こんな刺繍ができたらなぁ

疲れると何か雑誌を見たくなる。
それも綺麗な写真がたくさん載っているものがいい。
なんな雑誌の一つにBISESがある。
いつの頃から好きになったのかは はっきりと覚えていないが、
20年以上も前、以前の家があった大阪市に住んでいたときからだと思う。


b0344816_21592150.jpeg

「まぁ!野の花の刺繍がいっぱい! なんときれいな。楽しいなぁ〜」

最近、ふっとこの雑誌を手に取ったときだった。
この刺繍のページを見つけた。

BISES 2001. 2月号 早春No.10
[ガーデン特集]花の奇跡を信じた人々の物語

随分古い雑誌だが、その中にこの素晴らしい刺繍パターンを生み出したゲルダ・ベン
グドソンの記事が写真とともに載っていた。
彼女は野の花の繊細な色彩や表情を、またはデンマークの生活の中の風景を、クロス
ステッチで見事なまでに表現した。彼女が生涯をかけて生み出した刺繍パターンは
1000種に及び、今でも世界の人々の手によって、愛され受け継がれているという。

ゲルダ・ベングドソン。
あれ?
聞き覚えがあった。
よく訪れるechaloterreさんのブログで、時々登場する“ゲルダさんの刺繍”のゲルダ
さんだった。


b0344816_21593248.jpeg

「ああ そうだったのか。彼女の名前は覚えてなかったけれど、この刺繍はよく覚え
ているわ。こんな刺繍でクッションを作りたいなぁと思っていたのだった」

このクッションの写真に目が釘付けになり、じっといつまでも眺めていたことを思い
だした。

彼女は、絵画を学ぶためにコペンハーゲンの美術学校に入学、その後、織物に興味を
持ちパリに留学。1929年、入選した水彩画に描かれた花の中の小さなウサギが、刺繍パターンに適していることにギルドが注目し、ギルドの刺繍の専属デザイナーとして歩み始めた。彼女のデザインに用いられた植物の多くは、妹の庭から集められたも
のであったという。

彼女の刺繍について、記事には次のように書かれていた。
キャンバスと麻布の刺繍用にデザインされた草木のモチーフは、植物学的に正しいものですが、構成、輪郭、色彩のバランスに、彼女の創造性が存分に表れています。そ
の静謐な美しさ、繊細な透明感とハーモニーは、正に優れた芸術と言えるでしょう。
何の変哲も無いありふれた植物が、かくも美しくあり得るのだと気づかせてくれる。

しばらくこの雑誌の記事と写真を十分楽しんだのち、
「時間ができればこの刺繍に挑戦してみたいなぁ」とあらためて思ったのだった。


b0344816_09224870.jpeg
ゲルダ・ベングドソンさん


b0344816_21590857.jpeg
デザイナーとして雇用されるきっかけとなったウサギの水彩画



b0344816_21595651.jpeg



b0344816_21594444.jpeg



b0344816_22165880.jpeg



トラックバックURL : http://lmhar.exblog.jp/tb/25427403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by linden2151026 at 2016-03-01 06:40
野の花の刺繍すてきですね♡私クッションが好きなのでさしてみたい。
Commented by pallet-sorairo at 2016-03-01 10:18
最初、クロスステッチとは思いませんでした。
美しい彩りの図案も単色の図案も、それぞれなんて素敵なんでしょう。
私もこんな風に刺してみたいです。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-03-01 13:28
lindenさん

すてきでしょう?
ぜひクッションを作ってください。
今日図案の本をアマゾンに注文しました。
明日届くそうです。楽しみです。
Commented by echaloterre at 2016-03-01 17:53
ぜひ、Pochipochiさんもゲルダさんの植物たち、刺繍してみてください♪
いいでしょ~!!(*‘∀‘)
私もいくつか果樹などを刺しましたが、まだまだ刺繍したいものがたくさんあります。
フサスグリやカシスなどのシリーズもいいですよ。

http://cachouchou.exblog.jp/18247561/

ゲルダさんは、若い頃パリにいたこともあって、パリの中世美術館の"貴婦人と一角獣の"タピスリーの模写の仕事をしたこともあったそうです。Pochipochiもこのタピスリーをご覧になったことがあるかもしれませんが、ゲルダさんとの関わりを知ってから、パリに行くとこの美術館に寄るようになりました。

http://cachouchou.exblog.jp/19455130/
http://cccahou.exblog.jp/23489052/

小さいキットからでもぜひ始めて見てくださいね。
目が少し大きい10目くらいのリネンが最初はいいかもしれませんね。
ゲルダさんのキットがたくさん揃ってるこのお店で、きっとPochipochiさんが刺繍したいと思うものも見つかると思います。

http://www.stitchhouse.jp/
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-03-01 18:48
pallet-sorairoさま

ほんとうにすてきでしょう?
私もこのように刺繍をしてみたいと思っています。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-03-02 11:39
echaloterreさん

いろいろとアドヴァイスをありがとうございました。
フサスグリの刺繍、やってみたいです。
パリはもう一度行ってみたいなぁと思う町です。
ふらっと、何日か滞在して好きな美術館巡りをしてみたいです。
その時は、紹介していただいたこの中世美術館を真っ先に訪れ
たいなぁと思いました。
その機会がぜひともやってくるように心の中で願うことにしま
しょう(笑)
“念ずれば花開く”(だったかしら?)ですものね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2016-02-29 22:23 | Trackback | Comments(6)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s