早朝 家の前で & 7月のカレンダー

b0344816_13173090.jpg
7月半ばの野ばら


「おはようございます。この薔薇、きれいでしたね。
咲くのはあの時期だけですか?一年に一度だけですか?
犬の散歩の度に楽しませてもらってたのですよ。私も花が好きなので」

今朝6時半過ぎ、外で水遣りをしていたとき、背後から声がした。
振り返ると、近所のTさん夫婦だった。
16歳の大きな黒のラブラドールを連れていた。
犬の散歩で うちの前の坂道を上り、裏山の裾にある公園まで行ってきたらしい。
犬も16歳になると、いろんな病気が出てきてなかなか大変らしい。
しかもラブラドールは身体が大きい。
自分の体重を支えながらの坂道の上り下りはきついだろう。
見ていてかわいそうなほどフラフラになっている。
坂の上にある公園までの途中でいつも何度か休憩をし、なかなか前には進まないという。
その休憩場所の一つが私の家の前だ。
顔を合わした時は、花好きの奥さんと花の話をし、
犬を引っ張る係のご主人とは、かつての我が家の愛犬ポチの話を混じえ犬の話をする。
しばらく話した後高齢のラブラドールはむっくりと立ち上がり、またヨボヨボと歩いて行った。
少し休憩ができ、もう一度歩く元気が出たのだろう。
「しっかりね! この暑い夏をがんばって乗りきるのよ」
心の中で励ましていた。
Tさん夫婦に大事にされ、十分世話ををしてもらっていることがありありとわかる穏やかな優しい目をしていた。


「前にこのバラをもらってありがとう。もらった枝は全部挿し芽でついたわ。どの枝も、いま生き生きしています。来年が楽しみやわ。お礼を言うのが遅くなってしまってごめんね」

また背後から声がかかった。
やはり近所に住む別のTさんだった。
彼女と顔を合わすのは、ずいぶん久しぶりだった。
野ばらモーツアルテムが満開だった時、「挿し芽をするために何本かいただけないでしょうか」
と頼まれ、新芽を切って彼女にあげたのだった。
私が教えたとおりに挿し芽をし、見事に全部の枝がついたという。
嬉しそうな笑顔で話してくれた。
聞いている私も嬉しくてお互いに笑いながら喋っていた。
滝への途中にあるお寺の前にある広場で、毎朝開催されているラジオ体操の会に出た帰りだという。家から往復すると5〜6000歩くらいだが、行きは坂を下り帰りは坂を上る。そのうえに ラジオ体操第1と第2。かなりの運動量だと思う。
「これからもよろしくね」
お互いに笑顔で言葉を交わし、彼女は帰っていった。
来年の春、きっときれいな野ばらが彼女の庭で咲くことだろう。
その時はお願いして見せてもらおうと秘かに思っている。

そのほかにもたくさんの人が通る。
会社に行く人、もう少し遅くなれば小学生や中学生たち、知り合いの人、
顔だけを知っている人、全く知らない話をしたこともない人等々。
でもなぜかみんな笑顔を交わしながら通り過ぎて行く。
心地よい一日の始まりの時間である。



気がつけばいつの間にか今日はもう17日。
遅ればせながら7月のカレンダーをここに載せておこうと思う。

《七月のカレンダーから》
b0344816_17120838.jpg
リビングのカレンダー(7・8月)
パリ街景/フランス
小田切 諭

パリのどの辺りだろうか。
パリにはもう一度行きたいと、最近よく思う。
しばらく滞在し、行きたいと思うところを訪ねて回りたい。


b0344816_17041738.jpg
農鳥岳山頂から富士を望む(南アルプス農鳥岳より)
清水隆雄

日本山岳写真協会のカレンダー
日本の名山・7月

山好きな私のために
Nickさんがわざわざ送ってきてくださったカレンダー。

懐かしい南アルプス。
今でも一番印象深く、
何故かしら北アルプスよりずっと好き。
振り返れば、あまりにもいろんな思い出が多い場所。
いつでもあの輝いた目をしていた青春時代に戻れる場所。
いつまでも心の奥底にしまっておきたい場所。
毎朝このカレンダーを眺める度に、
もう一度行きたいなぁと思う。



b0344816_17042819.jpg
絵の先生のカレンダー・7月
トキソウ(ラン科)

いつも意外な構図を考えられ、
ハッとする。



b0344816_17040745.jpg
JR東のカレンダ・7月
リゾートビューふるさと(大糸線/白馬 - 信濃森上)

懐かしい景色。
じっと眺めていると、
子供たちが小さかった頃よく通った信州の思い出が蘇ってくる。
楽しい、嬉しさいっぱいの明るい、はしゃいだ声、
大きな笑い声、はちきれそうな笑顔等々。
当時の声までも聞こえてくるようだ。




トラックバックURL : http://lmhar.exblog.jp/tb/26994196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hanamomo08 at 2017-07-17 21:06
こんばんは。
野ばらモーツアルテム見事でしたね。
道行く人たちもきっと楽しみにしていらっしゃることでしょう。
花が取り持つ縁、花の好きな人に悪い人はいない!と言いますね。
もし私がPochiPochiさんのお宅の近所だったらきっと花友になっていると思います。

カレンダーそれぞれにいいですね。
ときそう、きれいな花ですね。
ずっと前ピンクのだいりんときそうを育てていました。
きれいで大好きな花でした。
Commented by linden at 2017-07-18 01:45 x
お花のおわったあとの野ばらのはっぱも瑞々しいですね。野ばらをめぐっていろんな方とのふれあいいいですね。
私もpochipochiさんのお宅の前を通ったら、きっといただいていたかもしれません。
Commented by Deko at 2017-07-18 14:19 x
それぞれに素敵な爽やかな7月のカレンダーですね。Pochipochiさんも色々な方々に声かけられるのですね。花が紡ぐ人の輪ですね。私も同じように門の外で水やりをしていると話しかけられますよ。ワンチャン16歳度と高齢ですね。
きっと一生懸命歩いているのでしょうね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-07-18 22:27
☆ hanamomoさん

やっと使えるようになりました。
お返事が遅くなり、ごめんなさい。

〉もし私がPochiPochiさんのお宅の近所だったらきっと花友になっていると
思います。
うれしいお言葉をありがとう。
きっと私もmomoさんと花友になっているだろうなあと思っています。

まあトキソウを育ててられたのですか?
育てるのが難しい花だと思っているのですが。
どうでしたか?
サギソウを持っていたのですが、いつの間にか消えてしまいました。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-07-18 22:36
☆ Dekoさん

やっと使えるようになりました。
お返事が遅れ、ごめんなさい。
Dekoさんもきっと同じだろうなあと思っていました。
花友が多いことと思います。

そうなんですよ。
このラブラドール、もう歩くのがやっとという感じです。
体が大きいだけに世話をするのも大変だろうなあと。
頑張って歩いていると思います。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-07-18 22:38
☆ lindenさん

やっと使えるようになりました。
お返事が遅れ、ごめんなさいね。

この野ばらを好きな人が多いようですね。
毎日誰かが声をかけてくれます。
みんな花が好きなんだなぁと思います。

そうlindennさんにもきっと差し上げたことでしょうね。
こうやって花が増えていくのは嬉しいことですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2017-07-17 20:00 | 日記 | Trackback | Comments(6)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s