b0344816_23390023.jpg
朝採りの筍


「あのゥ〜、明日 日曜日家におるかなぁ。今年も筍を持っていこうと思うんやけどなぁ。
昼頃にそっちにつく予定にしてるんやけど」

一昨日の夜、主人の岡山に住む友達 Nさんから電話があった。
学生時代からの仲のよい友人で、筍ができる竹藪を持っている。
毎年春のこの時期、自分の家の竹藪で採れる新鮮な筍を持って我が家に訪ねてきてくれる。
岡山から山陽道を走って私の家まで約2〜3時間。
「朝採りの新鮮な筍をできるだけ早く届けてあげよう」
いつも突然の電話で驚くが、彼の優しい心遣いを毎年嬉しく思う。
郵パックで送れば簡単な事だが、久しぶりに会って、顔を見ながらゆっくりと話をしたいというNさんの気持ちがよくわかるだけに、主人もまた、彼と会ってゆっくりと話をしたいという。
おっとりとした、口数の多くない、彼の優しい話し方は、私たちの気持ちを和ませ、始終穏やかな、しかし笑いの絶えない時間を何時も私たちにもたらしてくれる。話題の多さも私には嬉しいことである。
あいにくその日の午後は変更不可の予定があり1時半過ぎには出かけなければならなかったが、 前もっての了承済みで、彼は気を利かせてくれて正午に着く予定を11時前にはもうすでに私の家に到着していた。以心伝心?私たちも何となくそんな気がしていたのでちょうどよかったのだが。2時間余りの会話は短かったが、今度は私たちがNさんを訪ねると言う約束で彼は遠い道を再び岡山へ帰っていった。去年と同じく、帰りは国道を通って1000円で帰ったという。車が好きでドライブの好きな彼らしい帰り方だと思った。大阪や途中の神戸には学生時代からの思い出多い風景が点在するという。そういった風景を懐かしみながら、また奥さんとの思い出をたどりながら岡山へ帰っていったのだろう。来るときはできるだけ朝堀の筍の新鮮さを保つため高速を使い、帰りはドライブを楽しむため国道を使うという彼の考え方に頭の下がる思いだった。
学生時代の、お互い何の利害関係もなかった、学生という平等の関係で相手を信用し、腹を割って心の底から話し合える友達づきあいのすばらしさ、そして今に至るまで変わることなく付き合いができることを本当に良いことだなぁといつも思う。お互いに対する思いやりのありがたさを心から感謝する瞬間である。

天候不順で筍の生育が遅れ、まだかなと思いながら4、5日前に試しに掘り起こしてみたという。「これならば」と思い、一昨日朝掘り起こすことにし、その日のうちに親戚や友人たちに配ったという。11本の筍がとれ、そのうちの2本をわざわざ大阪まで持って来てくれた。そのNさんの温かい思いやりを考えると、どんな嬉しいことか!
感謝のひとことしか思い浮かばない。

昨日は帰宅してすぐにアク抜きし、水に漬けて冷蔵庫に保存した。
今日はまず筍ごはんをいただく予定。
明日からしばらくはこの新鮮な筍を使って筍料理が続くことだろう。
旬のものをいただける嬉しさに再び感謝。


