたいなぁ。

今朝偶然見つけた秋明菊の綿毛はいろんなことを思い出させてくれたのだった。




# by PochiPochi-2-s | 2017-11-22 23:18 | 思い | Trackback | Comments(1)

裏山の紅葉

b0344816_21290524.jpeg
裏山の紅葉(北側)


b0344816_21302231.jpeg
裏山の紅葉(西側)



秋の夕日に照る山紅葉(やまもみじ)
濃(こ)いも薄いも数ある中に
松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は
山のふもとの裾模様(すそもよう)

ここ2、3日で気温はぐっと低くなり、
特に早朝と太陽が沈んでからの気温が驚くほど低くなった。
今日は日中でもデッキの温度は13度ぐらいしかなく、
2気筒のストーブを全開にしても部屋の温度は20度以上にはならなかった。
いつもは昼間は気筒を2本使うこともなく一本だけで十分な暖かさになるのだが、
今日はそれほど寒かったということだ。
だからか、
今朝は、毎朝見ている裏山の紅葉が、いっきにきれいになったように思ったのだった。

お昼前、用事があり出かけたついでに近くの山の紅葉も見ようと立ち寄ってみた。
思ったとおり、ここの山の紅葉もずいぶんと美しくなっていた。
曇りがちのなか時々陽の光が射すと、山の紅葉した木々がパッと明るく輝いて見える。
「ああ きれいだなぁ」
しばらくじっと眺めていた。
心の中では「紅葉」の歌が流れていた。
「夕日じゃないけど…」と思いながら。
どういうわけかわからないが、今年は赤色より黄色の方が輝いているように思う。



b0344816_21295564.jpeg



b0344816_21293907.jpeg


b0344816_21292464.jpeg





# by PochiPochi-2-s | 2017-11-21 23:37 | 日記 | Trackback | Comments(2)
b0344816_16303538.jpeg


午後、主人が所用で出かけた。
夕方まで戻ってこない。
うふふ♪
マムシグサの絵を仕上げようと、夕方までの静かな、心楽しいひとり時間を過ごせる。
いつものようにフジ子・ヘミングのピアノ曲、リストとショパンをかけ、色を塗っていった。

マムシグサの赤い実を一粒づつ陰影をつけながら塗っていると、CDから流れる曲が影響したのか昨夜見たBSの番組のさまざまなシーンが自然と心に浮かんできた。
ハンガリーの歴史と風景という番組でおもにブダペストの町のいろんな場所・建物などを映しながら解説する。いつのまにか以前旅行し訪れた、私の知っているブダペストの街と重なり、懐かしく思い出していた。
そして何よりも意外だったのは、リストの作曲した数々の曲がテレビに映し出されるそれぞれのシーンにピッタリと合っていたことだった。幼少時にハンガリーを離れ生涯を通じてハンガリーに戻らなかったリスト。それ故ハンガリー語が全く話せなかったというリスト。そのリストの作曲した曲がこんなにもハンガリーの風土やハンガリー人の気質を表しているのかと思うと、なんだか不思議な気がしたのだった。
そのうちに絵に集中していった。いつのまにかCDは終わっていた。

「もうちょっと手をピンと後ろまで伸ばして。そうしたらカッコよくなるわ」
「そうそう。それそれ。できてきたやないの。うまく形になってきたよ」
CDが終わりもう一度かけようとした時、
今度は朝の水泳教室でのことがふっと心に浮かんだのだった。
ここ3、4回、練習時間の半分以上はバタフライの練習に使われている。
「平泳ぎもままならぬのにバタフライなんて…」
最初はそう思ったが、グループの今期の目標はバタフライを泳ぐこと。
もう10年以上このグループで泳いでいる人もいるのだからバタフライを泳ぐしかなかった。
やればなんとかできるものだ。
最近はそう思うようになった。
褒められて嬉しくなり、少し頑張ってみる。もう一度褒められる。また少し頑張ってみる。
この年になっても褒められるのが嬉しいのかと我ながら少々呆れもするが、
やっぱり嬉しいのが本音。
「やったぁ〜!」
思わず言ってしまった。

ふふと思い出し笑いをし、再びCDを聴きながらいつのまにか絵に集中していった。
夕方やっと「完成かな」と思えるまでになり、これで終わりと絵の道具を片付けることにした。
何だか元気いっぱいのマムシグサになったような気がする。
その時 ふと 生活歌集(婦人之友・12月号)の短歌を思い出した。

コーヒーの香りただよう午下り
ミシン片付け今日はこゝ迄 (三國博子・平塚)

