初めて描いたクサイチゴ

b0344816_21153525.jpg
クサイチゴ



この時期 花が次から次へ咲き、画材としてはよりどりみどり、溢れんばかりにある。
先日の絵の教室も春の草花でいっぱいだった。
エドヒガン、桜、一重の桃、ミツバツツジ、タムシバ、キケマン、クサイチゴ、
モミジイチゴ、キブシ、私が持って行ったラショウモンカズラ、トキワイカリソウ。

さて何を描こうか。
迷いに迷ったが、まずはエドヒガン、次にクサイチゴを選んだ。
教室ではあまり集中できず、エドヒガンのスケッチは完成しなかった。

今リビングの壁にはナガバモミジイチゴの絵がかかっている。
何年か前に描いた絵である。
「最近では桜ばかり描き、この野イチゴを描いていなかったなぁ」
そう思い、家に帰ってからクサイチゴを描き始めた。
何故か予定が詰まってしまい、落ち着いて描ける時間があまりなかったが、
今日なんとか完成させることができた。
ほっとした。


※ 【名前の由来】
キイチゴの仲間であるが、草のように見えるところから「草苺」と名付けられた。

※ クサイチゴとよく似たイチゴの種類は → ここ




トラックバックURL : http://lmhar.exblog.jp/tb/26805662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hanamomo08 at 2017-04-21 23:59
こんばんは。
くさいちごの絵 白とみどりの色合いがすがすがしいです。
木苺の仲間なのですね。
近くに公園がありますから今度しっかり見てこようと思いました。
身近な草花を描くことは季節のことを知ることになりますね。
昔の図鑑には「以知古」と記されているのですね。
白い花と真っ赤な実に出会いたいです。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-04-23 07:08
☆ hanamomoさん

クサイチゴやナワシロイチゴなどみんなキイチゴの仲間なんです。
先生はよく山や河原で採ってこられます。
多分どこでも見つけることができるのではと思います。
長谷川哲雄『木の図鑑』の中に「きいちごの花をしってるか」というページに
何種類かの花の絵が載ってます。
いつもこんな絵が描けたらなぁと思っているのですが…
なかなかね。難しいです。
まぁ、「以知古」と記されているのですか?
知らなかったです。
何故?と調べるのは面白いですね。
今何種類かのベリー類の木に花が咲き始めています。
もちろんブルーベリーもあります。
楽しみです。
Commented by asitano_kaze at 2017-04-23 18:30
クサイチゴ、今咲いていますね。
子どもの頃はよく摘んで食べました。
この白花、描くのに難しいでしょうに、どの子も優しげに笑っていますね。
葉の重なりもすてきです。
Commented by Deko at 2017-04-23 19:08 x
クサイチゴ新宿御苑でも沢山群生していましたよ白い花も赤い実も可愛いですね。ナガバモミジイチゴもキイチゴ属で黄色い実を付け野山でよく見かけますね。先生は画材を色々おもちになられるのですね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-04-24 19:47
☆ asitano_kazeさん

ありがとうございます。
これから木苺のシーズンですね。
この絵を描いていた時に、ふと長谷川哲雄さんの『木の図鑑』を
思い出しました。その中に"木苺の花を知ってるか"というページがあります。

〉この白花、描くのに難しいでしょうに、どの子も優しげに笑っていますね。
そう見えますか?
それなら嬉しいです。
いつも楽しく描きたいと思っています。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-04-24 19:50
☆ Dekoさん

あら〜、新宿御苑でも咲いていましたか。
毎年幾つかのキイチゴを描いているのですが
すぐにしおれてしまうので時間との競争です。
花が可愛いですね。
そうですね。
ありがたいことにめっちゃたくさん持ってきてくれます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2017-04-21 23:49 | 習いごと | Trackback | Comments(6)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s