b0344816_17574375.jpg


# by PochiPochi-2-s | 2017-04-24 18:13 | 日記 | Trackback | Comments(4)
b0344816_20274465.jpg
ポートタワー、海洋博物館、ホテルオークラ神戸



「神戸のメリケンパークが新しく整備されたらしいから行ってみようか。
スターバックスも新しくできたらしいし、久しぶりに海も見れるやろうし…」

久しぶりの神戸だった。
電車が西宮を過ぎ、夙川、岡本と進み神戸三ノ宮に近づくにつれ、
車窓外の景色も電車のなかの雰囲気もなんとなく"神戸カラー"になっていく。
神戸は学生時代からよく遊んだ馴染みの街でもあり、
卒業後勤めた職場があった街でもあった。
その頃の神戸の街での思い出は限りなくある。
初めてアルバイトをした街。
元町近くの小さな通りに小さなスポーツ用品店があり、スキー用トレンカが6,800円、紺色とえんじ色のリバーシブルのスキーセーターが8,000円だった。1日働いて900円のアルバイト料ではとても買える品物ではなかったが、「いつか買いたいなぁ」と思いながら働いていた。
初めてフランス料理(らしきもの)の基礎を習ったのもこの街であり、
ベシャメルソースというものを習い、ラングドシャ、シュークリームというお菓子の
作り方を教えてもらい、オーブンという調理器具を初めて知ったのだった。
初月給で、主人と二人で神戸商工貿易センタービルの最上階で神戸港を眺めながら
豪華な食事をしたのもこの街である。
すべて50年近くも前の話である。

ランチの後、三ノ宮センター街から元町商店街へ、そして商店街の途中から港の方へ
歩く。ポートタワーと海洋博物館が見え始めると途端に感じる浜風と海のにおい。
この潮風がなんとも心地がいい。心が解き放されるように感じる。
久しぶりに見る海もキラキラと光を反射し、遠くには物を運ぶ運搬船が行き交う。

来年は1868年に神戸港が開港してから150年だという。
ニュースで報道されていたように、なるほどきれいになっていた。
芝生がはられ、遊歩道ができ、スターバックスの建物が建っていた。
海の側にはかまぼこ型のオリエンタルホテル、スターバックスを挟んで山側には
海洋博物館とホテルオークラ神戸。その後ろには六甲山が見える。

潮のにおいのする浜風を感じ、
海を眺めながらとりとめもなく話をし、のんびりと過ごす時間。
「こんな時間を大切にしたいなぁ」と思った。


b0344816_20272906.jpg

b0344816_20270916.jpg


b0344816_20294568.jpg
ハーバーランド・モザイク


b0344816_20290862.jpg

b0344816_20302111.jpg


b0344816_20295839.jpg


b0344816_20322786.jpg


More 神戸大丸画廊 : アンドリュー・プライス
# by PochiPochi-2-s | 2017-04-22 23:19 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

初めて描いたクサイチゴ

b0344816_21153525.jpg
クサイチゴ



この時期 花が次から次へ咲き、画材としてはよりどりみどり、溢れんばかりにある。
先日の絵の教室も春の草花でいっぱいだった。
エドヒガン、桜、一重の桃、ミツバツツジ、タムシバ、キケマン、クサイチゴ、
モミジイチゴ、キブシ、私が持って行ったラショウモンカズラ、トキワイカリソウ。

さて何を描こうか。
迷いに迷ったが、まずはエドヒガン、次にクサイチゴを選んだ。
教室ではあまり集中できず、エドヒガンのスケッチは完成しなかった。

今リビングの壁にはナガバモミジイチゴの絵がかかっている。
何年か前に描いた絵である。
「最近では桜ばかり描き、この野イチゴを描いていなかったなぁ」
そう思い、家に帰ってからクサイチゴを描き始めた。
何故か予定が詰まってしまい、落ち着いて描ける時間があまりなかったが、
今日なんとか完成させることができた。
ほっとした。


※ 【名前の由来】
キイチゴの仲間であるが、草のように見えるところから「草苺」と名付けられた。

※ クサイチゴとよく似たイチゴの種類は → ここ




# by PochiPochi-2-s | 2017-04-21 23:49 | 習いごと | Trackback | Comments(6)
b0344816_21583164.jpg
春の山の色 (裏山)


春の山の色。
やわらかい、黄色がかった緑色。
私の持っている絵の具のリーフグリーンの色。
桜が終わり初夏になるまでの ほんの一瞬しか味わえない山の色。
萌黄色と呼ばれる色。
ここ何年か、私は 毎年この時期にこの山の色を見るのを心待ちにしている。
寒い冬を耐え春先に咲く春の花も好きだが 、
この淡い、やわらかい黄緑の組み合わせに心が和むのである。

