『花を求めて大航海』- マリアン・ノース

朝から 先週末 植え込んだヴィオラの世話をしていた。

「りょうちゃんのお昼寝の後、千里中央公園に行こうと思ってる。
公園の駐車場で待ち合わせする?」
娘からのメール。

この公園は 木や芝生がたくさんあって本当に美しい。
桜やナンキンハゼの赤、セコイアの黄色など、紅葉の彩りが素晴らしい。
散歩する人、ランニングする人、犬の散歩の人等多くの人が行き交う。
まるで外国の公園を思い出させるような雰囲気だ。

突然、イギリスのキューガーデンを思い出した。
b0344816_21274366.jpg
《キューガーデン》


今から5〜6年前、友人のラヴィニアを訪ねて、ロンドンに10日余滞在した。
ぜひ訪れたかったキューガーデン、
なかでも、その一角にあるギリシャ風建築のマリアン・ノースギャラリー。
絵画832点が展示されている。


b0344816_21280922.jpg
《マリアン・ノースギャラリー》


ずいぶん昔、雑誌「私の部屋ビズ」に、次のような記事が載った。
『花を求めて大航海』・女性画家の優雅な冒険

【雑誌ビズの記事から】
英国が最も優雅で、ダイナミズムにあふれ、世界に君臨していた19世紀。
ヴィクトリア時代のその華麗さとスケール感を正に具現したような女性がいました。
1人で世界の海を渡り、旅先で花々を描き続けた画家、マリアン・ノース。
彼女を冒険へと駆り立て続けた情熱は、まだ見ぬ花へのあくなき好奇心でした。


偶然 この記事を見つけたのは、「野の花の絵」を習い始めて間もなくだった。
12〜3点の絵とギャラリーの写真が載っていた。
色鮮やかな花や木、風景。
一種独特な構図、筆使い、繊細でありながら、大胆。
すぐに魅了されてしまった。

「いつかイギリスに行くことがあったら、まず最初に、このギャラリーを訪れたい」
心の中でいつもそう思っていた。

【記事より】
ギャラリーの内部。マリアン自身がアレンジした展示室には、
はっきりとした色と大胆な構図の絵がびっしりと並んでいて、まるで大きな切手帳。
周囲の木部には彼女が外国から持ち帰ってきた木が使われている。

《ギャラリーの内部》
b0344816_00130112.jpg

ギャラリーの中に入った瞬間、言葉を失った。
息ができないくらいだった。
魅入ってしまった。

「何という…」
後が続かなかった。

どれくらいの時間、その部屋にいただろうか?
なかなか、立ち去ることはできなかった…

b0344816_21283103.jpg
b0344816_21282288.jpg

私もいつかこのような絵が描けたらなあ!

10月半ば、キューガーデンの木々は、美しく紅葉していた。

もう一度ぜひここを訪れたい。
花が溢れるように咲いている時がいい。
春かな。

思い出深いロンドンの10日余だった。

「おばあちゃんムニャニャムニャニャ…」
「だっこ?」
二タッ!
両手を伸ばしてきたりょうちゃん。
はっと、現実に戻った。

トラックバックURL : http://lmhar.exblog.jp/tb/23756818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PochiPochi-2-s | 2014-11-18 23:30 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s