立春 - 今年も、お雛様を飾る -

今日は立春。
旧暦の七十二候では、この季節から新年がはじまるとされており、
初めて春の兆しが現れてくると言われている。

その"春の兆し"なのか、今日は朝からぽかぽかと暖かい。
朝 9時過ぎで、外の気温はすでに10℃だった。
昨日までのあの寒さはいったい何だったのだろうかと思うくらいの暖かさである。
" Winter is over. Spring has come! "
今年もやっぱりこの句が口をついて出た。
早く本当の春になって欲しいなぁ。
♪ 春よこい 早くこい 歩きはじめた みいちゃんが 〜 ♪
この歌も思わず歌ってしまった。


b0344816_12360854.jpg


この暖かさにつられて、朝からお雛様を飾った。
毎年春一番に飾ることを決め、もう39回目の春である。
このお雛様の思い出は, 去年も 一昨年も書いているので今年は書かないでおこうとは
思うが、私の娘のためにこの段飾りのお雛様をどうしても買いたかった母の思いだけ
は、私が生きている限り決して忘れることはないだろう。
母が私のお雛様を飾り続けたように私もまた、
マンションが狭いからと娘がおいていったこのお雛様を飾り続けることだろう。
そしてまた、このお雛様を買うために、二人で 難波(心斎橋大丸・そごう) ⇄ 梅田
(阪急)を何度行き来したことか、そのことも決して忘れられない。
いろんなことを思い出しながら、母が歌いながら私のお雛様を飾っていたように、
私も一人で、いや、心の中の母といっしょに歌いながら今年もお雛様を飾った。
♪ あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 ♪


* * *


立春の頃を歌った短歌を一首。

春きぬと 人は言へども うぐいすの 鳴かぬかぎりは あらじとぞ思ふ
(古今集・壬生忠岑)

※ (訳)
「もう春が来た(立春だ)」と人が言ったとしても、鶯が鳴かない限りはまだだと思う

そう言えば、庭の梅の花は5輪ほど咲いているが、鶯はまだ飛んでこない。
この歌に歌われているように春はまだまだなのかもしれない。
来週はまた寒さがぶり返すとの天気予報。
「当たらずと雖も遠からず」かもしれない。


* * *


もうひとつのお雛様
神戸の画材屋さんで買った絵はがき
b0344816_16044612.jpg


* * *



夕方4時の月
b0344816_19244952.jpg




《立春の、もうひとつの思い》

昨夜のニュースが思わず耳を疑うようなことを伝えていた。

「10日にワシントンで開かれる日米首脳会談で提案する経済協力として、
年金積立金s管理運用独立法人(GPIF)が米国のインフラ事業に投資すると。
このことを通じてアメリカでの数十万人の雇用創出につなげると」

ええっ、どういうことなのか?
私たちの積み立てた年金を、何故アメリカのインフラ事業に投資し、
アメリカの雇用創出に協力しなければならないのか?
何故? 福島や東北の人たちのために使われるのなら話はわかるが。
何故 日本の雇用創出のために使わないのか?

疑問だらけである。
「国破れて山河あり」とは言わるけれど、
「国破れて山河もなし」になりはしないかと、
春の始まりのこの良き日も、昨夜に続き朝から腹立たしくてしようがなかった。

『団塊の世代』とある意味揶揄されながらも営々と働き貯めてきた私たちの大切な
汗の結晶(お金)を、思慮のかけらもない首相を代表とする二世三世ばかりの議員たち
に使い果たされようとしているのに腹が立ってしようがない立春の日でもある。

※ 後にこのニュースは誤報であったと伝えられたが、「火のないところに煙は立た
ぬ」の諺もあるように、まんざら誤報ではないかもしれないと思った。



トラックバックURL : http://lmhar.exblog.jp/tb/26608041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nick-3 at 2017-02-04 21:20
全くですね、年金の運用損が発生しても誰も責任を取らないし、ただでさえ、年金は減らされる一方、わが町の国民保険(市・町・村の運用)も今年は上げられるしいいことないですね。

今のアメリカの大統領も、先が長くないかも。
任期まで命があるかが危ういですよね、こんなことやってると。
独裁者です全く、これが民主主義なんでしょうか??
Commented by nagotu3819 at 2017-02-05 00:03
なんと目まぐるしい気温の変化かしら。
雪景色が見事で、本当にどこかしらと思いました。