この短歌のようにもう少しゆとりを持って描きたいなぁと思ったちょうどその時
主人の「ただいま」の声が聞こえたのだった。




# by PochiPochi-2-s | 2017-11-20 21:32 | 習いごと(絵・水泳) | Trackback | Comments(4)

雨の昨日は…

b0344816_13064108.jpeg
1時過ぎの日差し(追加)


今日は朝から眩いほどの陽の光が燦々と降り注いでいる。
外は寒いが、デッキに面した合計5枚のガラス戸から差し込む日差しのおかげで
リビングはまるで温室のように暖かい。
この暖かさがなんとも言えず心地よく、心まで温まるように思える。


b0344816_16515430.jpeg
昨日 雨に濡れる蝋梅の黄葉



一昨日の夜、ふと眼が覚めると雨音が聞こえていた。
寝室の天窓のガラスに当たる雨音だった。
いつもなら星や月が見えるのにその夜は真っ暗。雨音だけが聞こえていた。
そのうちに再び眠ってしまった。

朝、まだ雨が降っていた。
主人は大学時代の同窓会に行く準備をしていた。
「よっぽどの雨男なんやなぁ。よりにもよってこんな日に降られるとは…」
英語科同期12、3名の同窓会。今日の幹事は彼。出席者は9名。
出かける時には雨がまだ降っていたので自動車で駅まで送っていった。

さあ、夕方まで楽しいひとり時間。
マムシグサの絵を完成させようと前日から目論んでいた。
しかし、どうしたことかすごく眠くなり、絵に集中できない。
気がつくとかなりの時間ソファの上で眠り込んでいたようだった。
毛布に包まって。CDはいつのまにか終わっていた。
ストーブがつけられ、暖かい心地よい部屋で4時間ほど眠っていたのだろうか。
自分でもびっくりするくらい珍しいことだった。
なんとなくスッキリしたとは思うがやはり絵を描く気にはならず、
そのうちに再放送の「刑事フォイル」が始まってしまった。
第二次世界大戦下のイギリスの小さな村での出来事を扱う刑事ものミステリー。
先週の前半に続く後半で、すでに知っている内容とは言えやはりワクワクしながら見入ってしまった。何故この番組が好きなのかと聞かれてもすぐには答えが出てこないのだが、言葉の使い方、俳優の演じる人物が如何にもイギリス的なのが好きな理由の一つかもしれない。アメリカの映画では感じられないイギリス的なものを感じさせてくれる点が好きなのかもしれないなぁと思いながら見ていた。

夕方主人が帰ってきた時には、まだなんとなくスッキリしなかった気分もかなりよくなっていたが、準備していた簡単な夕食をとり11時前には寝てしまった。
私にはほんとうに珍しいことだった。

今日は朝からの明るい日差しに心も明るくなり、疲れていた私に再び元気をくれたようだ。
さあ!
ひとり心の中で叫んでいた。




# by PochiPochi-2-s | 2017-11-19 12:15 | 日記 | Trackback | Comments(2)
b0344816_22170009.jpeg


朝から晴れた。
気分爽快。
「さあ、焼くわ」
昨日 パイの生地を作り、中に入れるりんごのフィリングも作っておいたので、
あとは生地をのばし焼くだけだった。
始めると、だんだん気分がのっていった。
庄野潤三のエッセイに「誕生日のアップルパイ」というのがあるが、
私のはさしずめ「おばちゃんの(お正月の)アップルパイ」かもしれないなぁなんて
思いながらパイ生地を綿棒でのばしていった。
その時ふっと思った。
「アップルパイを始めて焼いたのはいつだったかしら」

初めてケーキやクッキーを焼いたのは、働き始めてからだった。
大学卒業後教師として働き始めた神戸のミッションスクールで、生まれて初めてフランス料理の講習会と出会った。同期の仲良しの友人・家庭科の先生Nさんに「お料理が好きそうだから」と誘われ、参加したのだった。
講習会はマンションの一室で行われ、毎回オードブルから始まりデザートまで教わりながらつくった。
その時生まれて初めてオーブンという調理道具を知り、ローリエバニラスティックを知った。ベシャメルソース、ラングドシャクッキーという言葉も、その味も知った。シュークリームを焼いたのもこの時が初めてだった。それまではシュークリームは買うものだった。エーワンベーカリーのシュークリームが一番好きだった。
目にするもの耳にするもの全てが生まれて初めてで、まるで別世界のようだった。
シスターを含む、この料理教室を開いていたグループは、時々神戸にあるフランス領事館で働くフランス人たちを食事に招待し、自分たちで作った料理でもてなし、会話を楽しみながら食事をしていた。
今まで全く知らなかった世界に驚き夢中になった。
毎回興味津々で目を輝かせ、ひと言も聞き逃さないと必死になってメモを取り、料理を作ったのだった。