ふと、モッコウバラに目をやった。
あらッ!
今年も咲き始めていた。
確か去年も一昨年もこの時期に咲いた。
この暖かさなら、一週間もすれば満開になるのではないだろうか?


b0344816_22342740.jpg


佐藤雅子「季節のうた」の五月の章の中に、『アカシアの花のおもてなし』という文章がある。

作者の家に、5月になると真っ白いフジの花に似た短い花房を枝々のさきにいっぱい
つけるアカシアの木があったが、道を通る人たちが、その甘い香りに誘われこの花を
見上げながら行くだけであった。ある時東邦大学の久内清孝先生がこの花を紅茶にうかせることを作者に教えてくださり、さっそく試してみた。金色の紅茶の中に花が白く浮かび、ジャスミンティーのようなロマンチックなにおいがなんともいえなかったという。以来、作者は「美しき五月」になると、「庭のアカシア(ニセアカシア)が花ざかりでございます。例年の花を浮かしたお紅茶を召しあがりにいらっしゃいませんか」こんな便りを、だれかれとなく差し上げたくなるという。

あと一週間もすれば庭のモッコウバラは満開になるだろう。
佐藤雅子さんの便りのように、
私もまた"モッコウバラを見ながらお茶しませんか"の便りを友人に出したくなった。
チーズケーキを焼き、紅茶かコーヒーを飲みながらの"モッコウバラのおもてなし"。
きっと楽しいだろうなぁ。
かつて ALTのネブやラビニアが度々私の家に遊びに来て、庭でケーキや紅茶を飲みながら楽しくおしゃべりをしたことを久しぶりに思い出した。それぞれ南アフリカとイギリスで元気に働いているという。いつかまた会う機会があれば、ぜひ思い出の庭でお茶をしたいものだと思った。


b0344816_21580954.jpg


今日もうひとつ花が咲いているのをみつけた。
さくらんぼの花である。
時期を違えて花をつけるさくらんぼの木が2本ある。
その遅い方の木に花が咲いていた。
今年はいくつさくらんができるだろうか?

「美しき五月」がもうすぐやってくる。




# by PochiPochi-2-s | 2017-04-20 23:33 | 思い | Trackback | Comments(8)
日中の気温が高くなるにつれ、庭は急速に春の庭になり始めた。
描きたいと思う花がたくさんあるのだが、追いつかない。
久しぶりに落ち着いて絵が描けそうだったので、
午後から描きかけの絵を取り出し、少しだけ描いてみた。
しかし、頭の中はまだまだ"イギリス"でいっぱいだった。
昨日のコンサートの影響か、イギリスへの思いがまだ続いていた。
絵を描く合間に 安野光雅の画文集『イギリスの村』のページをめくっては
絵を眺め、文を読み、思いにふけっていた。
かつて訪れたヨークシャーの村々、ハワース等思い出深い場所の絵を見ていると、
もう一度あの村々を歩いてみたいと強く思った。
ふっと気がつくと、絵筆はストップしたままだった。

庭では今年のニューフェース、スプリング・グラジオラスが初めて咲いた。
去年の春、花の終わった苗を買い、一年かけて育てた。
柔らかい薄い黄色の花びら。甘いいい香りがする。
ヤマブキソウも咲き始め、
いよいよ春の花でいっぱいになってきた。


b0344816_00330835.jpg
安野光雅の画文集『イギリスの』より
ヨークシャーの丘


b0344816_00325505.jpg
同じく
ハワースの町


b0344816_00321969.jpg
スプリング・グラジオラス

柔らかい黄色
甘い良い香りがする


b0344816_00323269.jpg
ヤマブキソウ





# by PochiPochi-2-s | 2017-04-19 23:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

生きている喜びを感じられるように生活したい


by PochiPochi-2-s