ああ 春だ! そう思う瞬間(とき)

b0344816_20372335.jpg
サクランボの花



「あらッ、いつの間にかサクランボの花が咲いている!」

久しぶりにのんびりした朝だった。
暖かく、陽射しがいっぱい。
朝食後、カラッカラになっていた庭に水遣りをしていた時に気がついた。
ここ暫く何だか気忙しい日が続いていたので あまり庭には注意を払っていなかった。

"Winter is over. Spring has come ! "

相変わらず 中2で習ったこの言葉が口をついて出た。
その時のS先生の顔、口調も思い出し、ひとり、くすッと笑った。

毎朝起きるとウグイスが鳴いている。
今日は久しぶりにジョウビタキも飛んで来ていた。
裏山は心なしか薄いピンク色がかってきたように思われる。
山桜が咲き始めるのももうすぐだろう。

夕方、外に出るとあの春先特有の山の匂いが漂い始めた。
心地よいとは言い難い、
何とも鼻をつまみたくなるような、枯れ草、枯葉が朽ち始める匂い。
ああ春だ!
そう思う瞬間である。

久しぶりに、ロバート・ブラウニンングの詩を思い出した。

「春の朝(あした)」

時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡(かたおか)に露満ちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛(かたつむり)枝に這(は)い、
神、そろに知ろしめす、
すべて世は事も無し。
(上田 敏・訳)


また、ヘルマン・ヘッセの詩から (『庭仕事の 愉しみ』より)

「花の香り」(いくつかを抜粋)

ヒヤシンスの香りは

風に乗ってゆくには重すぎて
蜜蜂のように甘い雲となり
まるでおだやかな夢のように
甘美に眠気を誘うように
香りに酔った者の頭にしみとおる


スミレの香りは

かすかに緑が萌えた生垣を超え
喜びに胸を詰まらせて空に立ちのぼり
きみを誘い きみを引き寄せ
いたずらっぽくかくれんぼをし
そっと君の心の中に
とうに忘れてしまった
甘美な しかしかぎりなく深遠な
故郷の愛の調べを思い出させる。


スイセンの香りは

ほろ苦いけれど 優しい
それが土の匂いとまじりあい
なま暖かい真昼の風に乗って
もの静かな客人のように窓から入ってくるときは。

私はよく考えてみた ー
この香りがこんなに貴重に思われるのは
毎年私の母の庭で
最初に咲く花だったからだと。


バラの香りは

その甘い魅力できみをとらえ
あふれるばかりの美を
予感させるうたのメロディーのように
そっと愛撫しながらきみを感動させ
比類なく清らかで繊細だ
きみはそれを判断することはできず
感じるのはただ
甘い忘却と甘い現存のみだ


                                      
《庭に見つけた春》
b0344816_20035991.jpg
啓翁桜
もうすぐ!


