『古楽の愉しみ 』- ヴァレンタインデー・久しぶりのコンサート -

b0344816_23314006.jpeg



ポジティブ・オルガンって?
バロック・ヴァイオリンって?
チェンバロも加えて演奏されるのがバロック音楽。
おもしろそうだからチケットを申し込む?」

バロック音楽は主人が好きで、朝食の時 CDが よくかかっている。

今日はその楽しみにしていたコンサートの日だった。
申し込んだ時には全く気づいていなかったのだが、
嬉しいことに、偶然、ヴァレンタインデーと重なった。
夜中じゅう降った雨も朝には止み、
出かけるときにはまるで初夏のように感じるほど温かかった。

コンサートのテーマは『イタリアン・バロックからバッハへの旅』
古楽の鍵盤楽器であポジティブ・オルガンとチェンバロ (ロレンツォ・ギエルミ)
そして バロック・ヴァイオリン(平崎 真弓)の演奏。
ヴィヴァルディ、J.S.バッハ、パスクィーニ、コレッリの曲から7曲と
アンコール曲2曲。

会場は430席余の神戸女学院小ホール。
会場の真ん中にチェンバロとポジティブ・オルガンがおかれ、客席はその舞台を取り
囲むように階段状に設置されている。ほぼ満席だった。

聞き慣れたヴィヴァルディから演奏会は始まった。
バロック・ヴァイオリンとポジティブ・オルガンの奏でるやわらかい、素朴な音色
がなんとも言えず心地よく、いつの間にか二人の演奏に引き込まれていった。

アンコール曲2曲の2曲目は、G線上のアリア。
ヴァイオリンで弾くこの曲はよく知っているが、
バロック・ヴァイオリンとチェンバロの演奏もまた心に響くものだった。

終わってみれば、あっという間の2時間だったが、なんとも気持ちのいい至福の時間
を過ごせたのだった。




ロレンツォ・ギエルミ氏の演奏








平崎真弓さんの演奏





トラックバックURL : http://lmhar.exblog.jp/tb/25360848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by linden2151026 at 2016-02-15 04:52
pochipochiさん.すてきな1日を過ごされましたね。
今日も聞かせていただきありがとうございました。
コメント欄がなかなか開かなくて。
すぐにコメントできません。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-02-16 10:03
lindenさん

ありがとうございます。
いいコンサートでした。

バロック・ヴァイオリンって、音色がやわらかいですね。
穏やかな気持ちになりました。

いよいよ明日からです。
これから作品展示に行きます。
Commented by linden2151026 at 2016-02-18 07:45
今日17日からでしたね。
お忙しいと思いますが、みなさま見に行かれた方はとてもいいひと時を過ごされるでしょうね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-02-18 23:20
lindenさん

ありがとうございます。
昨日から始まりました。
ちょっと一息。ほっとしました。
たくさんの人が初日から来てくださって嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2016-02-14 22:50 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s