立春ですものね。
三寒四温というのはもう少し先かと思われるほどですよね。
それでも自然は嘘をつかないでしょうから、信じて行きましょうかしら。
Commented by Deko at 2017-02-05 12:06 x
本当に煙のない所に火はたたぬの言葉通り裏で色々な画策をしているのでしょうか。年金資金は国民一人一人から預かっている大切なお金そんな事に運用する事が許されるのでしょうか。
国民は声を大にしてもっと異を唱えていかないと大変になりますね。お母様との色々な想い出のお雛様ですね。お雛様しまったばかりの記憶です。本当に駆け足で季節が廻り廻ってきてしまいます。
Commented by sidediscussion at 2017-02-05 15:33
様々な思いを重ねてお雛様を飾る、、、いいですね。
お雛様はご家族の歴史をずっと見て記憶していることでしょう。
心温まるお話です。
それにひきかえ、私のお雛様は、持ち主に忌み嫌われて、押し付けられた人が、またまた縁起が悪いと、私のところに持ち込んだと云う経緯があります。みなしごお雛様です。大切に飾ってあげましょうと、、、、まだ出していませんが。
私自身は次女で、昭和14年お雛様どころじゃなかったので、私は雛なしです。
Commented by sternenlied2 at 2017-02-05 15:37
もうこんなに早くお雛様を飾られるのですね。
お母さんとの思い出が一杯詰まったお雛様ですものね。
できるだけ長く眺めていたいものです。
買った時の経緯を読みました。
人形の顔や着物にこだわるお母さんの気持ちよく分かります。
お孫さんを眺めてるだけで幸せにしてくれるような
そんな面差しの人形を探していたのでしょうね。
これだ!と思えた雛人形を見つけた時のお母さんの笑顔が眼に浮かぶようです。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-02-05 22:01
☆ nickさん

政治家になるためには何か資格試験を課さなければ、と思います。
「云々」を「デンデン」とよむ首相を筆頭に2世3世ばかり。
呆れて物が言えません。
過半数割れをさせなければ
一般庶民は何も言えませんしできませんね。
ヒトラーが出てきた時も、同じような感じだったんじゃないですか?
入国拒否に賛成するアメリカ人がが49%もいるというこちに驚いています。
急速におかしな世の中になってきている感じです。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-02-05 22:05
☆ そよぎさん

あしたからはまた寒さが戻るということです。
なんかおかしな天気ですね。
やはり温暖化ですかね。

体調はもう十分回復されたのですか?
話変わりますが、水泳で休まずに50mを5回というのはしんどいですね。
そよぎさんはへっちゃらなのでしょう?
すごいことです!
私はこれだけでもうフラフラです。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-02-05 22:14
☆ Dekoさん

三権分立がきちんと確立しているアメリカが羨ましいです。
大統領令だって間違っているとなれば、司法で拒否権を発動できるのですから。
日本はダメですね。
最高裁まで行くと全て負けてしまいます。
政府の意向が反映されるのでしょうね。
情けないです。

お雛様、母との思い出があまりにもありすぎて…
多分ずーっと飾るでしょうね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-02-05 22:24
☆ sidediscussionさん

まあ昭和14年生まれですか。
戦争直前ですね。
私の雛人形は、戦争後でモノのない時、
毎年少しづつ見つけては買っていったと母が言っていました。
全部揃うのに何年かかかっているはずです。
母は亡くなる年まで飾っていました。今も実家にあります。

みなしごお雛様、いいじゃないですか。
飾ってあげてください。
お雛様も喜ぶと思います。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-02-05 23:03
☆ sternenliedさん

そうなんですよ。
立春に出し、4月の3日か4日にかたづける。
二ヶ月ぐらい飾っていますね。
初めての女の子の孫だったので嬉しかったのでしょう。
よほど自分の気に入ったお雛様を買いたかったんでしょう。
生まれる前から父に宣言していたそうです。
「女の子だったらお道具の付いている段飾りのお雛様を買いたい」と。
もっちゃん、もっちゃんとよく可愛がってくれました。
これにしようと決めたときにはさすがに嬉しそうでしたね。
きっと、私も、いつまでも飾り続けることだろうと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2017-02-04 17:58 | 日記 | Trackback | Comments(10)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s