b0344816_20014950.jpg
ヒマラヤユキノシタ




b0344816_20032286.jpg
キクザキイチゲ



b0344816_20021543.jpg
バイモユリ
蕾がいっぱい。
今年はたくさん咲きそう。



b0344816_20030789.jpg
ジュウニヒトエ



b0344816_20024090.jpg
スズランの芽も出始めた




b0344816_20034353.jpg
芍薬の芽




b0344816_20041020.jpg
ヤマブキソウの芽



b0344816_20011792.jpg
黄色ホトトギスの芽





b0344816_20003717.jpg
ヤマシャクヤクの芽



b0344816_19595444.jpg
イワシャジンの芽






トラックバックURL : http://lmhar.exblog.jp/tb/26727730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2017-03-20 10:46
タイトル : カトリック教会のチロル地方の総本山、中央祭壇にクラナッハ..
インスブルック大聖堂Innsbruck Cathedral   インスブルック大聖堂は、聖ヤコブ大聖堂としても知られ、市の塔や黄金の小屋根のあるあたりから少し歩いた王宮の裏側にあります。インスブルックのローマ・カトリック教区のバロック様式の大聖堂で、使徒セント・ジェームスに捧げられています、ゼベダイの子。大聖堂は12世紀のロマネスク様式の教会の場所に建築家ヨハン・ゲオルク・フィッシャーと、ヤコブ・ヘルコマーのデザインに基づいて改築されバロック様式の大聖堂になりました。... more
Commented by weloveai at 2017-03-19 07:01
お庭に色々な草花がありますが、冬場に植えてあるところを耕してしまう事ありませんか?
私などすっかり忘れて掘り起こしてしまう事があります。
可愛がってる方はそんな失敗はしませんね。
Commented by o-hikidashi at 2017-03-19 10:22
春が来てる、をじっくり見ることができました。
写真にも文にも。
「花の香」それぞれの詩を読みながら香りを想い出し…いくつかを抜粋には驚きました。
PochiPochiさんは小説も詩もよくご存じでいつも感心しております。
このブログとの出会いは「マリアン・ノース」、ワクワクとキュー王立植物園を検索しているときに。
あとになりましたがリョウくんのご卒業「おめでとうございます」
あっという間におばあちゃんの背丈も抜かれることでしょうね~☆
Commented by Deko at 2017-03-19 16:44 x
春いっぱいのお庭ですね。植物が好きな人にとってはこれからが一番の季節ですね。我が家もキクザキイチゲ満開です。パソコン不通で使用できませんでした。
お店方では修理代がかさむとの事一旦家で考えて健闘しますと帰宅しました。結局次男坊が来てくれて直してくれました。
やはり必要な器機になりつつありますね。
Commented by sidediscussion at 2017-03-19 17:13
お庭に春が訪れていますね。楽しみがいっぱい。お花っていろんな顔して、慰めをくれますね。よそ様のお花たちを見せていただけるだけでも和みます。ご自分の植えた植物たち、これから芽が出て、成長して、花を咲かせるまで日々お楽しみでしょう。話しかけられますか?
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-03-21 00:48
☆ weloveaiさん

昔はそうでした。
忘れて土をひっくり返すことが多くて…
でもいつの頃からか、
大事にしたい草花は大きな底の深い植木鉢に植えるようにしています。
名札をつけて。
ユスラウメさんのような広い庭が欲しいです…



Commented by PochiPochi-2-s at 2017-03-21 00:54
☆ o-hikidashiさん

ヘルマン・ヘッセの「花の香り」は、たまたま彼の本「庭仕事の愉しみ」の中に
載っていました。彼は晩年スイスの小さな村で生活しました。その時書いた詩や
エッセイがこの本の中に収められています。読んでいると楽しいですよ。
この村の近くを何度か通ったことがあり、もっと早くにこのことを知っていれば
立ち寄ったのになぁと少々残念です。
ありがとうございます。
ハルにはもうすでに背丈で抜かされました。
160cmちかくあります。
見下ろされています…
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-03-21 07:29
☆ Dekoさん

おはようございます。
遅くなりました。ごめんなさい。

最近パソコンの調子の悪い人が多いですね。
私の家も調子悪いです。
CDからPCに音楽やその他のものを取り入れることができるののですが、
PCからiPodに移すことができなくなってしまい、不便です。
写真もいつの間にかSDカードで取り込めなくなってしまいました。
こっちの方はデジカメが新しくなったので、撮影した写真のデータを
PCに飛ばすことができ、便利になりました。
デジカメの設定は長男に頼みました。
これらの機器は必要なのですけど、一旦不都合になった時自分で処理できない
のはb不便ですね。
お互い相談でき、なおしてもらえる子供がいていいですね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-03-21 07:34
☆ sidediscussionさん

そうですね。
植物が心をなぐさめてくれたり、和ませてくれたりしますね。
見ているとほっとします。

ええ、話しかけますとも!
不思議なもので、話しかけていると植物たちも元気になるようですよ。
生き生きしているように思えます。
犬や猫、動物と同じですね。
楽しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2017-03-18 22:20 | 日記 | Trackback(1) | Comments(8)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s