結婚した時、その頃には珍しいオーブンが欲しいと買ったのもこの時の経験からだった。
その時覚えた料理はさておき、お菓子作りはおもしろかった。
新しいレシピを見つけては挑戦し、何度も試行錯誤を繰り返した。
そんなある日、婦人雑誌で「フランス人が作るアップルパイ」という記事と掲載されていた
レシピ、作り方の図面に偶然出会った。
中に入れるりんごのフィリングは砂糖と蜂蜜で煮たりんごのみ。シナモンは使わない。
りんごのおいしさが生かされていた。
夢中になって作ったのはいうまでもないことだった。
そのうちにだんだんとうまく焼けるようになっていった。

b0344816_22172634.jpeg

義母が生きていた時は、正月元旦に3人の義姉がそれぞれ家族とともに私の家に集まり、義母を囲みみんなで食事をするのが習慣となっていた。多い時には大人、子供合わせて20人ぐらいが一度に集まった。
食事はともかく食後のデザートが問題だった。
10人余りの子どもたちの喜びそうなものをと考えた時、思いついたのがこのアップルパイだった。一切れづつ切り分ければ20切れになる。このサイズのものを2つ用意すれば、子供たちだけでおとなしく遊んでいるだろうと、そう思って焼いたのだった。
予想は的中した。
それからはお正月には子ども用2つ、大人用1つの計3つのアップルパイを大晦日の忙しいなか焼いたものだった。
お正月には欠かせないお菓子になっていった。

「おばちゃんのアップルパイ、おいしかったなぁ。今でも時々ふっと食べたくなる時があるわ」
今でも時々聞くこの言葉。
お正月の楽しかった思い出とともに、「おばちゃんのアップルパイ」の味もみんなの記憶の中に定着しているようだ。
こんな嬉しいことはない。
今日もそんなことを思い出しながら、アップルパイを焼き、お赤飯を炊いた。
ローストビーフも焼いた。

今日は主人のお父さんの祥月命日だった。
亡くなってから69年が経つ。
当時主人は2歳半。
父の顔は全く記憶になく写真のみでしか知らないという。
来年は70年。
久しぶりにみんなで集まって食事会でもすることだろう。






# by PochiPochi-2-s | 2017-11-17 23:30 | 趣味 | Trackback | Comments(12)
b0344816_18375303.jpeg

「明日は、リンゴジャムをつくろう。
アップルパイの皮と中に入れるりんごのフィリングもつくっておこう」
昨夜寝るときから決めていた。
マムシグサもなんとか描けそうなのでほっとひと安心。
ほんの少しだけ心にゆとりができたのだった。

毎年決まってこの時期にはよくりんごジャムをつくる。
今年もつろうと思い、2、3日前にりんごを買いに行った。
しかし、思っていたりんごは値が高く、ジャムにするにはもったいなかった。
そのまま食べたほうがよほどおいしいだろうと思い買うのをやめ、
もう一軒、いつもあまり買い物をしないスーパーに寄ってみた。
そこではリーズナブルな値段のりんごが品数多く売られており、紅玉もあった。
「ジャムだからこの程度のりんごでいいだろう」
ほんの少し不安があったが、まあなんとかなるだろうと判断し購入したのだった。

昨夜の計画通り、今日朝からジャムをつくった。
つくっていて少しも楽しくなかった。
心が弾まなかった。
「ああやっぱり… 失敗やったわ。少々高くてもいつもの店で買っておけばよかった」
香りもなく、舌触りも悪く、期待外れの予想もしなかった代物になってしまった。
後悔先に立たず。
これからしばらくはヨーグルトに入れ毎朝食べるしかないか…と。

40年来つくり続けているがこんな失敗は初めてだった。
ジャムにするとはいえ、やはり其れ相応のりんごが必要であるとよくわかった朝だった。
紅玉を使ったアップルパイ用のフィリングの方がまずまずのできだったのがせめてもの救いかと少し慰められた気分の朝だった。


アップルパイ用のフィリング
b0344816_18382122.jpeg
少しりんごに鮮度が悪かったのか煮崩れてしまった。




「夕方2階のベランダから》
b0344816_18371306.jpeg
あと少しで夕日が西の山に沈む



b0344816_18372834.jpeg
2階のベランダから南側を見る
金剛葛城山を背景に梅田のビル群のシルエット
写真左端近くの高いビルがアベノハルカス
大阪の北と南はかなり離れているのに
写真ではその距離感がなく
横一列に並んでいるように見えるのがおもしろい。


b0344816_18384876.jpeg
ウッドデッキの花
スカピオサ・ジェラート
(マツムシソウ科・多年草)
この花の色が好き



# by PochiPochi-2-s | 2017-11-16 23:34 | 趣味 | Trackback | Comments(6)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s